『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第122回) レンジャーでダークキングと戯れてきました

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第122回(通算222回)。

●バージョン3.5の大型アップデートが気になる!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 去る2017年2月21日(火)に、ニコニコ生放送で“DQXTV”が放送されました。この原稿執筆時は放送前なので詳しい内容はわかりませんが、バージョン3.5前期の情報、そして2017年の予定が公開されているはず!

 気になるのは、やはりバージョン3.5前期のアップデート時期ですよね。このプレイ日記が掲載されるころには日時も発表され、“目覚めし冒険者の広場”にも、“DQXTV”で発表された内容がまとめられていることでしょう。

 「まだ情報を見てない!」という人がいたら、ぜひチェックしてみてください!

●レンジャーでダークキングと戯れてきました

 前回までのプレイ日記では、新バトルコンテンツ“バトル・ルネッサンス”でグロリア60個を集めるために活躍したレンジャー。昔からレンジャーは好きでしたが、改めてその楽しさを認識できました。

 これまで、俺がよく使う職業はどうぐ使い>レンジャー>戦士という感じでしたが、いまはレンジャー>どうぐ使い>戦士になっています! というわけで、「ほかにもレンジャーで楽しめるコンテンツはないかなぁ」と考えていたところ、ここ数ヵ月間すっかりご無沙汰になっていたダークキングのことを思い出したので、挑戦してみることにしました!

 さっそく楽園に向かったところ、ダークキングの強さは“I”(いちばん弱め)。とりあえず戦ってみる相手としては最適です。俺がレンジャー、残りのメンバー3人はサポート仲間で戦士、バトルマスター、僧侶にしました。

 サポート仲間は毒耐性がなかったので、俺が“弓聖の守り星”をこまめに使っていくことに。ダークキングの“やみのはどう”による状態変化も防げるので、手が空いたら使っていくぐらいの頻度で立ち回りました。

 弓聖の守り星を使っていく以外は、バトル・ルネッサンスのときと同じく、デュアルブレイカーやケルベロスロンド、フェンリルアタックなどで攻撃。仲間がチカラ尽きたら最優先で蘇生し、僧侶の負担を減らします。

 “あんこくのきり”は成功率が低く、ほとんど入りませんでしたが、会心が出れば幻惑にできることもあったので期待を込めて使っていきました。仲間の蘇生をしつつ、上記を含めたチャージ特技を使っていけば、「すべてのチャージ特技がチャージ中」という状況もなく、いい感じで回せました。

 ダーククリスタルを召喚し始めてきても、サポート仲間はスイスイと避けては攻撃を叩き込んでいきます。やばい、俺が知らないうちにサポート仲間が超優秀になってる! むしろ俺が撃ち抜かれてます(笑)。

 安定した戦いでダークキングのHPを減らしていくと、ダークシャウトとダークテンペストを使い始めました。さすがにサポート仲間はダークシャウトを避けてはくれませんでしたが、ダークテンペストはほぼ完璧に避けてくれるので、これまた超優秀!

 そのままダークキングのHPが赤色に。ダークテンペストを使われたとき、サポート仲間は攻撃範囲外ギリギリの位置で行動するので、無駄な動きが一切ないですね。頼もしすぎる!

 結果、1回目の挑戦でいきなりクリアー! 討伐タイムは約9分でした。今回はチャンス特技が発動しませんでしたが、“災禍の陣”を使えば、さらに早く討伐できそう。ダークキングの強さが“II”までなら、サポート仲間だけのパーティでも余裕で勝てそうだと感じました。

 ダークキングとは、ダークグラスの合成で満足のいくものが完成して以来ほとんど戦っていませんでしたが、ダークゼリー集め、そしてリハビリも兼ねてレンジャーで楽しみつつ、また通ってみたいと思います。おもにサポート仲間で“I”と“II”だけですけど……(笑)。

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid / iOSiPhone/iPod touch
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2017年2月21日時点のものです。