『ディシディア ファイナルファンタジー』プレイインプレッション しんのすけ編

公開日時:2015-11-26 18:00:00

皆さんこんにちは! 週刊ファミ通編集部のしんのすけです。『ガンスト』勢なので、チームゲーは大好物です。さてさて、ついに稼動を迎えた『DFF』。すでにプレイしている方々も多いかと思います。これまでのインプレ記事で、コイチさんやT田さん、リプ斉トンさんが口を揃えて言っていた「おもしれーーーーー!」って気持ちに、たくさんの人が共感してくれているんじゃないかな、とニヤニヤしているところでございます。……て、いうか僕も早く触りたいわけですよ! この記事上げてるってことは、稼動初日にまだゲームプレイしてないわけですから!! 取材やテストプレイで本作を遊ぶ機会は多かったわけですが、とは言えたくさんの人と対戦できる環境ではなかったため、やはり“初心者の館”チームも、稼動日が待ち遠しかったわけなのです。

01

さきほど、「取材やテストプレイで本作を遊ぶ機会は多かった」と書きましたが、僕がこのゲームを最初にプレイしてみていちばん衝撃的だったのが、その手触りのよさ。基本的なシステムは家庭用シリーズを踏襲しているとはいえ、3対3のチーム戦や召喚コアを巡る攻防など、本作にはさまざまな独自のルールが導入されています。勝敗がはっきりと分かれるアーケードのゲームですし、突き詰めれば奥の深い読み合いが発生する(と思う)これらのシステムを、「難しそうだな」とか「よく分からん!」と感じないほど、そもそもキャラクターを動かすのが楽しかったんです。これは、ふだんからゲームセンターで遊ぶ習慣がある人たちが『DFF』をプレイしてくれたなら、とくに共感してもらえる部分じゃないかなと個人的には思っています。ぶっちゃけ、原作の『FF』シリーズを知らなくても、ひとつの対戦ゲームとして、とてもよくできてるな、と。

02

もちろん、原作や登場キャラクターが好きだから、『DFF』の稼動が待ち遠しかったという方々も多いでしょう。そういう人たちにも、このゲームのキャラクターは触っているだけで楽しいと思うんですよね。セシルはジョブチェンジ、ティナはトランス、スコールはジャスト入力……と、彼ら彼女らひとりひとりが原作をモチーフにした固有システムを持っています。それは、遥かな昔に遊んだRPGのキャラクターたちを、実際に自分の手で動かせる! という、高揚感を与えてくれます。また、アーケードゲーマーの目線からだと、この固有システムが対戦のいいアクセントになっているんですよね~。キャラクターのことを理解し始めると、駆け引きが深くなっていくのを感じられるので。

もうひとつ、僕がこのゲームを触っていて衝撃を受けたのが、どのキャラクターもけっこう戦えそう……つまり、明確な“弱キャラ”がいないと思う(もしくは、思える)ことです。ある程度は、タイプの相性や、バトルマップの広さ・高低差で有利不利を感じることはありましたが、どのキャラクターも高いポテンシャルを感じさせます。これはマルチ対戦ゲームの妙とも言えるんですが、味方次第で自分は活躍できるし、自分次第で味方を活躍させることもできる……そういうおもしろさがきっと味わえます。

03

いままで“初心者の館”で記事を更新していると、ユーザーさんからはいろいろは反応をもらいました。その中には、「ゲームが下手だから全国対戦はできなさそう」や「チームの足を引っ張るのが怖い」という意見もちらほら。でもね、これまじめな話、そんなこと考えなくていいと思うんですよ。ゲームに限らず、始めっから超うまい人なんていませんから。“おもしろそうなゲームだから遊んでみよう”と、その気持ちだけあれば大丈夫です。対戦が不安ならひとり用の“ミッション”でゲームに慣れればいいですし、少しゲームに慣れてきて、コンピューター相手じゃ物足りなくなったら“全国対戦”に挑めばそれでよし。僕はこれまでも、ほかの作品で初心者の方々をたくさん見てきました。大学生、社会人になってからゲームセンターデビューした人もたくさん知っています。その方々がどんどん強くなっていくのって、やっぱりゲームが楽しいからなんですよね。“好きこそ物の上手なれ”っていうじゃないですか? 本当にこれ。あ、あとやっぱりゲーセンで知り合いが増えてくると、ゲームも楽しくなっていきます。まぁ、こればっかりはタイミング次第なところがありますが(笑)。

04

後半はあんまり『DFF』のこと書いてない気もしますが、そろそろ締めます。これまでは、ファミ通誌面や特設サイト、Twitterなどで、さまざまな情報を発信してきました。今後も、役に立つ攻略情報や最新情報は、どんどんお届けする予定です。ですが、稼動が始まったゲームは、やはりユーザーさんと双方向でコミュニケーションを取ることが大事だと、個人的には考えています。なので、初心者の館のTwitter公式アカウント はもちろんのこと、ゲームセンターで初心者の館メンバーを見かけたときは、気軽に声をかけてみてください。よっぽど負けまくっているときじゃなければ、にこやかな会話ができるかと思いますので(笑)。マッチングしたら手加減してくださいね! それでは!!

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 初心者の館 ツイッターアカウント