ヴァン基本情報

更新日時:2017-01-17 17:51:25

●最終更新日:2016年8月18日
2ndフォームを追加。

FFXII』から参戦するヴァンは、全キャラクターの中で唯一、ふたつのHP攻撃をセットしてバトルに挑める。このHP攻撃は、複数回ヒットさせると性能が強化され、HP攻撃に“融合技”が加わる。さらに、ボタンを押しているあいだブレイブが上昇し続け、一定時間ブレイブの数値が固定される(敵のブレイブ攻撃を受けても数値が下がらない)状態になるEXスキル“ドレッドノート”も発動可能。まさに、HP攻撃に特化したキャラクターと言える。

【鯨岡ディレクターのコメント】
HP攻撃は、原作の“ミストナック”( 必殺技)を連携するシステムがモチーフ。ひたすらHP攻撃を撃ち、当てれば当てるほど強力になっていくという性能に作り変えました。ブレイブ攻撃は少ないのですが、HP攻撃がふたつ使用できるというのが最大の特徴になっています。ほかのキャラクターと比べてHP攻撃をガンガン使うのが強いのですが、そのぶん危険もともないます。HP攻撃を撃つタイミングや、ブレイブの量を考えて戦う必要がありますね。HP攻撃としてのミストナックは原作の3種に加え、オリジナルのものを用意していますので、お楽しみに。

ヴァン0630

ヴァン技紹介動画

【DISSIDIA FINAL FANTASY】バトルムービー:ヴァン

【基本性能】
ブレイブ攻撃の種類が全キャラクターの中でもっとも少ないが、HP攻撃を唯一ふたつセットできるヴァン。ブレイブ攻撃の数は少ないものの、コンボに使いやすい物理攻撃、中距離での牽制に適した魔法攻撃、性能の良いダッシュ攻撃と癖がないものが揃っており、不便さを感じる部分は少ない。ふたつのHP攻撃は任意のものを好みでセットできるので、自分の立ち回りにマッチした組み合わせを選択しよう。

【オススメの立ち回り】
ヴァンは、HP攻撃を一定回数ヒットさせることで、強力な“融合技”が発動し、敵に与えるダメージが増加する仕様となっている。HP攻撃に特化した性能であるため、ブレイブ攻撃の種類は少なく、また当たられるダメージも低い。そのため、自分の持ちブレイブの数値が低い場合でも、積極的にHP攻撃を当てるように立ち回ることが重要となる。
HP攻撃のオススメの組み合わせは、発生の早さが魅力の“クルエルアズール”(地上、空中ともにIVor↓+IV)を主軸に、飛び道具として使える“メルトクリムゾン”か、牽制として扱いやすく事故が起きやすい“カラミティドライブ”をセットするといい。
積極的にブレイブ攻撃を当てにいく場合は突進力の高い“スピードスター”(ダッシュ中にII)が強力。ヒット後に、ダッシュキャンセルは不可能だが、近い距離で壁激突を誘発させられれば、“クルエルアズール”で追撃が可能だ。また、“ソードコンボ”(地上II>II>II)と“ソードラッシュ”(空中II>II>II)は、突進力こそ低いものの、攻撃の発生が“スピードスター”よりも早く、ヒット時にダッシュキャンセルが可能なため、壁激突からのコンボも安定しやすいという長所がある。“ファイア”(地上↓+II)と“サンダー”(空中↓+II)は、牽制として取りあえず打っておく……という認識で使うといいだろう。

【HP攻撃について】
●“レッドスパイラル”(地上、空中ともにIVor↓+IV) 習得C.LV:1
攻撃の発生が速く、上方向まで攻撃判定のあるHP攻撃。壁激突からのコンボに使用できるほか、縦に攻撃が長いので空中から攻めて来る敵への対空技としても重宝する。

ヴァンHP攻撃_レッドスパイラル

●“ディープハザード”(地上、空中ともにIVor↓+IV) 習得C.LV:1
ターゲットに向かってホーミングする竜巻を発生させ、その後、フィールドに停滞させる“ディープハザード”は、乱戦時に使いやすい。一度に複数人に当たる可能性があるだけでなく、最大ふたつの竜巻が一定時間、画面に残り続けるため、狭いフィールドのステージや召喚コアを攻撃している敵に向かって放てば、強いプレッシャーをかけられる技だ。

ヴァンHP攻撃_ディープハザード

●“メルトクリムゾン”(地上、空中ともにIVor↓+IV) 習得C.LV:2
IVボタンの長押しで“溜め”が可能な中・遠距離用の飛び道具。溜めることで攻撃の射程と爆発範囲が強化される。敵の攻撃射程外から当てることも可能なので、こちらを見ていない敵に向かって溜めた状態の“メルトクリムゾン”を放つといい。

ヴァンHP攻撃_メルトクリムゾン

●“クルエルアズール”(地上、空中ともにIVor↓+IV) 習得C.LV:5
射程が短く攻撃の持続も短いが、ヴァンのHP攻撃の中では屈指の発生速度を誇る近接技。近距離で壁激突を誘発した場合の連続攻撃に使えるほか、攻撃の発生速度を活かして敵の攻撃への反撃として使用したり、攻撃後の硬直を見せている敵への奇襲としても使いやすい。また、攻撃ヒット時は一定時間、敵の攻撃力、防御力を減少させるデバフ効果も与えられる。

ヴァンHP攻撃_クルエルアズール

●“カラミティドライブ”(地上、空中ともにIVor↓+IV) 習得C.LV:5
魔法によるビットを発生させ、自動で敵をサーチして攻撃する技。能動的に当てにいけるHP攻撃ではないが、ヴァン自身との波状攻撃が可能で、HP攻撃を2種類使える強みが活きやすいHP攻撃だ。なお、ビットは画面上にひとつしか置けない。

ヴァンHP攻撃_カラミティドライブ

●“グラウンドゼロ”(地上、空中ともにIVor↓+IV) 習得C.LV:10
前面にシールドを展開し、敵のブレイブ攻撃を受け止めて反撃するカウンター技。ほかキャラクターの当身攻撃と同じくIVボタンを押してから一定時間後に当身判定が発生するので、ギリギリまで攻撃を引き付けるなどの使いかたはできない。

ヴァンHP攻撃_グラウンドゼロ

※HP攻撃の動画はプレイヤーズサイトの動画と同じものです。

【EXスキルについて】
EXスキルの“ドレッドノート”(地上、空中ともにI)は、発動からIボタンを押しているあいだ、40刻みでブレイブ値が上昇し続け、一定時間、ブレイブ値が固定されるEXスキル。ブレイブの数値が高い状態で発動すれば、長押しせずとも敵の大きなプレッシャーをかけられる。また、ヴァンのHP攻撃の強化は、1度倒されてしまうとリセットとなるので、試合の後半などで倒されてしまった場合は、“ドレッドノート”で低い火力を補うといった使いかたも有効だ。そのほか、敵に召喚獣を呼び出された状況で使えば、ブレイブの値を下げずに敵の召喚獣をやり過ごせるので、地味に強力だ。

FF12_ヴァンb
FF12_ヴァン
12_かけだしの空賊 A 12_かけだしの空賊 B 12_かけだしの空賊 C

▲かけだしの空賊A

▲かけだしの空賊B

▲かけだしの空賊C

ヴァン_2nd

▲~トラブルヒーロー~

ミスリルソード img_weapon_p_twe100_01

▲ミスリルソード

▲ゾーリンブレイド

この記事の個別URL

『ディシディア ファイナルファンタジー』初心者の館

プロフィール

河合リヱ

『DFF』でゲーセン通いに目覚めた週刊ファミ通副編集長。シャントット様をメインに、SHOOTタイプのキャラをよく使ってます。ほぼソロなので、パーティ出撃での立ち回りも練習したい今日この頃。

コイチ

ゲームを最大限に楽しむ集団“ゴジライン”に所属するアルカディアの残党。ときに格ゲーマー、ときにIT戦士、ときに『DFF』ライターとして活動しています。自称・初心者代表ライトニングとして浅瀬を泳いでいましたが、ケフカが追加されたので本気出して初心者脱却します。

しんのすけ

ゲーセン大好きっ子な週刊ファミ通編集者。自称“器用系”で、『DFF』でもいろいろなキャラクターを触っているけど、相性がいいのはHEAVYタイプのキャラクターだったりする。『DFF』はバージョンアップの周期が早いので、使いたいキャラクターがすぐに変わるんですが、うれしい悲鳴ですたい!

西川くん

生涯で2度、美容師に「『FFVIII』のゼル・ディンの髪型にしてください」と言ったことがある、『FF』シリーズとモンクタイプが大好き系の新人ライター。とか言いつつ、ヴァナ・ディール&エオルゼアでは忍者。ゲームセンターにNESiCAカードを置き忘れて、2回ほどブロンズEからやり直しているうっかり者です。NESiCAカードの置き忘れにご注意クポ!

ブンブン丸

ファミ通のクロスレビュアーであり、さまざまなゲームイベント、配信などにも出演する、あらゆる意味でマルチゲーマー。『FF』シリーズはほぼプレイ。対戦ゲームにも目がないので、“初心者の館”に仲間入り。ちなみにマッチングすると特別称号がもらえますよ!

YU

稼動1年が経過してから、本格的に『DFF』をプレイし始めた途中加入メンバー。メインキャラクターはガーランドだが、ゴリゴリとしたキャラクターが好みというわけではないらしい。いちばん思い入れがあるシリーズが『FFXI』というのもあり、サブキャラとしてシャントットも使う。

リプ斉トン

『FF』シリーズ好きなフリーライター。“初心者の館”の攻略担当。『DFF』では全キャラクターが使えるようになりたいので、満遍なくプレイしています。召喚コアを巡る攻防が好き。いちばん好きなシリーズタイトルは『XII』しかないでしょ!

『ディシディア ファイナルファンタジー』公式サイトはこちら DISSIDIA FINAL FANTASY 公式プレイヤーズサイト 「SANCTUARIUM」 初心者の館 ツイッターアカウント