『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第147回) アスフェルド学園の第10話が配信!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第147回(通算247回)。

●今年はカジキ!(とスイカ)

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 2017年9月4日まで、アストルティアでは“第2回 フィッシングコンテスト カジキグランプリ”が開催中です! このイベントには、去年のマグログランプリと同じく、港町レンドア南にいる“釣り師範ナツリ”から専用の釣り具をもらうことで参加できます。今年は“旬のカジキ”と“旬のスイカ”がターゲット!

 さっそく旬のカジキを釣りまくり、1300cm超えのカジキをゲット! サイズ別報酬を全部もらうことができました。しかし、それまでに旬のスイカが釣れた回数はゼロ……。俺の運が悪かったのか、そもそも釣れる確率が低いのかはわかりませんが、旬のスイカを釣るには根気がいりそうですね。旬のスイカにもサイズ別報酬があるので、イベントが終わる前になんとか釣り上げたいと思います!

●アスフェルド学園の第10話が配信!

 前回のプレイ日記に続き、今回もアスフェルド学園のお話。2017年8月23日に第10話が配信されたので、さっそくプレイしてきました!

 遺跡の第三層へ行くと、いつもの光景が……と思ったら彫像が5個に! とりあえず恒例のお宝の写真探しが始まります。

 だんだん写真の場所探しが難しくなっている気が……。

 最初のボスは、デスファイアやヘルファイア、ジゴスパークなど200前後のダメージを受ける範囲攻撃をガンガン使ってきます。仲間と固まっていると危険なので、絶対に距離を離して戦うようにしましょう! というか、写真の難しさだけでなく、敵もかなり強くなっています。さすが第三層……!

 つぎのボスは2体ですが、80程度のダメージを受ける通常攻撃と130前後のダメージを受けるタックルを使ってくる程度。とくに苦戦せずサクっと倒せました。敵の強さのバランスがよくわかりません(笑)。

 おつぎのボスは3体。メダパニーマやラリホーマなど状態異常系の呪文を連発してくるほか、周囲に大ダメージを与えるリーフスラッシュを使ってくる強敵。ツッコミなど状態異常を治す手段がないと、運が悪ければ仲間が状態異常だらけになって全滅する危険もありそうです。まずは状態異常呪文を使う“封印の伝道者”を真っ先に倒してしまいましょう。

 つぎの写真は……と思っていたら、シュメリア先生が写真を撮ることなく目的の場所を仲間たちに告げます。なにやら様子がおかしいですが……? とりあえず告げられた場所へ向かうと宿願のカギを入手。第三層に戻り、封印の守護者との戦いになります。

 タロット魔人のような見た目ですが、攻撃手段も似ています。タロットバッシュで周囲にダメージ+転び効果や、前方直線上を攻撃する回転突撃、回転雷撃などを使ってきます。回転系の攻撃は、予備動作が見えてから左右に移動すれば避けられるので、敵の動きをしっかりと観察しましょう。また、暗黒のきりも使ってくるので、不撓不屈など状態異常を治す手段があれば安心です。

 そのつぎは講堂で、とある人物と戦うことに! ネタバレになるので名前や写真は載せませんが、ここまでの展開で何となく予想はつくと思います……(笑)。

 ちなみにこの戦闘はフランジュとふたりパーティで挑むことになるのですが、その不利を差し引いてもメチャクチャ強いです! ここで初めて全滅してしまいました……。敵の攻撃すべてが即死クラスのダメージで、下手に回復に回るとジリ貧になって全滅してしまいます。幸い、敵のHPは少なめなので、多少強引にでも攻撃してダメージを与えていったところ、なんとか勝利できました。間違いなく第10話の中では最強クラス。もし勝てない場合は、素直にレベルを上げたり、スキルノート集めをしたほうがいいかもしれません。

 これで終わり……? かと思ったら、第三層は彫像が5個あるのでした。最後の彫像のボスは、120前後のダメージを2回与えるツインクローや、前方を攻撃する魔獣の閃光、ほかにはハリケーンやはげしいおたけびなどの範囲攻撃も使ってきます。しかし、どれも100程度のダメージなので、そこまで苦戦しないで倒せるはず。ちなみに、前回の敵を倒した状態のままだと、パーティがフランジュとふたりだけになっています。このボスに挑む前に、対策室でパーティ編成を済ませておきましょう。

 5個目の彫像のボスを倒すと、最終話への気になる伏線が張られて終了となります。

 また、この第10話をクリアーすると、購買部で忠誠のチョーカー、きんのロザリオ、大地の大竜玉が購入できるようになります。パーティメンバーを一気に強化できるので、最終話に向けて準備しておきましょう。

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PS4プレイステーション4 / SwitchNintendo Switch
発売日 PS4版:2017年8月17日発売、Switch版:2017年9月21日発売予定
価格 4800円[税抜](5184円[税込]) ※プレイ料金は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』が同梱 ●購入特典:20日間無料利用券、元気玉10個、ふくびき券30個 ●プレイ料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 iOSiPhone/iPod touch / AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2017年8月28日時点のものです。