『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第184回) 月末は『星ドラ』も『DQX』も大忙し!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第184回(通算284回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 『DQX』とは直接関係ありませんが、5月27日は『星のドラゴンクエスト』(以下、『星ドラ』)で“DQの日”と言われており(※)、お祭り騒ぎのイベントが目白押し! その前日となる2018年5月26日には、『星ドラ』初のリアルイベント“ギガ前夜祭”も開催されました! 前夜祭の参加人数は500人で抽選により決定。個人的に参加したいと思って応募しましたが、残念ながら抽選で外れ……(´;ω;`)当選した皆さん、ぜひ楽しんでください。

※前夜祭で発表されましたが、5月27日が“ドラゴンクエストの日”として日本記念日協会から正式に認定されたようです!

『星ドラ』では、現在『DQXI 過ぎ去りし時を求めて』コラボイベントも開催中です!

 イベントを楽しむのはもちろんですが、この日のために貯め込んだジェムで新装備を手に入れたいと思います! しかし、5月末は大忙しですね。27日は『星ドラ』で新イベントや新装備の実装、29日は『DQライバルズ』で第3弾カードパックが解禁され、30日は『DQX』でバージョン4.2が始動です。すべてプレイしている身としてはうれしい悲鳴。マジで身体が3つくらい欲しいです(笑)。身体と書いてふと思い出し……2018年5月30日は俺が朝から健康診断の予定を入れていました。アップデート直後のスタートダッシュができないや(ノ∀`)。

バージョン4.2でやりたいことをまとめてみました!

※バージョン4.2関連の画像は、すべて“目覚めし冒険者の広場”からの転載です

 この記事が掲載されるころには、バージョン4.2の世界となったアストルティアが賑わっているはず。しかしバージョンアップは水曜日。「週末にじっくりプレイするよ!」という方も大勢いると思います。そこで今回は、バージョン4.2をスムーズに効率よく進めるための簡単な“やることリスト”をまとめました。ぜひプレイの参考にしてください!

その1
レベル上限を解放しよう!

 レベル上限が105まで解放されるクエスト。まだ全職業レベル100になっていない人は後回しでもいいですが、すでに全職業レベルが最大の人は、真っ先にクリアーしたいはず! ただし、レベル上限が一気に5も上がるので、全職業を105まで上げきるには相当な経験値が必要。少しの経験値もムダにしたくありませんよね。でも今回はレベル100解放時のように“クエストのボスがメッチャ強い”的な発表もないので、それほど難しくない……と思います、たぶん(笑)。ちなみに、受注場所は真メルサンディ穀倉帯の星拳士サンサという人物。まずはこちらへ向かいましょう。

その2
ストーリーを楽しむ!

 バージョン4.2のストーリーは、1300年前のオーグリード大陸が舞台。今回で物語が大きく動き出すとのことなので、謎に包まれていた黒衣の剣士の正体がわかったりするかも……!? バージョン4のストーリーは本当におもしろく、続きがすごく気になります。早くプレイしたい!(※)

※くどいようですが、この原稿を書いているのはバージョンアップ前です(´・ω・`)

その3
サブクエストをいろいろ楽しむ!

 バージョン4から追加された連続クエスト“約束の旅人”、“時を巡る命題”も今回新たなクエストが追加されています。“約束の旅人”は新エテーネ村の施設が増えていくので、できるだけ早く済ませたいところ。もしかしたらバージョン4.2のストーリー進行が必要かもしれないので、ストーリー進行後にプレイしたほうが確実かも? また、グランゼドーラ城の“勇者の像”にまつわるクエストも登場。これはおそらく“あの盟友の像”に関する内容ではないでしょうか!? バージョン4.1のストーリーをクリアーした人ならば、なんのことかわかりますよね!

その4
新装備の性能を確かめる!

 新装備の付加効果はバージョンアップ前からすでに判明していますが、攻撃力など細かい性能も気になるところ。新装備はおそらく新たな素材が必要になるので、旅人バザーに出品されるのも少し時間がかかるはず。まずは上記のレベル上限解放やストーリーを進めつつ、こまめに旅人バザーを除くのもいいかもですね。

その5
アストルティア防衛軍にチャレンジする!

 アストルティア防衛軍は、今回実装される新装備を素材で交換できるようになるほか、欲しい武器種を選べるように。さらに各職業の経験値を獲得できる古文書も素材で交換できるなど、とても遊びやすく調整されました。さらに、ツスクルの村を拠点にした、新たな軍団の襲来も! レベル上限を解放してストーリーを終わらせたら、しばらく防衛軍に篭ろうかな……と思うくらい遊びやすくなっています。これまで敬遠しがちだった人も、ぜひ挑戦してみましょう!

その6
新たな仲間モンスターを育てる!

 バージョン4.2で追加される仲間モンスターは、ミステリドール! キラーパンサーがかなりの強さだっただけに、ミステリドールにも超期待しています。“ミステリドールの書”の入手方法はヒミツとされていますが、おそらくこの記事がアップされるころには判明していそう。キラーパンサーのときみたいに、ミステリドールの転生モンスターから入手できるのかな?

その7
あとはお好みでアストルティアライフを満喫する!

 上記までは、おそらくバージョン4.2開始後に必ず済ませておいたほうがいい内容(のはず)。ここからは、プレイヤーごとに気になったものを楽しんでみるといいと思います! 簡単にまとめると、以下のようなものですね。

・バトルルネッサンスに追加された“超強い”ボスとの戦い
・ネコを集めて、ネコカフェのような家を作る新コンテンツ(バージョン4.2ストーリークリアが条件)
・白宝箱に追加された、装備レベル96の武器、盾集め
・バトエンに追加された“なかま対戦”で、フレンドたちとワイワイ遊ぶ
・“お庭用釣り堀”を入手して、自宅の釣り堀に釣った魚を放流する
・写真機の新機能を使って、いろいろなスクリーンショットを撮りまくる!
・1300年前のオーグリード大陸で、新たに追加された魚を釣りまくる!

 などなど。個人的には、バトエンのなかま対戦、そしてネコ集めが気になりますね(俺は犬派ですが)。

 ちなみに、この原稿を書いているバージョンアップ直前の週末は、バージョン4.2前に済ませておけるものを消化。そのなかのひとつ“邪神の宮殿”ですが、5月25日更新で新たなボスの組み合わせが登場しました。

 その名も“災厄神話ギャラリー”! ワイルドフォビズムと災いの神話と戦うことになります。聖守護者が登場以降は天地雷鳴士を出す機会が多くなりましたが、邪神の宮殿でも大活躍ですね。

 パーティ同盟ではカカロンも2体まで(各パーティに1体ずつ)出現できるうえ、ヒーリングオーラも8人全員に効果があるので、もはや全滅する気がしません。というわけであっさりとクリアーして初回報酬をゲットできました。そしてベルトを見てみると……

 ふおぉぉぉぉぉぉ! ツメ装備時、風攻撃ダメージ+13%! キラーパンサーの神装備一歩手前です! これはめざめの鬼石を使うしかない! これで“ツメ装備時、雷攻撃ダメージ+13%”がつけば、キラーパンサーの神器が完成します!

 いくぜ! うおおぉぉぉぉぉ!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

 …………。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

 うおおぉぉぉぉお(´;ω;`)

 それでは、また次回……。

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

ドラゴンクエストX オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows/ニンテンドー3DS/dゲーム
発売日:サービス中
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本タイトルは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』の総称です。各ソフト、各ハードの詳細は下記データを参照ください

ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中(2017年11月16日発売)
価格:3800円[税抜](4104円[税込]) ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本ソフトをプレイするためには、プレイする機種の『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』、または、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ権利(レジストレーションコード)が必要です ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です(※利用券の料金は『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の項に記載) ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:安西崇

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中
価格:4800円[税抜](5184円[税込])   ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』が同梱(※Wii U版はパッケージ版のみ販売) ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●Wii Uベーシックセットで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディアが必須となります ●プレイ利用権の料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版、Wii U版、Windows版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)

ドラゴンクエストX オンライン(ニンテンドー3DS版)
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●ニンテンドー3DS版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●本ソフトをプレイするには、Wi-Fi環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)

ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android/iOS ※詳細は公式サイト参照
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE環境でのプレイを推奨 ●dゲーム版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●本ソフトをプレイするには、docomo回線およびSPモードの契約のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)



(c)2012-2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2018年5月28日時点のものです。