【特別企画】“強者たちの視線を大解剖! 『DFF』アイトラッキング”で強さの秘密を探る

公開日時:2018-04-16 21:00:00

セシルが楽しいお年ごろのしんのすけです。さてさて、『DFF』が採用している3対3のチームバトルでは、敵味方のブレイブ数値や位置の変動、召喚コア出現前後の駆け引きなど、めまぐるしく変わる戦況を把握することがとても大事になります。“うまいプレイヤーはどこを見ながらプレイしているのか”は、『DFF』プレイヤーの皆さんはとても気になるところではないでしょうか?

本企画では、NHN PlayArtさんの全面協力のもと、同社のスマホゲームタイトル『#コンパス 戦闘摂理解析システム』で活用していた“プレイヤーの視線を感知して追跡する”というステキなテクノロジー“アイトラッキング”を使い、リアルタイムで強者の目線を調査! 今回は、公式全国オンライン大会2017で優勝の実績がある“(卒)すとりうむ”(UMEさん、GOMAさん、しんでれらさん)に加えて、“闘会議2018エキシビションマッチ”でも大活躍だったチェリーさん、ぶれさん、崎山さんにご協力いただき、『ディシディア ファイナルファンタジー NT』でアイトラッキングを実施。その結果を記事にしました!

強者のアイトラッキングはコチラ【特別企画】SPEEDタイプ使いは必見! “強者たちの視線を大解剖! 『DFF』アイトラッキング”クジャ編【ぶれさん】
関連記事脱初心者は“視線”から?『#コンパス』上級者のプレイングをアイトラッキング技術で追ってみた

01

▲今回の企画にご協力いただいた皆さん。本企画の記事は、各プレイヤーごとに順次公開予定となっております。ちなみに、収録は2018年3月31日に行いました。ルームマッチでご協力いただいたユーザーの皆さんも本当にありがとうございました!

02

▲鯨岡ディレクターの目の前にあるのがアイトラッキングの機材になります。

ざっくりとアイトラッキングの仕組みを解説すると、人の瞳に赤外線を当て、その反射で瞳孔の動きを感知してモニターのどこを見ているのかをリアルタイムで反映するというもの。詳細は、下記のサイトなどで説明されていますので、原理を詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

アイトラッキング(視線計測)の原理(仕組み)について

03

アイトラッキングはその仕組み上、かなり繊細な部分があり、たとえばその日の目の状態によって動きを感知できなかったり、頭を動かしてしまうと目線を計測できなくなってしまったりといったことが起こり得ます。プレイ用のモニターのサイズにも限界があり、収録はふだんとは勝手の違う環境で行われました。ちなみに、今回の収録では、ハザマPの目の動きをプレイ画面に投影すると、本来見ている地点からめちゃくちゃズレるというミニハプニングが発生(笑)。NHN PlayArtの担当の方に「こんなに目線がズレる人、初めてです!」というお墨付き(?)をいただき、ハザマPのアイトラッキング動画は没となったのでした……。

04

▲しょぼん。

と、前置きが長くなってしまいましたが、実際にアイトラッキングで収録した動画の模様をお届けします。まずはふつうのプレイヤー代表として、自分とコイチさんの動画になります。バトルの内容は気にしない方向でぜひ!(笑)。なお、アイトラッキングの機材で撮影した動画は、モニターに映した映像を直撮りしているため、画質が通常よりもやや劣ってしまうこと、機材の周辺にいる人たちの声が入ってしまうことをあらかじめご了承ください。

【アイトラッキング】しんのすけセシル

【アイトラッキング】コイチケフカ

いかがでしょうか? 敵を見ているタイミングやミニマップをチェックする瞬間などが、かなり克明にわかると思います。また、試合中にどこを見ていたのかの平均図(ヒートマップ)が、下記のように確認できるのもアイトラッキングのスゴイところ。

image2 image1

▲左の画面がしんのすけのヒートマップ。赤い箇所ほどしっかり見ている部分になるのですが、しんのすけの場合は視線がややとっ散らかっている結果に。逆に、右の画面のコイチさんは、すさまじい勢いで画面中央とミニマップに熱い視線を注いでいることがわかります。

企画協力
NHN PlayArt 株式会社
#コンパス 戦闘摂理解析システム

アイトラッキングを活用した動画
脱初心者は“視線”から?『#コンパス』上級者のプレイングをアイトラッキング技術で追ってみた
#コンパス攻略まとめ [ファミ通App]

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA