エクスデス基本情報

公開日時:2017-05-10 00:00:00

●最終更新日:2017年5月25日
基本情報を更新。

ファイナルファンタジーV』より参戦するエクスデスは、5人目のUNIQUEタイプ。クセのない近接&牽制攻撃が使えるほか、3種類の“モードチェンジ”で自身の強化や敵へデバフの付与などが行えるのが特徴だ。HEAVYタイプのような強力な攻撃がくり出せる“POWERモード”で敵を圧倒しつつ、汎用EXスキルを一定時間封印するデバフを攻撃に付加できる“SEALモード”&攻撃力と防御力、移動速度を低下させるデバフを付加できる“DEBUFFモード”を使いわけ、勝利をもぎ取ろう。
なお、エクスデスは2017年5月11日からの“神々の闘争”第6節で特定の条件を満たしたプレイヤーに2017年5月25日より先行解放され、一般解放は2017年6月中となる予定。

20170525エクスデス

エクスデス技動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:エクスデス

【基本情報】
エクスデスは、左スティックを押し込むことで3つのモードを切り換えられる。同様の特徴を持つライトニングとは異なり、モードを変えても技の構成自体は変化しないが、モードによってブレイブ攻撃の威力が上がったり、敵にデバフを付与するなどの効果が発動する。POWERモードは3つのモードの中でいちばんブレイブ攻撃の威力が高く、壁激突を誘発しやすい。攻撃中のキープ値も上がるので、疑似的にHEAVYタイプのような立ち回りが可能になるのだ。一方、SEALモードとDEBUFFモードのふたつは、ブレイブ攻撃がヒットした敵に専用のデバフを付与させられる。SEALモードは汎用EXスキルを一定時間封印するデバフ“死神の剣”(効果時間15秒)、DEBUFFモードは攻撃力&防御力&移動速度を低下させるデバフ“カーズ”(効果時間15秒)を付与する。ただし、どちらもブレイブ攻撃を最終段までヒットさせないと発動しない(ダッシュブレイブ攻撃を除く)。また、モードチェンジで専用EXスキルの効果も変わるため、敵と味方の編成、そして戦況を見極めながら3つのモードを使い分けることがポイントとなる。

【各攻撃のダメージ値】
●ブレイブ攻撃(POWERモード時)
ソードダンス(地上II→II→II)→512(144・144・224)
しんくうは(地上↑+II)→480
アースシェイカー(地上↓+II→II→II)→480(144・144・192)
ソードダンス(空中II→II→II)→512(144・144・224)
グルームチャージ(空中↑+II→II)→496(32*4・64・304)
じゅうりょく100(空中↓+II)→432
磁場転換(ダッシュ中II)→64

●ブレイブ攻撃(SEALモード時)
ソードダンス(地上II→II→II)→448(128・128・192)
しんくうは(地上↑+II)→416
アースシェイカー(地上↓+II→II→II)→416(128・128・160)
ソードダンス(空中II→II→II)→448(128・128・192)
グルームチャージ(空中↑+II→II)→432(32*4・48・256)
じゅうりょく100(空中↓+II)→368
磁場転換(ダッシュ中II)→64

●ブレイブ攻撃(DEBUFFモード時)
ソードダンス(地上II→II→II)→336(96・96・144)
しんくうは(地上↑+II)→320
アースシェイカー(地上↓+II→II→II)→320(96・96・128)
ソードダンス(空中II→II→II)→336(96・96・144)
グルームチャージ(空中↑+II→II)→320(16*4・48・208)
じゅうりょく100(空中↓+II)→288
磁場転換(ダッシュ中II)→64

●HP攻撃
デルタアタック(POWERモード時)→64
デルタアタック(SEAL、DEBUFFモード時)→HPダメージのみ
ミールストーム→HPダメージのみ
アルマゲスト→HPダメージのみ
オービットガード→HPダメージのみ

●固有EXスキル
ブラックホール(地上、空中ともにI/POWERモード時)→96(16*4・32)

【立ち回り】
試合開始から約1分間は、敵味方ともにEXスキルが溜まっていないので、SEALモードのメリットは薄い。前線で戦うなら火力の高いPOWERモード、中距離からけん制していくのであればDEBUFFモードをメインに戦おう。エクスデスは上下に強いブレイブ攻撃がないため、高低差に対して弱い一面を持つ。そのため、敵との高度を合わせることが重要となる。近距離で戦う場合は“ソードダンス”(地上、空中ともにII→II→II)か“グルームチャージ”(空中↑+II→II)を使い分けるといい。どちらもクセのないブレイブ攻撃だが、“ソードダンス”は攻撃を2段目で止めて敵を拘束できることが長所だ。一方の“グルームチャージ”は、突進中のキープ値の高さを活かしてSHOOTタイプの敵を攻める際などに真価を発揮する。
中距離では、飛び道具の“じゅうりょく100”(空中↓+II)か“しんくうは”(地上↑+II)がオススメ。“じゅうりょく100”は弱判定の魔法、“しんくうは”は中判定の魔法扱いの単発攻撃で弾速に優れており、デバフを付与できるSEALモードかDEBUFFモードで放てばヒット時のメリットも大きい。とくに“じゅうりょく100”は、射程がミニマップの円3個ぶんと長く、ある程度誘導もする。召喚コアを破壊する際も、“じゅうりょく100”でオーケーだ。
バトルの中盤からは、状況によって使うタイプを切り換えていきたい。敵が高いブレイブを持っているなら一度に多くのブレイブを奪えるPOWERモード、逆に味方が高ブレイブならDEBUFFモードの“カーズ”で敵の攻撃力、防御力、移動速度を低下させて、味方のフォローに徹しよう。また、状況は限定的だが、こちらの召喚中や自衛手段に乏しいSHOOTタイプの敵との接近戦、瀕死の敵を倒し切る場合などは、SEALモードの固有EXスキルで敵の汎用EXスキルを封印し、“テレポ”などで逃げられない状況を作り出せるのも、エクスデスならではの強みと言える。

【HP攻撃について】
●“デルタアタック”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
自身の前方に波動を放つHP攻撃。ボタンの長押しで発動タイミングを変えられ、射程も少しだけアップする。壁激突からのコンボに使えるほか、POWERモード時のみブレイブダメージが付与されるので、ブレイクを狙える敵に対して放つといい。

エクスデスHP攻撃_デルタアタック

●“ミールストーム”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
敵の位置に大きな竜巻を発生させる、サーチ系の遠距離HP攻撃。攻撃の発生はやや遅いが、攻撃判定は長めに残る。射程の長さはミニマップ2個ぶんで、味方の召喚獣のフィニッシュ攻撃で打ち上がった敵への追撃としても使える。また、SEAL時にヒットさせると、デバフの“死神の剣”も付与できる。

エクスデスHP攻撃_ミールストーム

●“アルマゲスト”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
自身を中心に爆発を発生させるHP攻撃。発動後、ボタンを長押しすると自身を中心とした空間に敵の移動速度を下げる効果を発生させる。ただし、そのあいだ完全に無防備になるため、使いどころには注意したい。こちらはDEBUFFモード時にヒットさせることで、“カーズ”のデバフが付与可能。

エクスデスHP攻撃_アルマゲスト

●“オービットガード”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
バリアを展開して、全方位からのブレイブ攻撃を防ぐカウンター系のHP攻撃。バリアの発生タイミングをボタンの長押しでずらすことができ、ボタンの長押し中はグライド移動が可能。カウンターが成立するのは、球体のバリアが発生しているときのみで、ボタンを長押ししているあいだはカウンター不可なので注意したい。また、長押ししているとエクスデスの体の中心が光る。以降は、敵のHP攻撃もカウンター可能だ。

エクスデスHP攻撃_オービットガード

【EXスキルについて】
●“ブラックホール”(地上、空中ともにI/POWERモード時) リキャスト時間:75秒
敵を斬りつけてブラックホールを発生させ、ブレイブを急速に減らすデバフ“ブラックホール”を付与する。1秒間に約400のブレイブを下げ、ゼロまで低下させる。高いブレイブを持った敵に当てるのが有効だ。デバフの効果時間は25秒と長いが、対象となった敵がエクスデスにブレイブ攻撃を当てる、敵がHP攻撃を当てる、ブレイブブレイク後に初期値にブレイブが戻る、のいずれかで、この効果は解除される。壁激突後の追撃など、確実にヒットさせられる場面で使うといい。

●“宇宙の法則が乱れる”(地上、空中ともにI/SEALモード時) リキャスト時間:75秒
自身を中心に、敵の固有EXスキルと汎用EXスキルのすべてを使用不可にする空間を発生させる。効果時間は12秒で、範囲はミニマップの円2個半ぶん。前述の逃げる敵を追う状況などで使用すると、真価を発揮する。

●“ホワイトホール”(地上、空中ともにI/DEBUFFモード時) リキャスト時間:75秒
25秒のあいだDEBUFFモードで付与できるデバフが“ホワイトカーズ”になり、効果が高まる。効果時間は“カーズ”同様12秒だが、攻撃力・防御力が約50%もダウンし、さらに移動速度も低下するため、付与できれば戦況を有利に運べる。また、“ホワイトホール”の発動後にPOWERモード、SEALモードに切り換えてブレイブ攻撃の最終段をヒットさせると、“カーズ”のデバフを付与できる。

エクスデス登場シーンスクショ

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA