クジャ基本情報

公開日時:2017-01-11 00:00:00

●最終更新日:2018年12月22日
基本情報を更新

FFIX』より参戦するクジャは、魔法を駆使して戦うSPEEDタイプのキャラクター。多くの技で移動しながらの攻撃が可能で、高低差に強い技も多く、機動力もあり敵にアプローチしやすい。範囲内の味方に攻撃力・防御力・移動速度アップのバフを付与できる専用EXスキルの“ソウルディバイダー”で、パーティの戦力を底上げできる点も心強い。

クジャ技表_181210

クジャ技動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:クジャ

基本の立ち回り

クジャは近接タイプでありながらリーチに優れ、間合いを保ちながら立ち回ることでアドバンテージを得られる。また、多くの技で移動しながらの攻撃が可能。これを利用すれば壁激突や壁側からの離脱を図れるが、射程ギリギリから攻めていると、攻撃中の移動で射程から外れ、敵を逃してしまうことがあるので、攻撃ヒット時は後ろに下がりすぎないよう気を配ろう。

なお、技名に“ホーリー”や“フレア”とあるものの、魔法には干渉せず互いにすり抜ける(相殺はできない)。“ホーリー”と付く技は近接攻撃扱い、“フレア”と付く技は遠距離攻撃扱いになり、後者はカウンター技で取られた際にのけ反らないという性質もあるので覚えておくといい。

開幕直後は、クジャは飛び道具を持たないため、被弾しないことが最優先。高く飛び上がる“フレアストーム”(地上↓+II)でジャンプ回数を節約しつつ上空へ移動し、主戦場の空中を駆け巡って敵をかく乱しよう。

“ホーリースラスト”(地上II>II>II)と“フレアブロウ”(空中II>II>II)は、同程度の高度の相手に有効な技。1段目が空振りしても2段目を出せる特性があるほか、仲間と連携する際は2段止めで拘束を担える。最終段で激突を狙いやすいので、近くに壁があるなら相手を挟み込むように動くといい。

空中では、“フレアブロウ”で届かない上空の敵には“ホーリーライズ”(空中↑+II>II)、下方向の敵には“ホーリーレイド”(空中↓+II>II)を使い分けていく。どちらも横方向には弱いが斜角は優秀で、ヒット時は1段目で敵を引き寄せ、2段目で吹き飛ばす。“ホーリーレイド”は、くり出すホーリーの弾が、ティナの“トルネド”などSHOOTタイプの自衛技を貫通するので、射程さえ誤らなければかなり有効な攻撃手段だ。

地上では、“フレアバースト”(地上↑+II>II)が強力。発生が早く、射程に優れており、一方的に打ち勝てることもしばしば。“フレアストーム”は前述の通り上方向には強いが、横にはあまりリーチがないため、迎撃や攻撃手段というより移動や回避向きの性能となっている。

突進力に優れた“ホーリーチャージ”(ダッシュ中にII)と“フレアチャージ”(空中ダッシュ中にII)は、移動操作ができないため必ず正面方向に敵を吹き飛ばしてしまうが、中距離からの襲撃に活用できる。SHOOTタイプの魔法を強引に突破することも可能だ。

HP攻撃について

●“フレアスター”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
自身の前方に爆発を起こす近距離HP技。初段でブレイブダメージを与えた後、HP攻撃に派生する。広範囲にエフェクトが出るものの、攻撃判定があるのは中心部のみ。壁激突後の追撃に使えるほか、リーチの長さを活かしたカットにも活用可能。

クジャHP攻撃_フレアスター

●“ホーリースター”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
吸引効果のある光の弾を敵に向けて撃ち出し、小規模の爆発を起こす。溜めで射程を延長可能。敵の攻撃後の隙を狙えるほか、複数の敵がいるところや乱戦時に撃ち込むなど、吸引効果を活かすような使いかたをするといいだろう。

クジャHP攻撃_ホーリースター

●“フォースシンフォニー”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
目の前の敵を切り裂き、ヒットした場合は吹き飛ばす近距離HP攻撃。発生が非常に早く、壁激突からのコンボや奇襲、近づいてきた敵の迎撃に向いている。射程がかなり短く、ブレイブ攻撃の間合いではヒットしないので、しっかりと近づいてからくり出すこと。なお、クジャのHP攻撃の中で唯一、グライド移動不可。

クジャHP攻撃_フォースシンフォニー

●“アルテマ” (地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
ロックオンした敵の位置に、魔法の弾をいくつも落とすサーチ技で、ブレイブダメージを与えた後にHPダメージを与える。敵の攻撃の隙を突いたり、足が止まりがちな敵を狙ったりと、基本的な狙いどころはほかのサーチ系HP攻撃と同様。召喚獣の打ち上げ攻撃の追撃にも使える。

クジャHP攻撃_アルテマ

EXスキルについて

“ソウルディバイダー”は、自身を中心に、範囲内の味方と自分を強化し、加えて自身のみに専用EXスキルゲージの上昇速度アップを付与する専用EXスキル。1回目は攻撃力・防御力・移動速度アップのいずれかひとつの効果をランダムで付与し、2回目は3つの中からいずれかふたつ、3回目以降には3つの効果がすべて付与される。

1~2回目に付与する効果は、パーティメンバー全員で同じではなくそれぞれ異なる。また、3回目の発動時には、クジャがトランス状態に変身し、EXスキル名が“ソウルレゾナンス”に変化。発動時のバフの効果もさらにアップする。トランス中はグライド移動の速度が上昇するので、ふだんなら追撃が難しい距離の壁激突からHP攻撃を当てたり、敵の攻撃を避けながら攻撃できる。

なお、敵に倒されるとトランス状態は解除され、EXスキルの使用回数もリセットされてしまう。生き残っているだけでもチーム全体に恩恵があるため、なるべく倒されないように立ち回ろう。

Ph

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA