ライトニング基本情報

公開日時:2015-11-24 17:00:00

●最終更新日:2016年8月18日
2ndフォーム&着せ替え武器を追加。

FFXIII』シリーズの主人公ライトニング。本作では、接近戦に特化した“アタッカー”と、遠距離戦に特化した“ブラスター”のふたつの“ロール”(ジョブのようなもの)を切り換えて戦う“SPEED”タイプのキャラクターだ。敵と味方の編成に応じて、主力として使うロールを切り換えて戦うおもしろさを秘めている。固有のEXスキル“シーンドライブ”は、敵のブレイブを奪いつつ自身の体力も回復できる攻撃系のスキルとなっている。

【鯨岡ディレクターのコメント】
今回のライトニングは『FFXIII』をベースに、『ライトニング リターンズ FFXIII』までのシステムをブレンドしています。使用できるロールは“アタッカー”と“ブラスター”に絞り、剣と魔法の波状攻撃をするというキャラクターにしました。ロールを変えてもライトニングの機動性能自体は変わりません。状況に合わせて立ち回りを変えられるのが強みですが、その分、ロールの切り換えを意識して戦わなければ、あまり活躍できないで終わってしまうことも……。

ライトニング技表_160204

ライトニング技紹介動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:ライトニング

【基本性能】
本作のライトニングは、近距離特化型の“アタッカー”と遠距離特化型の“ブラスター”のふたつのスタイルを切り換えながら戦うテクニカルなキャラクターとなっている。“オプティマチェンジ”(左スティック押し込み)で、ほとんど隙を見せることなくスタイルを切り換えられるので、敵との距離に応じて得意とするスタイルを選択することが重要だ。3段ジャンプが可能となっており、移動スピードも速いためヒットアンドアウェイで相手を翻弄していこう。

【オススメの立ち回り】
ライトニングの得意とする間合いは、ブラスターモードの“ブリザラ”(空中↑+II)によるけん制が活かせる中間距離。

まずはブラスターモードで遠距離からの接近を試みる。追尾性能が高く3発連続で出せる“ファイア”(地上II>II>II)や、弾速が遅い“ウォタラ”(地上↑+II)をばら撒きつつ、ダッシュで追いかけて距離を詰めよう。空中時は中距離からの“ブリザラ”(空中↑+II)が非常に強力。敵の位置をサーチし、氷結攻撃を仕掛けることができる。ブリザラヒット時は、敵が大きく浮くためダッシュしつつ“オプティマチェンジ”(左スティック押し込み)でアタッカーモードに切り替え、“インパクトブレイク”(空中II>II>II)などで追撃が可能だ。

敵との距離が近い場合は、アタッカーモードに切り換え、ダッシュから鋭い突き攻撃を行う“ビートダウン”(ダッシュ中II)を狙おう。ヒット時はブレイブ攻撃によるキャンセルができるので、“インパクトブレイク”(空中II>II>II)につなげられる。“ビートダウン”(ダッシュ中II)は攻撃の判定が強めなので、敵が近くにいる状況では、つねにアタッカーモードになるクセをつけるといいだろう。

【HP攻撃について】
●“絶影”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
リーチのある突進技。発生、判定ともに優秀で当てやすいHP攻撃となっているので、相手の技の硬直や壁激突時には積極的に当てに行くといい。とくに横方向へ広い攻撃判定を持つので、相手のステップを誘発し、そこを狙うのも効果的。

ライトニングHP攻撃_絶影

●“真空破”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
前方に敵を追い続ける飛び道具を放つ。攻撃判定はそこそこ大きめで、牽制や、壁激突後の追撃など、用途は広い。誘導性能が高く、飛距離も長いので、この攻撃を撃っているだけでも敵へのプレッシャーとなる。

ライトニングHP攻撃_真空破

●“雷光斬”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
目の前に雷を発生させ、ヒットした際に追撃を行う近距離タイプのHP攻撃。発生が非常に早く、相手のちょっとした隙に叩き込めるほか、壁激突後や“ブリザラ”で浮かせた敵への追撃としても使いやすい。ただし、リーチが極端に短いため、単発攻撃として使用する場合は敵にかなり近づく必要がある。間合いを覚えよう。

ライトニングHP攻撃_雷光斬

●“天鳴万雷”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
その場で体の周囲に剣を回転させた後、ロックオンした敵を雷で撃つHP攻撃。攻撃中も移動が可能なので、周囲の状況に合わせて位置取りをしよう。その場から動かないタイプのブレイブ攻撃やHP攻撃を使ってくる敵との相性がいいほか、仲間を援護するのにも使える。

ライトニングHP攻撃_天鳴万雷

※HP攻撃の動画はプレイヤーズサイトの動画と同じものです。

【EXスキルについて】
EXスキルの“シーンドライブ”(地上、空中ともにI)は、発生の速い乱舞技。初段の突進斬りがヒットすると敵をロックしながら連続切りを放つ。さらに、ヒット時はHPを回復する効果があるので、自身の体力が減った場合のリカバリーに使うといい。

01
02
13_聖府軍警備兵 A 13_聖府軍警備兵 B 13_聖府軍警備兵 C

▲聖府軍警備兵A

▲聖府軍警備兵B

▲聖府軍警備兵C

ライトニング_2nd

▲~女神の騎士~

ブレイズエッジ img_weapon_p_tht100_01

▲ブレイズエッジ

▲オメガウェポン

ライトニング_オーバーチュア

▲オーバーチュア

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 初心者の館 ツイッターアカウント