ラムザのEX武器が進化解放!【2019.8.26アプデ情報】

公開日時:2019-08-26 12:00:00

スクウェア・エニックスのスマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』に、『FFT』より参戦しているラムザのEX武器が真化解放される。本稿では、アップデート(2019年8月26日)時点での性能を解説。

なお、ここで解説する各種技の効果は、最大まで覚醒や限界突破を行い、武器のパッシブも装備した際のものとなる。

ラムザ真化武器“ルーンブレイド【T】+”データ

≪真化効果≫ トリプルブレイクBRVアップフォースアドバンススプレッドアップ+
“トリプルブレイク” “トリプルブレイク+”
“トリプルブレイク++” “トリプルブレイク+++”使用時
・攻撃前、自身に自身の攻撃力の50%分BRVを加算(自身の最大BRVの120%分まで上限を超えて加算する)
・BRV威力極大アップ
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・ターゲット以外にも50%分のHPダメージ
・弱体効果“トリプルブレイク”付与を敵全体化
・各種変化アビリティが下記のように変化

◎“BRV攻撃+”“BRV攻撃++”“BRV攻撃+++”共通
・BRV威力小アップ
・自身の攻撃力に依存したBRV加算量アップ

◎“BRV攻撃+++”のみ
・総ACTION数に加算されない(召喚中およびフレンドサポートの残りACTIONは消費される)

◎“HP攻撃+”“HP攻撃++”“HP攻撃+++”共通
・自身の攻撃力に依存したBRV加算量アップ

◎“HP攻撃+”“HP攻撃++”のみ
・近距離物理BRV攻撃+HP攻撃に変化
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)

◎“HP攻撃+++”のみ
・BRV攻撃のHIT数が2HITに変化し、合計BRV威力も小アップ
・加算したBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分。攻撃時の上限は従来通り、自身の最大BRVの150%まで)

≪限界突破効果≫
(1)トリプルブレイクバフロングチェンジ+&アタックブーストアップ
・EX+武器“ルーンブレイド【T】+”またはパッシブ“ベオルブの血エクステンド”装備時、自身の最大BRV60%アップと攻撃力40%アップ
・“トリプルブレイク” “トリプルブレイク+”“トリプルブレイク++” “トリプルブレイク+++”使用時、自身に付与されている強化効果“さけぶ”を2ACT延長
・強化効果“さけぶ”付与中、“トリプルブレイク”が“トリプルブレイク+”に変化

◎トリプルブレイク+
・自身の攻撃力に依存したBRV加算量アップ(攻撃力の50%⇒70%)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ(180%上限突破技になる)

(2)さけぶ&おうえんバフスタートトリプルブレイクチェンジ++
・クエスト開始時、味方全員に8ACT“攻撃力50%アップ”“BRVリジェネ”付与
・クエスト開始時、自身に8ACT“激励”1段階(上限3)強化効果“さけぶ”1段階付与(上限3)
・強化効果“さけぶ”2段階以上付与中、“トリプルブレイク+”が“トリプルブレイク++”に変化

◎トリプルブレイク++
・自身の攻撃力に依存したBRV加算量アップ(攻撃力の70%⇒100%)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ(190%上限突破技になる)
・ターゲット以外に与えるHPダメージ10%アップ(50%⇒60%)

(3)トリプルブレイクBRVヒットプラスフォースアドバンスチェンジ+++
・“トリプルブレイク” “トリプルブレイク+”“トリプルブレイク++” “トリプルブレイク+++”使用時、BRV攻撃のHIT数が6HITに変化し、合計BRV威力も極大アップ
・“トリプルブレイク+”“トリプルブレイク++”使用時、自身の攻撃力に依存して加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限アップ(それぞれ130%、140%上限突破技になる)
・強化効果“さけぶ”3段階付与中、“トリプルブレイク++”が“トリプルブレイク+++”に変化

◎トリプルブレイク+++
・自身の攻撃力に依存したBRV加算量アップ(攻撃力の100%⇒150%)し、最大BRVを超えて加算する上限もアップ(140%⇒150%上限突破技になる)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ(200%上限突破技になる)
・ターゲット以外に与えるHPダメージ20%アップ(60%⇒80%)
・ターゲットに与えたHPダメージの30%分自身のBRVをアップさせる

≪ボーナススフィア≫ バフベースブーストオール3(グループD)
自身の強化効果の数が合計3個以上の時、味方全員の初期BRVと最大BRVを5%アップ

ラムザ真化武器の運用について

強力なバッファーとして活躍してきたラムザが真化でさらにパワーアップ。これまでは“おうえん”と“さけぶ”で自身と味方を強化後、ACT加算されない“HP攻撃+++”で攻め込むのが強力だったが、真化によって変化コマンドの性能も強化。“BRV攻撃+++”もACT加算されなくなり、“HP攻撃+++”は、さらに威力が向上。

両コマンドの“+++”状態をキープするためには、バフ“さけぶ”と“激励”の管理が重要となる。限界突破効果(1)“トリプルブレイクバフロングチェンジ+&アタックブーストアップ”によって“トリプルブレイク”にバフ“さけぶ”の延長効果が追加される点は見逃せない。

“トリプルブレイク”は近距離物理BRV攻撃+HP攻撃をしつつ攻撃力、防御力、素早さを下げるデバフ“トリプルブレイク”が付与できるEXアビリティ。真化後は限界突破を行うたびに“+”が増えたバージョンが使用可能になる。最大強化時の“トリプルブレイク+++”は、BRV加算量が攻撃力の150%で、最大BRV200%限界突破技という高威力のアビリティとなり、敵全体に大ダメージを与えられる。また、真化後はデバフ“トリプルブレイク”を敵全体に付与できるため、敵の弱体という面でもこれまで以上の活躍が見込めるだろう。

ラムザ01
ラムザ02

ボーナススフィア“バフベースブーストオール3”は、BRVリジェネの効果に関わる初期BRVアップと、最大BRVをアップするバッファーにうれしい性能。条件もバフ3種の付与と比較的満たしやすいため、どのバッファーにセットしてもいいだろう。

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト

『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト