オニオンナイト基本情報

公開日時:2015-11-13 21:56:00

●最終更新日:2017年4月28日
技表を更新、それにともない基本情報も更新。

ファイナルファンタジーIII』より参戦するオニオンナイト。軽い身のこなしと手数の多さが特徴で、当てた攻撃の種類に応じて、たまねぎ剣士から忍者か賢者にジョブチェンジできる。味方に前衛で戦えるキャラクターがいなかったら通常攻撃をたくさん当てて忍者に、逆に遠距離で戦えるタイプが必要であれば魔法を当てて賢者へとジョブチェンジするなど、状況に応じて味方へ貢献できることが楽しいキャラクターだ。

【鯨岡ディレクターのコメント】
物理攻撃は近くから当てるほど、魔法は離れた位置から当てるほど、ジョブチェンジが発生しやすくなります。各攻撃との相性がいい敵を狙うなど、動きかた次第で貢献度が大きく変わると言えます。間合いの調整に便利なクイックダッシュの使いかたを身体に叩き込み、状況に応じてジョブを切り換えられれば完璧ですね。ちなみに今回のコンセプト、じつは1作目の構想段階のものだったりします。本作で8年越しの実現となりました。

0428たまねぎ

【基本性能】
試合開始時はたまねぎ剣士だが、後述の条件を満たすことでジョブチェンジでき、忍者か賢者になれるオニオンナイト。忍者は近距離戦に、賢者は遠距離戦に特化しているので、セットしているHP攻撃や、バトルの状況に応じてどちらのジョブになるかを見極める必要がある。また、たまねぎ剣士、忍者、賢者でブレイブ攻撃がすべて異なるため、覚えることがやや多いのもこのキャラクターの特徴。使いこなすまでに時間はかかるが、やり込めばやり込むほど、キャラクターの真価を実感できるのが、オニオンナイトの魅力なのだ。

【オススメの立ち回り】
物理系のブレイブ&HP攻撃を一定回数当てることで忍者に、魔法系のブレイブ&HP攻撃を一定回数当てることで賢者に、それぞれジョブチェンジするオニオンナイト。どちらかに絞ってジョブチェンジするのもいいが、敵の編成や、状況を見て、どちらのジョブも使いこなしていくのが勝利の鍵だ。たまねぎ剣士の状態では、敵の隙を突くように動き“連続ヒット”(地上II>II)、もしくは“高速ヒット”(空中II>II)を当てていこう。また、味方が攻めている敵へのけん制としてや、攻撃されている味方へのカットなどに“ブリザド”(地上↓+II)や“ファイア”(空中↓+II)で援護していくのもいい。たまねぎ剣士状態では戦局を変えるのは難しいので、いち早くどちらかのジョブにチェンジしたいところだ。
忍者にジョブチェンジした場合は、機動力が上がって3段ジャンプが可能となり、1対1に特化したキャラクターになる。強力になった各種ブレイブ攻撃を、“クイックダッシュ”(ダッシュ中にII)を織り交ぜつつ使い、敵を孤立させよう。“超・連続ヒット”(地上II>II)と“超・高速ヒット”(空中II>II)の突進力を活かして、壁激突&1段目で攻撃を止めての拘束がおもな役割となる。“竜巻斬り”(地上↑+II>II)と“旋風斬”(地上↓+II)は対空攻撃に、“手裏剣”(空中↑+II)と“大車輪”(空中↓+II>II)は攻めのアクセントとして適度に使っていくといい。
遠距離特化型の賢者にジョブチェンジした場合は、誘導性に優れた“ファイガ”(空中II)を中心に立ち回りつつ、敵をゆっくり追尾する“エアロガ”(地上↑+II)や“サンダガ”(空中↑+II)をばら撒くべし。遠距離からイヤらしく攻めることができ、攻撃されている味方のカットなどの援護にも向いている。相手に近づかれそうな場合は、判定の大きな魔法を高速で撃ち出す“フレア”(地上↓+II)や“ホーリー”(空中↓+II)を置いておこう。そうして溜まったブレイブを、高性能のサーチ技であるHP攻撃“メテオ”(地上、空中ともにIV)で吐き出すのが賢者の強みと言える。なお、どの職業でも言えることだが、“クイックダッシュ”(ダッシュ中にII)は行動終了後の隙をダッシュでキャンセル不能となったので、接近戦で多用する際は、確実にブレイブ攻撃が当たるタイミングで出すことが重要だ。

【HP攻撃について】
●“ソード&マジック”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
3種類のジョブで同じHP攻撃を使用するオニオンナイトは、ジョブによりHP攻撃の相性が大きく異なるが、“ソード&マジック”(地上、空中ともにIV)は、オーソドックスな突進攻撃となっており、癖がなく使いやすい。溜めない場合は壁激突からのコンボに、溜める場合は敵のステップを誘発させ、その隙に当てるように振るといい。ちなみにヒットさせると、ジョブチェンジに必要なブレイブ攻撃の回数を、忍者と賢者の両方取得できる。

オニオンナイトHP攻撃_ソード&マジック

●“流剣の舞”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
敵に突進を仕掛け、ヒット時は連続攻撃に派生する技。たまねぎ剣士、賢者時には“ソード&マジック”よりも射程が短く、やや使い難いが、忍者時には射程と攻撃回数が強化されるため、忍者での立ち回りを基本とするプレイヤーにはオススメのHP攻撃だ。忍者時は与えられるブレイブダメージが激増し、EXスキルの“マイティストライク”を併用すれば、一気に敵を倒せる可能性も高い。

オニオンナイトHP攻撃_流剣の舞

●“メテオ”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
ターゲット中の敵の位置をサーチして隕石を降らせるHP攻撃。賢者時には“メテオ”の発生が早くなるとともに攻撃範囲が拡大するので、距離を取って連発するだけでもかなり強力。たまねぎ剣士時には、“メテオ”を2発ヒットさせれば賢者にジョブチェンジできる。賢者になったら、空中で“クイックダッシュ”しながら敵の上空への位置取りをキープしつつ、“メテオ”を連発してプレッシャーをかけよう。

オニオンナイトHP攻撃_メテオ

●“フルバースト”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
オニオンナイトの周囲に衝撃波を発生させるHP攻撃。発生や攻撃範囲はまずまずだが、オニオンナイトの全方位に攻撃を発生させるので、接近するだけで当てやすく、複数の敵に囲まれたときの反撃としても使いやすい。また、忍者もしくは賢者時なら攻撃範囲がかなり拡大されるが、空振りしてしまったとしても使用後にはジョブがたまねぎ剣士に戻ってしまう。 しかし、“フルバースト”をセットすると、ブレイブ攻撃をほぼ1発分させるだけでジョブチェンジできるようになるので、ガンガン使っていってしまっていい。ほかのHPと比べ、EXスキルの“ジョブチェンジ”の効果を最大限に活かせるという強みもある。

オニオンナイトHP攻撃_フルバースト

※HP攻撃の動画はプレイヤーズサイトの動画と同じものです。

【EXスキルについて】
オニオンナイトのEXスキルは“ジョブチェンジ”(地上、空中ともにI)。たまねぎ剣士時には、忍者か賢者にランダムでチェンジ、忍者時には賢者へ、賢者時には忍者へと、それぞれチェンジできる。さらに、忍者か賢者の状態でこのEXスキルを使えば、追加効果が発動し、HPとブレイブが500ずつ上昇する。敵を攻めている状況はもちろん、こちらのパーティライフゲージがひとつになった際の回復手段としても活用できる。

01
02
03
03_たまねぎ剣士 A 03_たまねぎ剣士 B 03_たまねぎ剣士 C

▲たまねぎ剣士A

▲たまねぎ剣士B

▲たまねぎ剣士C

オニオンナイト_2nd

▲~剣を振るう者~

オニオンソード/悠久のつるぎ/悠久のつえ サーペントソード/ゴーレムの杖/阿修羅

▲オニオンソード/悠久のつるぎ/悠久のつえ

▲サーペントソード/阿修羅/ゴーレムの杖

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 初心者の館 ツイッターアカウント