リノア基本情報

公開日時:2018-07-10 23:23:00

●最終更新日:2018年12月12日
基本情報を更新

FFVIII』より参戦を果たすリノア。SHOOTタイプで、アンジェロとともに戦う“コンバイン”状態と、魔女化して強力な魔法の数々を操る“ヴァリー”状態を切り換えながら戦うキャラクターだ。“ヴァリー”状態では高性能な技が揃うが、徐々にリノアのHPが減っていく。戦況を見極め、それぞれの強みを活かして立ち回ろう。

リノア_181205

リノア技動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:リノア

基本の立ち回り

通常時の“コンバイン”は、腕に装着したブラスターエッジでの射撃と、愛犬・アンジェロとの協力技が主体。グライド移動が可能な小回りの効く射撃を活かせる中距離での戦いが得意だ。2000以上のHPダメージを食らうと、固有能力“アンジェロリカバー”が発動し、アンジェロが現れてHPを200回復してくれるというちょっとしたボーナスもある。

開幕の牽制などの遠距離戦では、追尾性能のある“ヴェガブラスト”(地上↑+II)や、突撃したアンジェロが短時間敵を拘束する“アンジェロストライク”(ダッシュ中II)でブレイブを稼いでいこう。“アンジェロストライク”は射程や射角、攻撃判定の持続の面などから使いやすいが、“ヴェガブラスト”のように移動しながらは撃てないので、連発しているとサーチ技で足が止まる瞬間を狙われてしまう。周囲の状況を見ながら使用頻度を調整していこう。

味方と連携するときは、2段止めで拘束できる“ハーピーシュート”(地上 or 空中II>II>II)を活用。出が早めなので、近づく敵への牽制にも向いている。自衛については、地上では目前の足元からアンジェロが跳び上がり、上空の敵にも対処できる“アンジェロコール”(地上↓+II)、空中では正面方向に攻撃を放つ“ケルヴィムショット”(空中↑+II)や“アンジェロキャノン”(空中↓+II、左スティックで射出方向を調整可能)も使える。ただし、“ケルヴィムショット”(空中↑+II)と“アンジェロキャノン”は弾速に優れるものの出るのはやや遅いので、早め早めにくり出そう。コア割りも、このふたつの技が便利だ。

また、“コンバイン”時は、“アンジェロコール”や“アンジェロキャノン”を発動すると、アンジェロが着地点に待機するという特徴がある。アンジェロは20秒が経過するか、“アンジェロラッシュ”(アンジェロ設置時に地上 or 空中↓+II長押し)で、その時点でのロックオン対象に突撃していく。攻撃タイミングを任意に操れるため、少し時間を置いてから突撃させてヒットを狙おう。ただし、待機中に“アンジェロストライク”など、アンジェロが絡むほかの技を出すと設置状態は解除されてしまう点には注意。

ちなみに“アンジェロラッシュ”は、“ハーピーシュート”、“ヴェガブラスト”、“ケルヴィムショット”から続けてくり出せる(同一対象への連続ヒットは困難)。敵を攻撃中にターゲットを切り換え、“アンジェロラッシュ”を発動すれば時間差の少ない波状攻撃も可能だ。アンジェロは待機位置から20メートル強ほど突進できるので、位置関係や射程も把握して運用したい。

召喚獣を呼び出した際や、あとひとり倒せば勝利になるとき、また、高ブレイブを保持している敵がいて早急に削りたいときなどは、専用EXスキル“ヴァリー”で魔女の力を解放して畳み掛けよう。“ヴァリー”を発動するとくり出せる技が一変し、“コンバイン”時より射程や威力に優れた強力な攻撃が可能になる。“ヴァリー”状態の技の多くは魔法判定が強(“ファイガ”、“ブリザガ”、“ウォータ”の2、3段目は中判定)になるため、魔法の撃ち合いにも強い。

“ヴァリー”中は常時HPが減り続けていくが、上記の通り各技が高性能で、発動中はほとんどのHP攻撃の射程が延びるというメリットもある。リスクを負うだけの価値はあるので要所要所で発動したいところ。ただし、“ヴァリー”中はバフ・デバフの効果が強制解除されるため、HPリジェネはもちろん、仲間の固有EXスキルでの回復もできない。倒されてしまっては元も子もないので、身の危険を感じたり、攻撃を継続できない状況になったら、“コンバイン”でもとの状態に戻ってHPリジェネで回復を図ろう。

“ヴァリー”状態では、サーチ技の“ホーリー”(地上↓+II)、追尾性能に優れた空中からの牽制技“フレア”(空中↓+II)、自衛に使える“サンダガ”(空中↓+II)など、大抵の状況に対応できる技が揃っている。なかでも、“ファイガ”(地上II→II→II)と“ブリザガ”(空中II→II→II)は“ハーピーシュート”、“ウォータ”(地上↑+II)は“ヴェガブラスト”として機能する扱いやすいブレイブ攻撃だ。

ほとんどの技の射程が“コンバイン”時より少し長く、移動しながら撃てるため、SHOOTの間合いで立ち回れば反撃も受けづらい。追尾性能の高い"ウォータ"をバラ撒きつつ、味方と連携するときは“ファイガ”と“ブリザガ”の2段止めで拘束を担い、“ヴァリー”の効果時間内に最大限ブレイブを稼げるよう、状況に応じた技を選択して攻めまくろう。

HP攻撃について

●“メルトン”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:1
正面に巨大なエネルギー波を放つ、弾速に優れたHP攻撃。グライド移動が可能で、溜めると発射タイミングを変更できるので、ステップを誘発させて隙を見せたところに叩き込もう。なお、“ヴァリー”時は射程が延長される。

リノアHP攻撃_メルトン

●“アポカリプス”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:2
自身から立ち昇らせた光を、敵の位置につぎつぎと落とすサーチ系HP攻撃。射程は中心点が約20メートルとSHOOTタイプのサーチ攻撃としてはやや短め。ただし、グライド移動による位置調整が行えるほか、ヴァリー時であれば約27.5メートルまで届く長射程の技になる。高いブレイブを所持したら“ヴァリー”状態になり、プレッシャーをかけていくのもいいだろう。連携や敵の隙を突くのに使えるほか、召喚獣の打ち上げ攻撃の追撃も可能。

リノアHP攻撃_アポカリプス

●“メテオ”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:5
直線状につぎつぎと隕石を落とすHP攻撃。弾速に優れ、敵を追うように隕石が落ちていく。射程が長めで誘導するため扱いやすく、“ヴァリー”時であれば30メートルに到達するのも強み。敵の隙を突くのに向いているほか、攻撃されている味方への援護にも使える技だ。適度にバラ撒くだけでも強力だが、グライド移動は可能ながら移動可能な距離は短く、発動中の硬直も長め。敵が近いときにむやみににくり出すのはやめておこう。

リノアHP攻撃_メテオ

●“ウィッシュスター”(地上、空中ともにIV) 習得C.LV:10
アンジェロと一心同体になり、敵に向かって突進するブレイブダメージ付きの近距離HP攻撃。突進距離は短めで、“ヴァリー”時も変わらない。敵の周囲を飛び交いながら攻撃するので、妨害は受けにくいがサーチ攻撃には弱い。なお“ヴァリー”中に発動すると、“コンバイン”状態に切り換わる性質がある。

リノアHP攻撃_ウィッシュスター

EXスキルについて

リノアのEXスキルは、前述の通り“ヴァリー”と“コンバイン”のふたつ。“コンバイン”状態で“ヴァリー”を使うまでには約60秒のリキャストがあり、“ヴァリー”発動後は約15秒で“コンバイン”が使えるようになる。

●“ヴァリー”(コンバイン時、地上、空中ともにI)
約30秒、魔女の力を解放し、下記の5つの効果が発生する。効果時間が経過するか、敵に倒される、EXスキル“コンバイン”の発動、HP攻撃“ウィッシュスター”の発動で効果が切れ、コンバイン状態に戻る。

(1)ブレイブ攻撃が変化し、すべての技の威力がアップ。 射程の長い“ファイガ”や“ブリザガ”、“ウォータ”が使用可能になり、アンジェロを設置する技の代わりに“ホーリー”、“フレア”が使えるようになる。

(2)発動時に自身に掛かっているバフ・デバフが解除される。アンジェロを設置している際に発動すると、アンジェロはいなくなる。

(3)発動中は自身へのすべてのバフ・デバフを無効化する。敵味方問わず、汎用EXスキル、固有EXスキルの効果を受け付けない。

(4)汎用EXスキルの発動ができなくなる。ただしリキャストは通常通り進み、溜まっているゲージも保持される。“テレポ”での離脱もできなくなるので要注意。

(5)発動中、HPが減少し続け、効果時間いっぱいまで使い切るとHPが計1000減る。この効果によってHPが1以下になることはない。

※“ヴァリー”中のHP減少
0~15秒……0.6秒おきに16ずつ減少、計400減少
15~30秒……0.6秒おきに24ずつ減少、計600減少
※バハムート召喚後は、効果時間が少し延び、ダメージが24×3回分増える

●“コンバイン”(ヴァリー時、地上、空中ともにI)
ヴァリー状態からコンバイン状態に戻るEXスキル。“ヴァリー”使用後、即座に使えるようになるわけではなく、攻撃を当ててEXスキルゲージを溜めない限りは最低でも15秒のリキャストが必要(HPは400減る)。

リノア登場

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA