『ディシディア ファイナルファンタジー NT』配信番組で実機プレイを披露【E3 2017】

公開日時:2017-06-14 06:50:00

2017年6月13日~15日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2017”。『ディシディア ファイナルファンタジー NT』(以下、『DFFNT』)がスクウェア・エニックスのストリーミング配信にてピックアップされたので、その模様をリポートしよう。

DISSIDIA FINAL FANTASY NT: THE 101 THEN 1 ON 1!

番組には、間一朗プロデューサーと鯨岡武生ディレクターが出演。序盤はMCのMat Kishimoto氏の質問に回答する形で進行していった。

00
01

▲試遊台にたくさん人が並んでいて「ハッピー」という間Pと、E3自体初めてという鯨岡D。

まずは「『DFFNT』とはどのような作品か」という質問には、今年30周年を迎える『FF』のキャラクターが総出演していること、そして『DFF』シリーズならではのブレイブシステムの存在と、3対3という部分がユニーク、と間氏。また、キャラクターの選定方法については鯨岡氏が回答。PSP版と同じようにナンバリング作品の主人公とライバルをピックアップし、そのうえでキャラクターのタイプのバランスや、人気、バトルでどんなユニークなことができるかなどを考慮して決めているという。

02
03

▲タイプはASSASSIN(日本版ではSPEED)、VANGUARD(日本版ではHEAVY)、MARKSMAN(日本版ではSHOOT)、SPECIALIST(日本版ではUNIQUE)の4つ。

ブレイブシステムについて尋ねられると、「PSP版のスタートは、『キングダム ハーツII』のアクションをベースとして、それを使った対戦ものを『FF』オールスターというテーマで作ろう、というのが始まりだった」と鯨岡氏。『キングダム ハーツII』を楽しんでいるファン層がエキサイトできるゲームはどんなものかを検討していった結果、生まれたのがブレイブシステムだという。開発内では、ブレイブの奪い合いはスポーツで言うところのパスで、HP攻撃がシュートにあたるようなイメージで話をしているのだとか。

概要解説の後は、実機でのバトルシステム説明に。E3での試遊版は、ふたつあるバトルセット(HP攻撃とEXスキルのセット)からひとつを選択する形だ。

S__38764552

▲E3試遊版の操作パネル(海外仕様)。日本版は×ボタンがジャンプ、○ボタンがブレイブ攻撃になる。チャットは+ボタンで表示させ、○、△、×、□ボタンで選択。

05
06
07

▲R1でダッシュ、L2やR2でターゲット変更、L1でガード、といった説明をしているうちに負ける鯨岡D。トークでは、どのアクションも操作は簡単で、キャラクターの乗り換えのしやすさも特長とアピールしていた。

操作説明の後は、間PとMCが1対1で勝負することに。間P(戦績:7000戦超)と、MC(戦績:7戦)とではキャリアに差があるため、間氏が“1分間目隠し”というハンデを負うことに。リアルでブライガ状態の間Pの運命は!?

08
09

▲3年前のスクエニプレゼンツで吉田直樹氏と勝負して負け、ハバネロをかじった思い出がリメンバー。「ほんと負けたくないんだよ俺!」。

10

間Pは、メインキャラのヤ・シュトラを選択(HP攻撃はホーリー)し、MCはライトニング(HP攻撃は絶影)を選択。わちゃわちゃしつつも、(おもにCPUの活躍で)間Pが勝利。しかし……?

11

間Pが勝ったものの、消極的なホーリー連発に納得のいかない鯨岡Dにより、再戦することに。2回目の対戦では、間Pがセシル(HP攻撃はダークフレイム)、MCがクラウド(HP攻撃は凶斬り)を選択。目隠しセシルが段差にひっかかるなどしているあいだにクラウドが大活躍し、最後はセシルがCPUに倒されて敗北した。さすがの間Pも、リアルブライガには完敗。

12
13
14

▲罰ゲームは顔にタトゥーシール。鯨岡D「オシャレー(棒)」。

最後にファンへのメッセージを求められた間Pは「皆さんとこのゲームで遊ぶことができたらうれしいなとおもいます。ゲームにタトゥーシールは入っていませんのでご安心ください(笑)」とコメント。鯨岡氏は、「3対3になったんですけど、乱戦ばかりではなく、戦略的な戦い方ができるようになっています。『FF』がアクションになったらどうなるかを体験できるゲームになっています」とアピールした。

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 初心者の館 ツイッターアカウント