スノウ基本情報

公開日時:2019-01-28 21:30:00

●最終更新日:2019年1月30日
基本情報を更新

FFXIII』シリーズより参戦するスノウは、HEAVYタイプのキャラクター。最大の特徴は、自身のHP残量に応じて“シ骸化”が進行し、ブレイブ攻撃や専用EXスキルなどの性能が向上すること。とくに、シ骸化が第3段階になると大幅なパワーアップを遂げる。HPと引き換えに得られるシ骸化の力をどう活かすかが、腕の見せどころだ。

スノウ技表2

DFF_スノウ技動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:スノウ

各攻撃のダメージ値

●ブレイブ攻撃
≪シ骸化初期段階≫
フラストブロウ(地上II>II>II)⇒512(144・160・208)
リガ―ストライク(地上↑+II→II)⇒480(216・264)
イビルストリーム(地上↓+II→II)⇒464(52×4・256)+16×n ※1
エリミネイトアッパー(地上ダッシュ中II)⇒408
ホロウクラッシュ(空中II>II>II)⇒512(144・160・208)
パニッシュアサルト(空中↑+II>II)⇒512(48×4・56・264)※2
グレイブダウン(空中↓+II)⇒400+16×n ※3
ブリザガ(空中ダッシュ中II)⇒392

≪シ骸化第2段階≫
フラストブロウ(地上II>II>II)⇒552(152・168・232)
リガ―ストライク(地上↑+II→II)⇒520(232・288)
イビルストリーム(地上↓+II→II)⇒504(56×4・280)+16×n ※1
エリミネイトアッパー(地上ダッシュ中II)⇒448
ホロウクラッシュ(空中II>II>II)⇒552(152・168・232)
パニッシュアサルト(空中↑+II>II)⇒552(52×4・60・284)※2
グレイブダウン(空中↓+II)⇒440+16×n ※3
ブリザガ(空中ダッシュ中II)⇒432

≪シ骸化第3段階≫
フラストブロウ(地上II>II>II)⇒592(160・176・256)
リガ―ストライク(地上↑+II→II)⇒560(248・312)
イビルストリーム(地上↓+II→II)⇒544(60×4・304)+16×n ※1
エリミネイトアッパー(地上ダッシュ中II)⇒488
ホロウクラッシュ(空中II>II>II)⇒592(160・176・256)
パニッシュアサルト(空中↑+II>II)⇒592(56×4・64・304) ※2
グレイブダウン(空中↓+II)⇒480+16×n ※3
ブリザガ(空中ダッシュ中II)⇒472

※1……突進を根本からヒットさせた場合のダメージ。16×nのヒット数nは当たりどころによって変動する。
※2……突進を根本からヒットさせた場合のダメージ。
※3……16×nのヒット数nは当たりどころによって変動する。

●HP攻撃
インパクトドライブ⇒HPダメージのみ
ブルータルアーム⇒160
ブルータルアーム(最大溜め版)⇒400(160・40×6)
災いの拳⇒HPダメージのみ
ルーラーフィスト⇒16×n ※4

※4……ヒット数nは当たりどころによって変動する。

●EXスキル
カオスゲイザー⇒400
サンクション⇒560
ダムネイション⇒720
アナイアレイション⇒HPダメージのみ

基本の立ち回り

HPの減少によってシ骸化が進むと、真価が発揮されるスノウ。シ骸化はHPが2500以下になると第2段階、1500以下になると第3段階と進行していく。HPを回復しても段階が戻ったりすることはないので、EXスキル“HPリジェネ”での回復は有用だ。なお、倒されてしまった場合は初期段階に戻ってしまう。

●シ骸化の段階による性能の変化
初期段階……バトルスタート時点での性能
第2段階……ブレイブ攻撃の威力と吹き飛ばし力が向上。初期段階で使える専用EXスキル2種に加え“ダムネイション”が使用可能になる
第3段階……ブレイブ攻撃の威力と吹き飛ばし力に加え、攻撃の射程も向上。さらにHP攻撃の性能が強化される。第2段階までのすべての専用EXスキルに加え“アナイアレイション”が使用可能になる

上記の通り、第3段階になれば相当なパワーアップを図れるが、HPが1500を切ると倒されるリスクも高くなるため、周囲の状況にはいつも以上に注意が必要。故意に敵のHP攻撃や“HPシェア”で体力を減らすなら、“HPリジェネ”が利用できるタイミングや、召喚中など、反撃をある程度抑え込める状況下で狙っていくといい。

エリミネイトアッパー03

攻撃の要となるのは、リーチが長めの“パニッシュアサルト”(空中↑+II>II)や、急降下攻撃の“グレイブダウン”(空中↓+II)。どちらも突進力があり、吹き飛ばし力も高いので壁激突を狙いやすい。“パニッシュアサルト”は魔法を強引に突破して近づけるほか、ガードされても一段で止めてさらに攻撃を継続するという選択が可能。“グレイブダウン”は敵の真上からの急襲が強力だ。ダッシュ後に地上から上方向に氷を発生させる“エリミネイトアッパー(地上ダッシュ中II)”も、相手の懐に潜り込みやすく奇襲に向く。

接近戦は、ベーシックな3段技である“フラストブロウ”(地上II>II>II)や、“ホロウクラッシュ”(空中II>II>II)が頼りになる。2段止めでの仲間との連携もタイミングが取りやすいほか、シ骸化第3段階であれば初撃の踏み込みも強化され、リーチの面でも優秀な技となる。また地上では、上空に飛び上がった後、降下しつつ拳を叩きつける“イビルストリーム”(地上↓+II)が、発生が早く咄嗟の反撃や離脱に向いている。

“リガ―ストライク”(地上↑+II→II)や“ブリザガ”(空中ダッシュ中II)は、スノウの技の中では比較的リーチの長い飛び道具。撃ち合いができるほどの射程はなく、足も止まるため多用は禁物だが、近距離技が届かない距離からの牽制や、虚を突く手段として便利だ。なお、“リガ―ストライク”は一応、1段止めで敵を拘束することが可能。

召喚コアを破壊する場合は、安全なら“グレイブダウン”、中距離からなら“ブリザガ”がオススメだ。

ブリザガ03

HP攻撃について

●“インパクトドライブ”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
シ骸化した腕を敵に叩きつける近距離HP攻撃。突進距離が15メートル弱あり、やや離れた位置から壁激突した際でも追撃できるほか、隙を突いてくり出すのにも向いている。シ骸化第3段階では溜めが可能になり、突進距離がアップ。溜めで出すタイミングをずらし、敵のステップを誘って仕留めるという使いかたも可能になる。

スノウHP攻撃_インパクトドライブ

●“ブルータルアーム”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
敵をつかんで爆発を発生させる、ブレイブダメージ付きの近距離HP攻撃。壁激突からのコンボに使えるが、あまり前進しないので、壁に近い距離で激突させたときに限定される。技のヒットから終了までの動作がとてもコンパクトで、隙が少ないのが魅力。シ骸化が第3段階の場合は、ボタンの長押しで敵をつかむ時間を延ばし、ブレイブダメージを増やせる。ただし、その間は隙を見せることになるので、長押し版は安全な状況でのみ使おう。

スノウHP攻撃_ブルータルアーム

●“災いの拳”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
左スティックを入れた方向(前後左右)にワープしてから敵を殴り付ける、ノクティスの“シフトアサルト”に近しいHP攻撃。ワープ中は無敵で、敵の攻撃をすり抜けられるほか、背後に回ってから攻撃することもできる。ワープを活かした襲撃や、壁激突からの追撃を狙っていこう。ヒット時は、敵のブレイブを徐々に下げるデバフを付与(最大360)。シ骸化が第3段階の場合は、デバフの性能がアップする(最大700)。

スノウHP攻撃_災いの拳

●“ルーラーフィスト”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
飛び上がってから地上へ急降下し、地表で爆発を起こす。ジェクトの“ジェクトフィンガー”のようなHP攻撃で、上空からの奇襲や壁激突後の追撃技として扱いやすい。当たりどころによっては、若干ブレイブダメージを与えられる。シ骸化が第3段階のときは、爆発の範囲が前方に伸びて、やや離れた位置の敵にも当たるようになる。

スノウHP攻撃_ルーラーフィスト

EXスキルについて

最初はふたつの専用EXスキルを使用でき、シ骸化が進行するごとに使える技がひとつずつ増えていく。“カオスゲイザー”以外は、すべてボタンの長押しで発動。溜めの段階が完了するたびにスノウの身体が発光するので、技を出し分ける際の目安にしよう。なお、リキャスト時間はどの技を使ったかは関係なく約45秒。

●カオスゲイザー(シ骸化初期段階から使用可・I)
前方に衝撃波を放つブレイブ攻撃。衝撃波には追尾性能があるが、射程が約10メートルと飛び道具として扱うには短いため、ごく近距離からおもむろに出すのに向く。発動中にキープ値があるので、強引にヒットを狙えるのが強みだ。ヒット時には、汎用EXスキルを封じるデバフを敵に一定時間付与する。デバフの効果時間は約10秒。

カオスゲイザー01

●サンクション(シ骸化初期段階から使用可・I長押し)
20メートル弱まで届く、追尾性能を持った衝撃波派を放つブレイブ攻撃。ヒット時には、汎用EXスキルと専用EXスキルを封じるデバフを敵に一定時間付与する。“カオスゲイザ―”と同じくキープ値を活かして当てるほか、こちらを見ていない敵への不意打ちや仲間のフォローに使うといい。デバフの効果時間は約10秒。

サンクション02

●ダムネイション(シ骸化第2段階から使用可・“サンクション”よりI長押し)
約25メートルまで敵を追尾する遠距離ブレイブ攻撃。スノウにとっては貴重な遠距離攻撃で、ブレイブダメージも申し分ない。発動には多少時間が掛かるので、発動後すぐにターゲットを切り換えるなどして狙いをわかりづらくしよう。ヒット時には、汎用・専用EXスキルを封じ、さらに移動速度を下げるデバフを一定時間付与する。デバフの効果時間は約10秒。

ダムネイション02

●アナイアレイション(シ骸化第3段階から使用可・“ダムネイション”よりI長押し)
追尾性能のある衝撃波を約35メートルまで飛ばす。ブレイブダメージではなく、HPダメージを与えられるため、切り札にもなり得るEXスキルだ。ヒット時には汎用・専用EXを封じ、移動速度を下げたうえで、ターゲットを自身に固定するデバフを与えるのも強力。ほかの技と同じく弾速は速いが、発動には“ダムネイション”以上に時間が掛かる。こちらを見ていない相手を狙ったり、仲間が拘束している敵を狙うなど、当てやすい状況を作ろう。

アナイアレイション03
メインスクショ

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA