【新キャラ参戦】アフマウ性能解説【2018.1.11アプデ情報】

公開日時:2019-01-11 12:00:00

スクウェア・エニックスのスマホアプリ『ディシディアFF オペラオムニア』に、『FFXI』からアフマウが参戦を果たす。本稿では、キャラクター追加(2019年1月11日)時点でのアフマウの習得アビリティや特徴などを解説する。

なお、ここで解説する各種技の効果は、最大まで覚醒や限界突破を行い、武器のパッシブも装備した際のものとなる。また、≪相性性能≫は、該当するアディショナルアビリティをブルームストーンのパッシブで強化した際に得られる効果(“○○”グロース の効果)を指す。

【DFFOO】アフマウ

20190110210659

▲原作の アフマウは“メネジン”と“アヴゼン”という2体のオートマトンとともに戦うからくり士だ(CV:戸松遥)。

クリスタル覚醒&AF&武器データ

アフマウ_覚醒
アフマウ_アーティ
ポペットカタール【XI】

▲ポペットカタール【XI】

ピグメサインティ【XI】

▲ピグメサインティ【XI】

習得アビリティの詳細

≪アビリティ1≫ シールドサブバーター
・自身に自身の最大BRVの30%分BRVを加算し、2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・与えたHPダメージの30%分、自身のBRVに加算する
・自身に6ACT“メネジンの戦法”付与
・自身以外の味方全員に4ACT“オートマトン”付与
・使用回数は6回

強化効果“メネジンの戦法”に関して
・自身の防御力50%アップ+弱体回避率100%アップし、BRVダメージを50%軽減

強化効果“オートマトン”に関して
・BRVリジェネの効果

また、自身に強化効果が付与中、通常“BRV攻撃”が“BRV攻撃+(微調整)”に変化

◎BRV攻撃+(微調整)
・近距離物理BRV攻撃
・自身以外の味方全員に自身の最大BRVの20%分BRVを加算
・自身以外の味方全員に4ACT“微調整”付与
・自身に付与されている“メネジンの戦法”を1ACT延長
・自身以外の味方全員に付与されている“オートマトン”を1ACT延長

強化効果“微調整”に関して
・自身の防御力50%アップ+弱体回避率100%アップし、BRVダメージを50%軽減

≪アビリティ2≫ シックスエレメント
・6HIT魔法BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・対象に4ACT“素早さ20%ダウン”付与
・自身に6ACT“アヴゼンの戦法”付与
・自身以外の味方全員に4ACT“オートマトン”付与
・行動負荷が低い
・使用回数は6回

強化効果“アヴゼンの戦法”に関して
自身の最大BRV50%アップ+攻撃力50%アップ+素早さ20%アップ

また、自身に強化効果が付与中、通常“HP攻撃”が“HP攻撃+(最適化)”に変化。

◎HP攻撃+(最適化)
・魔法BRV攻撃+HP攻撃
・自身以外の味方全員に4ACT“最適化”付与
・自身に付与されている“アヴゼンの戦法”を1ACT延長
・自身以外の味方全員に付与されている“オートマトン”を1ACT延長

強化効果“最適化”に関して
自身の最大BRV50%アップ+攻撃力50%アップ+素早さ20%アップ

キャラクターの運用について

アフマウは、強力な防御バフ“メネジンの戦法”と攻撃バフ“アヴゼンの戦法”で自身を強化しつつ、“微調整”と“最適化”で味方にも効果を波及させて戦うことで、パーティ全体の大幅な能力アップを行えるのが持ち味。

“オートマトン”はBRVリジェネの効果が高めで、BRV供給を担うことも可能。パッシブに、自身に強化効果が付与されているとき味方全員の初期BRVを40%アップ、攻撃力を20%アップさせる“バフベースアタックオール”も持ち、バッファーとしての活躍も期待できる。

ただし、使用するバフの種類が多いため、管理には注意が必要。とくに、攻撃バフ“最適化”は全体の火力アップにつながるので、最優先で維持しよう。防御バフの“微調整”も効果を維持しておくのがベストだが、弱体回避率100%アップの効果に着目し、デバフ技を受ける前にピンポイントで発動させるといった使いかたもできる。

ren012920

▲“メネジンの戦法” を発動するための起点となる“シールドサブバーター”。与えたHPダメージの30%を自身のBRVに加算できるので、敵に狙われている状況で使ってもブレイクされにくい。

ren012862

▲“シックスエレメント”は、上限突破率が“シールドサブバーター”よりも高い150%に設定されており、さらに対象の素早さも下げられる。回数は6回と多くないので、“HP攻撃+(最適化)”も活用していこう。

アフマウのクリスタル覚醒70詳細

覚醒65で習得する“傀儡師バフロング”は、自身の初期BRVをアップさせつつ、バフの効果を延長させられるアディショナルアビリティ。自身のバフだけでなく、味方にかかっている“最適化”と“微調整”の効果も両方延長できる。ブルームストーンの強化で相性性能を得れば期間延長効果がアップし、さらに強化効果を維持しやすくなるだろう。

≪傀儡師バフロング相性性能≫
・使用回数+1(最大2)
・自身に付与されている“メネジンの戦法”“アヴゼンの戦法”の1ACT期間延長(最大3ACT)
・自身以外の味方全員に付与されている“オートマトン”“微調整”“最適化”の1ACT期間延長(最大2ACT)

ren012968

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト

『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト