バッツ基本情報

公開日時:2015-11-16 21:20:00

●最終更新日:2016年8月18日
2ndフォームを追加。

クリスタルに導かれた『ファイナルファンタジーV』の主人公バッツ。これまでは、ほかのキャラクターの象徴的な技を“ものまね”してきたが、本作では『FFV』に登場するジョブの攻撃を使い分けるキャラクターとなった。ジョブの名を冠した技を使い続けると、“マスター状態”になり、マスターした技に応じたプラスの効果が得られるのだ。

【鯨岡ディレクターのコメント】
原作の“らしさ”を盛り込み、プレイステーション・ポータブル版とはまったくの別人となりました。バトル開始直後はステータス面でほかに劣るものの、バトル中に成長していく楽しみは、ほかにはない特徴です。“何から強化していくか”という戦略性は、“MOBA”や“RTS”(※)に通ずるところがあるかもしれません。全ジョブをマスターするのは骨が折れますが、マスター後の専用EXスキルの効果は絶大のひと言。バッツ使いの人たちには、ぜひ★★★を狙っていただきたいです。ちなみに、各ジョブのイメージで演技していただいている、HP攻撃時のボイスは必聴です。

※“RTS(リアル タイム ストラテジー)”はゲームジャンルのひとつで、刻々と変化する状況に対応しつつ勝利を目指すゲームのこと。“MOBA(マルチプレイヤー オンライン バトル アリーナ)”はRTSの一種で、操作キャラクターにレベルなど、RPGの概念がある作品のことを指す。

0708バッツ

バッツ技紹介動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:バッツ

【基本性能】
戦闘開始時はすっぴんの状態だが、各種攻撃を空振りまたはヒットorガードさせることで熟練度が溜まっていき、一定の熟練度に達すると、攻撃に応じたジョブをマスターすることができる。ブレイブ攻撃、HP攻撃ともに、2回当てるかガードさせるとマスター可能(HP攻撃“ナイト”のみ1回の攻撃成立でマスターとなる)。マスター状態になると、技性能の強化に加えて、自身への補助効果も加わるため、尻上がりに強くなっていく特殊なキャラクターとなっている。

【オススメの立ち回り】
まずは各ジョブの熟練度を上げることを優先したい。地上で使いやすい技は、“竜騎士”(地上↑+II)による攻撃。ロックオンした敵にジャンプからの急降下攻撃をくり出す技で、非常にスピードが速く敵の攻撃を避けつつ当てられる。マスター状態になると3段ジャンプが可能となり、より攻めやすくなる。
遠距離では、リーチ、弾速、追尾性能に優れた“狩人”(空中↓+II)が有効。けん制に使えるほか、相手が近づいてきたときへの迎撃や、攻撃されている味方への援護などにも使え、とにかく優秀。マスターすると攻撃力がアップするので、いち早くマスターしておきたいところ。SHOOTタイプを相手にする場合は、“黒魔道士”(地上↓+II)による魔法攻撃で対抗しよう。動き回っている相手には当たらないものの、攻撃時の硬直が短く連発可能なうえ、移動しながら攻撃が出せるのが強み。とくに技の発動時に足を止めることが多いSHOOTタイプのキャラクターに有効で、“黒魔道士”を連発しているだけでも行動を抑制できる。マスターすると防御力がアップするので、こちらも序盤にマスターしておきたい。
空中では、隙が少なく壁激突を誘発できる“魔法剣士”(空中II>II>II)をメインに戦おう。通常の“魔法剣士”はあまり攻撃範囲が広くないので、敵に接近し、隙を突くようにヒットさせるべし。マスター後には、リーチや攻撃範囲が上昇し、近距離戦の要となる。“青魔道士”(空中↑+II)は敵の攻撃でよろけにくく発生速度も速いため、とっさの反撃手段として使える。マスター後にはキープ値がアップするので、敵の近接ブレイブ攻撃ならば一方的に打ち勝つことができるのが強みだ。また、“忍者”(ダッシュ中にII)の二刀流による乱舞攻撃は、リーチに優れておりヒットさせやすい。マスター時には突進部分に無敵時間が付与されるため乱戦でも強力で、無敵時間を活かし敵の攻撃発生後にくり出すと、一方的に打ち勝てることも。さらに補助効果によりダッシュゲージの消費量も抑えることができる。

【HP攻撃について】
●“侍”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
溜めることで攻撃の射程が広がる近距離用のHP攻撃。途中で攻撃を受けると、最終段まで攻撃が出ないという弱点はあるものの、溜め動作のおかげで敵のステップに合わせてくり出すなどの使いかたが可能だ。溜めずに最速で攻撃を出せば、壁激突からのコンボとしても使用可能。熟練度が上がりマスターすると、溜め時間が大幅に短縮される効果も。

バッツHP攻撃_侍

●“風水士”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
地形変化を使った攻撃を行うことができ、地上で使うと“じしん”、空中で使うと“かまいたち”になる。“じしん”は前方に向けて、地面から岩を突き上げる技となり、マスター時は攻撃判定が大幅に広がる。“かまいたち”は弾速の遅い球体の飛び道具を放つ。マスター時は攻撃判定と弾速が上がり、“じしん”やほかのブレイブ攻撃を続けて出すことで波状攻撃を仕掛けることも可能だ。

バッツHP攻撃_風水士

●“ナイト”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
前方に巨大な盾を構える当て身タイプのHP攻撃。構えている最中に攻撃を受けると、前方に2段斬りを放つ。盾の発生はそこまで速くはないため、ある程度読みが必要だが、一度当てればマスターでき、通常はガード不能のHP攻撃も当身で反撃可能になるのが強み。序盤から積極的に出してマスターしよう。

バッツHP攻撃_ナイト

●“踊り子”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
前方に突進した後、“みわくのタンゴ”か“つるぎのまい”のどちらかがランダムで出る攻撃。マスター時はつねに“つるぎのまい”が発生するようになり、“つるぎのまい”のほうが威力が高く、ヒットさせるとHPだけでなくブレイブも大幅に削ることができる。なお、“つるぎのまい”は攻撃モーションが非常に長いが、攻撃中は無敵状態になるため確実にHPダメージを与えられる。しかし、モーションの長さに加えて隙が大きく、発動の終わり際は狙われやすいので、しっかりと回避行動を行うだけでなく、仲間にフォローしてもらえる位置でヒットを狙うのがベスト。

バッツHP攻撃_踊り子

※HP攻撃の動画はプレイヤーズサイトの動画と同じものです。

【EXスキルについて】
EXスキル“幸運のお守り”(地上、空中ともにI)を発動すると、パーティメンバー全員に攻撃力&防御力&移動速度アップの効果を付与する。マスターしているジョブの数に応じて効果値が上がるほか、どんな状況でも有効活用できる効果なので、EXスキルが溜まったらどんどん使っていこう。召喚獣の召喚に成功したときなど、ラッシュを掛けられるタイミングで発動するとより効果的。

01
02
05_風の旅人 A 05_風の旅人 B 05_風の旅人 C

▲風の旅人A

▲風の旅人B

▲風の旅人C

バッツ_2nd

▲~すっぴん~

ウェポンパックⅠ_バッツ ウェポンパックII_バッツ

▲ウェポンパックI

▲ウェポンパックII

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA