ジェクト基本情報

公開日時:2017-08-08 00:00:00

●最終更新日:2018年12月14日
基本情報を更新

ティーダの父親であるジェクトが、『FFX』より参戦。ジェクトは息子と同じくSPEEDタイプのキャラクターながら、至近距離での戦闘に長けている。“クイックブロック”による防御や、固有EXスキルの“ジェクトキャンセル”による隙のない怒涛の攻めで相手との読み合いに勝ち、一気に押し切ろう。

ジェクト_181210

ジェクト技動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:ジェクト

基本の立ち回り

ジェクトは近距離戦に特化した“超インファイター”。中距離~遠距離から攻撃できる技はないので、接近できるチャンスを逃さず距離を詰め、間合いを保ちながら豊富な選択肢で相手を追い詰めていこう。

中~遠距離攻撃を撃ち合う序盤は、牽制技を持たないジェクトにはやれることが少ないので、敵の飛び道具に当たらないことが重要。このとき、まっすぐ飛んでくるなど挙動が読みやすい魔法は“クイックブロック”(地上、空中ともに↓+II)で受け止めよう。成功すれば魔法を打ち消しつつ、EXスキルの“ジェクトキャンセル”のリキャストを2秒短縮できる。

1個目の召喚コア出現時など、敵との距離を詰めるチャンスが来たら、ダッシュで素早く相手の懐に潜り込む。魔法攻撃を強引に突破できる“スピニングレイジ”(ダッシュ中II)でSHOOTタイプをほかのふたりから遠ざけ、1対1に持ち込むのもいい。

近づいたら、“ビーストラッシュ”(地上II>II>II)と“イーグルラッシュ”(空中II>II>II)の出番だ。地上から上空の敵を狙う際には、上方向に突進する“ライジングフィスト”(地上↑+II>II)、空中から低い位置にいる敵を攻撃する場合は、下方向に突進する“スプラッシュキック”(空中↑+II>II)も有効だが、2段目で吹き飛ばすと距離を詰め直すことになるので相手や状況を見極めよう。攻めを継続できる状況であれば、“ビーストラッシュ”と“イーグルラッシュ”がベター。

主力技の“ビーストラッシュ”と“イーグルラッシュ”を出す際は、リーチの短さを踏まえてダッシュで十分に近づくことが重要。空振りしても最後までコンボを出せるという強みがあるので、1段目が届かずとも攻撃を継続できるほか、ガードされたら2段目で止めて再度攻撃を仕掛ける、もしくは一旦待ってステップを誘う、相手の反撃を読んで“クイックブロック”を出す、といった選択肢がある。 “クイックブロック”で物理系ブレイブ攻撃を受け止めた場合は敵がよろけるので、すかさず追撃しよう。

こうした立ち回りに、EXスキルの“ジェクトキャンセル”を絡めることで、より多彩な動きが可能になるのがジェクト最大の特徴。詳細は後述の【EXスキルについて】の項目を参照のこと。

HP攻撃について

●“ジェクトスラッシュ”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
剣を斜め下に斬り降ろし、初段がヒットすると乱舞技を叩き込む。リーチは短いが発生が早く、ヒット後は大きく移動するので比較的カットされづらい。壁激突からのコンボや、敵の攻撃後の隙を突いて使っていこう。

ジェクトHP攻撃_ジェクトスラッシュ

●“ジェクトフィンガー”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
敵に飛びかかって、着地時におもに前方向へ衝撃波を発生させる。壁激突からのコンボが狙えるほか、地上にいる敵への奇襲に向いている。なお、高度が高ければ高いほどブレイブダメージが増加するという特徴がある。

ジェクトHP攻撃_ジェクトフィンガー

●“ジェクトメテオ”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
敵に向かって、巨大な隕石を放り投げる豪快な中距離HP攻撃。頭上からナナメ下にいる敵へ向かって隕石を投げるため、高い位置からくり出せばくり出すほどリーチが伸びる。ジェクトの短いリーチを補う飛び道具として、敵の攻撃後の隙を突いたり味方の救出に使うなどの活用が可能だ。

ジェクトHP攻撃_ジェクトメテオ

●“ジェクトビーム”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
両目からビームを放って爆発させるHP攻撃で、初撃でブレイブダメージを与えた後にHPダメージが発生する。射程はさほどないが、出が早く全体の動作がコンパクトで反撃を受けにくい。

ジェクトHP攻撃_ジェクトビーム

EXスキルについて

発動と同時にジェクトが身をひるがえし、すべての動作を中断する固有EXスキル“ジェクトキャンセル”。ブレイブ攻撃中はもちろん、HP攻撃や汎用EXスキルなどどんなモーションも中断でき、すぐにブレイブ攻撃やガード、ステップにつなぐことができる(ダッシュ、HP攻撃、汎用EXスキルにはつなげられない)。

おもな使い道は、ダメージの底上げ。“ビーストラッシュ”や“イーグルラッシュ”を2段目までヒットさせた後、“ジェクトキャンセル”を挟んで再度攻撃を行うと、かなりのブレイブを稼げる。“スピニングレイジ”をヒットさせて最終段手前で中断し、“イーグルラッシュ”へとつなげば、敵を長距離運んで壁激突も狙える。

ジェクトの攻撃を敵がステップで回避したら、“ジェクトキャンセル”で動作を中断後に攻撃を出し直し、ステップの終わり際を攻めるといった変則的な攻めへの利用も有効だ。

また、“ジェクトキャンセル”は防御にも使える。攻撃中にほかの敵が近づいてきても、“ジェクトキャンセル”により回避や迎撃が容易だ。HP攻撃の隙をサーチ技で狙われているときに“ジェクトキャンセル”で隙を消せば、被弾を逃れることもできる。

01

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA