ラムザ基本情報

公開日時:2016-01-29 18:00:00

●最終更新日:2016年8月18日
2ndフォームを追加。

ファイナルファンタジータクティクス』の主人公、ラムザ。本作では原作の“見習い戦士”をベースに、剣による斬撃や“体当たり”、“アルテマ”など遠近両方の技が揃う“UNIQUE”タイプのキャラクターとなっている。その最大の特徴は、EXスキル。“ためる”で専用EXスキルのスキルゲージを任意のタイミングで溜めることができ、そこから“さけぶ”で自身の強化を行うか、“おうえん”で味方のサポートを行うかを選択できるのだ。

【鯨岡ディレクターのコメント】
バトル開始直後に“ためる”ラムザは、新バージョンの風物詩となることでしょう。そして、ラムザ使いに問われるのが、溜まったスキルゲージの使いかたです。通常時の性能が少し物足りないので、ついつい“さけぶ”を使いたくなってしまいますが、そこは味方や周囲の状況を見て、ときには“おうえん”と使い分けていきましょう。けっこう強力ですよ? なお、ラムザの専用EXスキルゲージは“ためる”なしだと驚くほど溜まりません。戦いの中での“ためる”の挟みかたも腕の見せどころですね。

ラムザ1

ラムザ技紹介動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:ラムザ・ベオルブ

【基本性能】
ラムザの最大の特徴は専用のEXスキルが3種類あること。“ためる”は、Iボタンを押しているあいだ専用EXスキルゲージを蓄積させる効果があり、ゲージが溜まった後は、“さけぶ”と“おうえん”を使い分けて戦うことになる。“さけぶ”はラムザ自身を“さけぶ状態”にする技。ブレイブ攻撃の性能が変化するほか、3段ジャンプが可能になり、移動速度もアップする。“おうえん”は、一定時間味方の攻撃力、防御力、移動速度を上昇させるとともに、ブレイブを徐々に増加させる効果がある。自己強化と味方のサポートを、状況やチーム編成に応じて切り換えるおもしろさがあるキャラクターだ。また、ラムザの各種ブレイブ攻撃&HP攻撃はクセのない性能のものが揃っており、近距離から中距離まで、状況を選ばずに活躍が見込める。

【オススメの立ち回り】
“ためる”が最大の特徴となるラムザ。試合開始時に敵との距離が遠い場合や、敵にロックオンされていない状況では、つねに“ためる”でEXスキルゲージを溜めることを狙いたい。中~遠距離が主戦場となるキャラクターが味方に多いなら“さけぶ”で前衛役を、逆に前衛役が多いなら“おうえん”&HP攻撃の“ホーリー”(地上、空中ともにIV)で中距離からの支援役を担うといい。近距離では、通常時でも“さけぶ状態”でも、地上、空中ともにダッシュブレイブや↑+IIの攻撃が、突進力があり敵に当てやすいので、主軸にしつつ立ち回ろう。支援役を務める場合でも、隙あらば“さけぶ状態”となり、“気弾”(地上↓+II)や“アルテマ”(空中↓+II)でブレイブを溜めるのが有効。“さけぶ状態”なら接近戦もお手の物なので、中距離での牽制に固執せず、敵に接近されたら各種ブレイブ攻撃で積極的に迎撃していこう。

【HP攻撃について】
●“トリプルブレイク”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
3連撃を放つHP攻撃。発生が早めなので、敵を壁激突状態にした後の連続技として使いやすい。初段が空振りした場合でも3段目まで発生するので全体のモーションは非常に大きい。また、ヒット時には相手の攻撃力、防御力、速度を低下させる効果が付与される。

ラムザHP攻撃_トリプルブレイク

●“地烈斬”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
直線状に地走りを起こすHP攻撃。発生は遅いがエフェクトが大きく、こちらをロックオンしていない敵や、上空にいる敵を狙うのに適している。“投石(気弾)”(地上↓+II)、“アルテマ”(空中↓+II)とともに味方の援護をしやすい攻撃といえる。

ラムザHP攻撃_地烈斬

●“ホーリー”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
サーチした相手の足元から魔法弾を発生させるホーリー。“地烈斬”よりもさらに中距離からの援護に特化した性能となっており、味方が敵の攻撃を受けている際のカットや、ラムザをロックオンしていない敵へのけん制など、さまざまな場面で頼れるHP攻撃だ。

ラムザHP攻撃_ホーリー

●“塵地螺鈿飾剣”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
刀に秘められた力を開放し、前方を焼き尽くすHP攻撃。攻撃発生前に付近にいる敵を引き寄せる効果を持つ。発生は早めで近距離戦に使いやすく、エフェクトも大きいため複数の相手を巻き込みやすいのもポイント。

ラムザHP攻撃_塵地螺鈿飾剣

※HP攻撃の動画はプレイヤーズサイトの動画と同じものです。

【EXスキルについて】
上記“オススメの立ち回り”での解説を参照のこと。

ラムザ3
ラムザ2
ラムザ1
50_ベオルブ家の末弟_A_00 50_ベオルブ家の末弟_B_00 50_ベオルブ家の末弟_C_00

▲ベオルブ家の末弟A

▲ベオルブ家の末弟B

▲ベオルブ家の末弟C

ラムザ_2nd

▲~真探る傭兵~

ブロードソード img_weapon_p_tac100_01

▲ブロードソード

▲プラチナソード

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 初心者の館 ツイッターアカウント