『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第272回(通算372回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 第7回 アストルティア・ナイト総選挙の結果が発表されましたが、残念ながらヒューザ4連覇ならず! というか、これみんなギャグで投票したのかな? と思うような順位でしたね。

女性と違いバージョン5勢の順位が低く悲しい……。

 1位になったキャラクターに話しかけるとしぐさ書・花を背負うをもらえますよ。

剛獣鬼ガルドドンに挑んできました!

 2020年3月12日に聖守護者の闘戦記の第4弾“剛獣鬼ガルドドン” が実装されました! 2度目の強さ1となった3月15日に挑戦しようとして「パラ入り構成かな」と考えていたのですが、ちょうどその日に「デスマスターを入れた構成がいいらしい!」という情報を得たため、デスマスター、賢者×3という構成で挑んでみました。

 ぶっちゃけ得たのは「デスマスター入りがいいよ!」という、なんとなくフワっとした情報のみ。とりあえずの戦いかたは、

・ターゲットされた仲間が逃げて、ほかの人がガルドドンの移動を抑える壁役に
・蘇生は基本デスマスターが行う
・デスマスターは蘇生時魔力かくせい、蘇生時早詠みの杖を必ずセット
・賢者は回復行動は基本的に行わず、ドルモーアやドルマドンなどで攻撃重視

 こんなことを意識しながら戦ってみたのですが、全員が初挑戦ということもあり、チカラ尽きまくり蘇生しまくりでなかなか攻撃の機会が来ません。

デスマスターに蘇生してもらうと、魔力覚醒や早詠みの杖がかかるため、賢者は蘇生後にすぐ最大火力で攻撃できます。

 理想は壁役がチカラ尽きた瞬間に蘇生すれば、そのまま壁役を継続できるのですが、蘇生が遅れるとガルドドンが動き回って総崩れになりやすいようです。

 けっきょく、初挑戦時はガルドドンのHPを半分も減らすことができず終了。まずはガルドドンの動きを把握するのが先かなあ。

 2回目は、デスマスター、魔法戦士、賢者×2というパーティ構成で挑戦! 壁役は魔法戦士が行い、魔法戦士のフォースブレイクでドルモーアなどの火力を高めるという目的です。あとはMPパサーや必殺技のマジックルーレットも役立ちます。

 ガルドドンは守備力が高いため、フォースブレイクをミスしないためにも攻撃力を可能な限り高めるとよさそうですね。弓を装備してバイキルトを使えば、ミスことはほぼなくなるそうです。魔法戦士がいる場合、デスマスターは蘇生時バイキルトも160スキルでセットしたほうがいいですね。

 1戦目で少しコツをつかめたのか、2戦目ではそこそこいい感じに動けるように!

 やはりフォースブレイクの存在がデカい! 1戦目ではまったくガルドドンの体力を減らせませんでしたが、名前を黄色にすることができました!

 するとここで急襲ジャンプという技が。これは地面の3ヵ所に雷のようなエフェクトを出しつつ、ガルドドンがジャンプして移動する技。ガルドドン自身の攻撃判定がありませんが、ガルドドン着地後に雷のエフェクト内にいるとダメージを受けてマヒや感電の効果を受けるようです。

 ほかにも廻風ローリングを使用。これは廻風陣をふたつ発生させ、定期的にバキューム!を使ってきます。バキューム!は名前の通り、近くにいると引き寄せられるという技。

 それでも順調にダメージを与えられていたので「いけるかも!?」と思ったのですが、壁役の魔法戦士を抜けてきたガルドドンにたたきつぶすを食らい、一気にふたりがチカラ尽きる事態に。

 その後、ジリ貧になり全滅してしまいました。惜しい!

 しかし、なんとなく流れは覚えてきたので、ぼちぼち勝てそうな雰囲気! この勢いのまま即再戦すると、またもや残り10分ほどでガルドドンの名前が黄色に。

 ガルドドンが使う嵐撃シールドは、周囲にダメージを与えつつ自身にマホカンタの効果を付与する技。これに気づかずドルモーアなどを撃つと危険なので、すぐに零の洗礼で消しましょう。

 今度は崩れることなく順調に戦えているので「これはイケそう!」と思ったのですが……。

 分散する災禍で仲間を巻き込んでしまい、一気に崩れます……。

 これが原因で全滅。残念ながら今回はこれでタイムアップ。最後の最後でやらかしてしまった(´;ω;`)。

 というわけで、残念ながら討伐することはできませんでした。ザオが必須の戦術ではあるものの、壁役に引っ掛けて後退しつつダメージを与えていく流れは、ボス戦の基本といった戦いかただと感じました。

 ガルドドンの攻撃の多くは2回攻撃で聖女の守りがあまり機能しないほか範囲攻撃も多いので、しっかりとした位置取りが重要になりそうですね。

 せめて強さ1には勝ちたいので、またしっかり修行しながらリベンジしていきたいと思います。

 それでは、また次回!

※『ドラゴンクエストウォーク』のプレイ日記もよろしくお願いします!
 ⇒『ドラゴンクエストウォーク』プレイ日記

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第271回第270回第269回第268回第267回第266回第265回第264回第263回第262回第261回第260回第259回第258回第257回第256回第255回第254回第253回第252回第251回第250回第249回第248回第247回第246回第245回第244回第243回第242回第241回第240回第239回第238回第237回第236回第235回第234回第233回第232回第231回第230回第229回第228回第227回第226回第225回第224回第223回第222回第221回第220回第219回第218回第217回第216回第215回第214回第213回第212回第211回第210回第209回第208回第207回第206回第205回第204回第203回第202回第201回

第200回第199回第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら