『DFF』に暗闇の雲の参戦! 『TFFAC』1周年のお祝いには植松伸夫氏が登場!! 『DFF公式生放送#12 新キャラ&シアトFF AC 1周年SP』リポート

公開日時:2017-11-02 20:00:00

2017年10月3日に、ニコニコ生放送とYouTubeにて配信された『DFF公式生放送#12 新キャラ&シアトFF AC 1周年SP』。今回の公式生放送では、『ディシディア ファイナルファンタジー』(以下、『DFF』)の新規参戦キャラクター・暗闇の雲が発表されたほか、稼動2周年に向けての企画などが告知された。さらに、番組後半では『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』(以下、『シアトリズムFFAC』)の稼動1周年をお祝いしたりと、盛りだくさんの内容となっていた。まずは、『DFF』パートの内容からお伝えしていこう。

今回の出演者はアナウンサー、ナレーターの郡正夫さん(MC)、“まりんか”の愛称で親しまれている声優の高野麻里佳さん(アシスタントMC)、本作プロデューサーの間一朗氏、ディレクターの鯨岡武生氏、ファミ通編集部のブンブン丸。そして、クリエイティブプロデューサーであり、キャラクターデザインも担当している野村哲也氏もおなじみ天の声として出演した。

01

▲おなじみとなりつつある、まりんかのプチコスプレ。今回はチョコボをイメージした髪形&衣装!

02

▲今回のラインアップがこちら。オープニングトークでは、野村氏が「間Pの誕生日が、じつは10月7日なんですよ。最後にサプライズありますよね?」と牽制(笑)。ちなみに野村氏の誕生日は10月8日!

新キャラ参戦!みんなでワイワイDFF生バトル!

まずはさっそく、新たな参戦キャラクター・暗闇の雲が発表! 女性初のHEAVYタイプとなる暗闇の雲の特徴や、技の性能などが説明されたほか、暗闇の声を担当する池田昌子さんのメッセージも郡さんによって読み上げられた。

03

▲『FFIII』より、暗闇の雲がついに参戦!

04

▲暗闇の雲は、ティナのように時間経過でチャージができ、ブレイブ攻撃を強化できる特性を持っている。

05

▲技動画も公開され、なかでも専用EXスキル“零式 波動砲”にはそのド派手さから、驚きの声が多く挙がっていた。

06

▲暗闇の雲の技表がこちら。チャージ攻撃は、10秒間経過すると自動で溜まり、ブレイブ攻撃のキープ値が瞬時に発生するなど、性能が上昇。SHOOTタイプやSPEEDタイプなどを一方的に攻撃することが可能とのこと。

07

▲池田さんのコメントがこちら。

続いては、暗闇の雲が使用可能な開発バージョンで、ふたつのチームが生バトルをする恒例の対戦コーナーへ。今回も勝利するチームを視聴者の皆さんが予想し、的中させれば豪華プレゼントがゲットできる。戦いに参加するのは、チームスクエニ(間P、鯨岡D、まりんか)と、チームファミ通(河合リヱ、しんのすけ、コイチ)。視聴者予想はチームスクエニに軍配が上がった。

08

▲今回のプレゼントは、マーテリアとスピリタスのシンボルが描かれたトートバッグ!

09

▲チームスクエニは、ヤ・シュトラ(間P)、暗闇の雲(鯨岡D)、ティーダ(まりんか)という構成。

10

▲対するチームファミ通は、エース(河合リヱ)、暗闇の雲(しんのすけ)、ケフカ(コイチ)。久しぶりのダブルシューター編成だ。

11

▲バトルは珍しくチームファミ通がチームワークを発揮して終始圧倒。コイチが「ポンデいこう!」、「こころないポンデ!」(鯨岡Dのプレイヤーネームが、ポン・デ・ライト)などと叫びながら、最後はコイチが“こころないてんし”で動きを止めてからの連携でフィニッシュ! 勝利したのはチームファミ通となった。

また、暗闇の雲の先行解放権をかけて、2017年10月5日より行われた“神々の闘争”第9節にて、溜めたポイントに応じてもらえるほかの報酬についても公開された。

12
13
14

▲500ポイントのプレイヤーアイコンは、原作版の暗闇の雲。

15

▲1250ポイントで獲得できる限定称号は、『FFIII』のオープニングシーンを彷彿とさせるもの。

16

▲2500ポイントでゲットできるプレイヤーアイコンは、リメイク版『FFIII』の4人!

最新バージョンのココが知りたい!

続いては、バージョンアップでの調整について。今回の調整ではキャラクターたちの細かな微調整のほか、召喚獣にも手が加えられている。

17

▲召喚獣はシヴァとバハムートが調整。この調整で、猛威を振るっていたEXスキル“スタミナブレイク”の効果中でも、召喚獣の攻撃を避けられるようになっている。

18

▲セシルとティナは、不具合修正。ジェクトは“クイックブロック”を成功させると、専用EXスキル“ジェクトキャンセル”のリキャスト時間が短くなるという調整に。

19

▲前回のアップデートのおかわりということで、シャントット&ヤ・シュトラに若干の上方修正が加えられた。

20

▲こちらはジェクトの2ndコスチューム。原作のジェクトの衣装となっている。

21

▲ジェクトの新武器は、なんと斧! 『DFF』オリジナルの武器となっていて、鉱石をモチーフにしているという。

22

▲アルティミシアのカラーバリエーションも公開。

23

▲アルティシアの新武器は、各ブレイブ攻撃で飛ぶ魔法の武器が変わるそうだ。

24
25

▲アイコンガチャも第10弾に突入。アルティミシアやファリスなど、注目のアイコンが目白押しだ。

見逃し注意!2周年情報!

続いては、2017年11月26日に稼動2周年を迎える、『DFF』の2周年記念情報。11月26日には、東京・スクウェア・エニックス本社と、大阪・タイトー大阪支社にて、公開生放送イベントを実施することが発表された。大阪会場は東京会場のパブリックビューイングとなっているが、ハザマPや一部の公式プレイヤーも大阪会場に登場するとのことだ。さらに、イベント当日の午前中には、東西戦の対戦イベントも開催!

26
27

▲3人チームでの応募だけでなく、ひとりやふたりで応募してもくじ引きなどでパーティを組めるとのこと。

28

▲また、『シアトリズムFFAC』をプレイして『DFF』のBGMをゲットできるキャンペーンで、取り逃してしまったBGMを貰える新たなキャンペーンも実施される。

帰ってきた!まりんかチャレンジ2nd

まりんかにさまざまなお題を課して、全国対戦で生バトル。課題をクリアーし、まりんかを成長させようという、このコーナー。今回のバトルでは、トッププレイヤーのGomaさんが、まりんかの先生役として登場。まずはGoma先生が、まりんかに覚えてほしいこととして“技を振る前にミニマップを必ずみること”、“味方のブレイブ数値(とくにSHOOTタイプ)を確認すること”、“召喚時は誰を狙うかシンボルチャットで伝えること”という3ポイントをレクチャー。その後、そのポイントを意識しながらの、まりんかチャレンジがスタート!

29
30

▲SHOOTタイプが残念ながらパーティにいないものの、しっかりと自分たちの役割を発揮し、終始敵チームを圧倒するまりんかチーム。危なげなく勝利したまりんかに、Goma先生も「いいティーダでした!」と称賛の声を贈っていた。

いよいよ『DFF』パートも終了のお時間へ。最後には、プレゼント応募用のキーワードが発表されたほか、出演者たちからのお別れのご挨拶で、前半パートは終了となった。

31

▲キーワードは“ポンデいこう!”という、コイチの叫びに決定!

32

▲最後には野村氏の牽制によって急きょ用意することになったらしい、野村氏&間Pの誕生日を祝うサプライズケーキが登場(笑)。

シアトリズムFFAC』パートでは、植松伸夫氏&弘田佳孝氏がプレイを披露!

続いては、『シアトリズムFFAC』の稼動1周年を記念したスペシャルパートがスタート。出演者は郡さんが引き続きMCを務め、ハザマP&まりんかと、ディレクターを務める鈴井匡伸氏もゲストで登場。さらに、今回は特別ゲストとして、『FF』シリーズのサウンドを手掛けてきた植松伸夫氏、弘田佳孝氏(『シアトリズムFFAC』のBGMアレンジなども担当)も出演し、大きな盛り上がりをみせていた。

33

▲ここからのラインアップがこちら。

34 (5)
35

▲『シアトリズムFFAC』の1年を振り返るコーナー。そのなかで弘田氏から「『FF』は静かな曲も多いですが、基本的にはリズムゲームなので、ロックなアレンジにしました」と、制作秘話も飛び出していた。

まずは植松氏、弘田氏が『シアトリズムFFAC』をプレイ! みごとクリアーすれば、視聴者用プレゼントが獲得できる。植松氏は『シアトリズムFFAC』を遊ぶのが今回初めてなことに加えて、プレゼントの期待も掛かっているということで、緊張の表情を浮かべていた。

36
37

▲挑戦する楽曲は『Force your way』で、ペアモードでのプレイ。音楽に合わせて足でリズムを刻んだりと、四苦八苦している様子だったが、みごとチャレンジクリアー! 植松氏も汗をぬぐいながら「よかった~(笑)」と安堵していた。

そしてここで、鈴井Dが弘田氏に「ぜひ新しいアレンジ楽曲を作ってください!」とお願いすると、弘田氏はふたつ返事で「喜んで!」と回答。さらに新楽曲は視聴者に選んで貰おうということで、急きょここで視聴者にアンケートを実施することに。

39

▲4曲の候補が発表され、結果は『FFV』の『ファイナルファンタジーV (メインテーマ)』に決定! こちらは来年実装予定になるとのこと。

植松氏&弘田氏はここで退場し、続いてはトッププレイヤーのA.N.C.B(アンチョビ)さんが登場。スーパープレイを披露していただくコーナーへ。

40

▲A.N.C.Bさんは、以前行われたスコアイベントで1位を獲得している、名実ともにトッププレイヤーだ。

41

▲まずは『マトーヤの洞窟 -シアトリズムFFAC Arrange-』の超絶(最高難易度)をプレイ! 軽々とクリアーするA.N.C.Bさんのプレイに、まりんかも鈴井Dも唖然の様子だった。

42

▲続いて鈴井Dのお願いで、なんと11月に実装を予定している『FFIV』の『バトル2』の超絶をA.N.C.Bさんが初見プレイ。初見でもサクッとSSSランクを達成すると、ハザマPから「ハンパねー!」と驚愕していた。

アップデート情報についても発表された。新たな楽曲や新イベントの告知がされる中、とくに注目されていたのがノーツを隠す“おじゃまでぶチョコボ”モード。楽曲への挑戦がより難しくなるのだが、鈴井Dは「難易度を上げるというよりは、ワイワイと楽しんでほしいモードです」と解説していた。さらに、そのおじゃまでぶチョコボモードを実際にA.N.C.Bさんが初挑戦!

43
44
45

▲こちらは店舗交流会用の新モード。

46

▲各店舗が開催する交流会に参加すると、こちらの称号が獲得できる。

47

▲A.N.C.Bさんが挑むのは、『シーモアバトル』の超絶。曲選択時にアイコンをタッチすれば、でぶチョコボモードになるそうだ。

48

▲音楽に合わせて、めちゃくちゃハネまくるでぶチョコボに出演者たちも大爆笑(笑)。しかし、A.N.C.BさんはしっかりとSSSランクを達成し、鈴井Dも「なんでできるの―!?」とビックリしていた。

49

▲前半パートで告知していた、『シアトリズムFFAC』をプレイして『DFF』のBGMをゲットできるキャンペーンの復刻版がこちら。

50

▲こちらはプレイ回数に応じて、『DFF』の称号がゲットできるキャンペーン。

シアトリズムFFAC』パートもいよいよ終了のお時間へ。最後には、植松氏&弘田氏のチャレンジ達成ということで、視聴者へ『シアトリズムFFAC』トートバッグと、植松氏&弘田氏のサイン入りNESiCAシールをプレゼントし、今回の放送は終了となった。

51
52
53

▲プレゼント応募用のキーワードは、鈴井Dの描いたモーグリ入りで“楽しくシアト♪”。

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』公式サイト 初心者の館 ツイッターアカウント

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

© 2015-2017 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA