『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第133回) アスフェルド学園第8話が配信!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第133回(通算233回)。

●マイラーになりました!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 遅まきながら、バージョン3.5中期で配信されたマイラー(※マイユの追っかけのこと)のクエスト“真心いっぱいユニフォーム”(受注場所:グレン城下町駅)をクリアーしてきました!


01-1 01-2

 このクエストでは、マイラー3人衆と戦うことになりますが、回避率が高く状態異常系の攻撃も多いので、なめてかかると全滅するかもしれません。レベル96でも、しっかり準備していくことをオススメします。

 クリアー報酬で“マイユTシャツ”、“マイユのうちわ”、“ライトスティック”をゲット。これはマイユ好きにはたまらない装備品ですね! ちょっと恥ずかしいので普段は着ませんけど……(笑)。


●アスフェルド学園第8話が配信!

 2017年5月10日に、アスフェルド学園の第8話が配信されました。第7話が気になる終わりかただったので、配信直後にさっそくプレイ! 今回も、ストーリーのネタバレにならない範囲で、ボス戦中心にリポートしていきたいと思います。


02-1 02-3

 今回の舞台は湖の遺跡内……の入り口。封印されている扉の前にある4つの彫像の鍵穴に合うカギを集めることになります。シュメリア先生からもらった新アイテム“失せものゲッチュ君”で鍵穴の写真を撮り、写真に写った場所を調べて必要なアイテムを入手する流れ。“お宝の写真”と似たような感じですね。


03-1 03-2

 写真に写るのは学園内だけなので、比較的簡単に場所は見つけられるでしょう。その後は願いの想域に行き“宿願のカギ”をゲット。これを遺跡内の鍵穴に差し込みます。


04-1 04-2

 鍵穴にカギを差し込むと、戦闘に突入します。

 第一の彫像の敵は3体いて、“送り風”で全員のテンションを1段階上げてきます。その状態で“桜ふぶき”を食らうと大ダメージを受けるので、HPは全快近くを維持しましょう。“桜ふぶき”には幻惑効果もあるので、“心の叫び”を食らって悪い状態にかかりやすくなっているときは要注意です。


05-1 05-2

 第二の彫像の鍵穴に必要なアイテムはココ。写真と同じ場所を見つけましょう。


06-1 06-2

 ボスは1体。“超ちからため”でテンションを上げた後にイオナズンやメラゾーマを使ってくるので、“零の洗礼”があると楽に戦えます。もしない場合は、敵のテンションが上がったら、仲間と固まらないようにしましょう。また、“じひびき”も使ってきますが、これはジャンプで避けられます。


07-1 07-2

 第三の彫像の鍵穴に必要なアイテムはココ。これでも「わからないよ!」という人は、画面左上にあるエリア名を見ましょう。ほとんど答えですが(笑)。


08-1 08-2

 こちらのボスも1体。“しゃくねつ”や“テールスイング”といった範囲攻撃が多いので、ハッスルダンスなど全体回復手段が欲しいところ。また“痛恨の一撃”も頻繁に出してくるので蘇生手段も必須でしょう。

 “衝撃波”はジャンプで回避できます。ボスがジャンプした後、少し待ってからジャンプしましょう。

そしてこの後、仲間を助けるために……おっと、このシーンはぜひ実際にプレイして自分で確かめてみてください!


10-1 10-2

 第四の彫像の鍵穴に必要なアイテムは、これまでと少々異なります。仲間たちのヒントを頼りに、ふたつの材料を探し出しましょう。


11-1 11-2

 ボスは2体。ベギラゴンや“さみだれ突き”を使ってきます。さみだれ突きは計300近いダメージを受けるので、HPが減っているとチカラ尽きる危険も。また、300ダメージ以上を食らうジバルンバも使ってきます。ジバルンバを設置されたら、必ず設置場所から離れましょう。


12

 第8話最後の戦いは屋上! ここはネタバレ防止ということで写真は掲載しませんが、戦闘直前のカッコイイ学園長をご覧ください。

 最後のボスは、大ダメージを与えてくる範囲攻撃のほか、連続ドルモーアやボディガードなども使用してきます。これまでのボスとは比べ物にならない強さなので、蘇生手段は必ず用意しておきましょう。また、仲間どうしが固まり過ぎないように戦うのがコツです。

 この戦いに勝利すれば第8話が終了。第7話のときは「ついにクライマックスか!?」と思っていましたが、第8話をプレイした感じでは、まだまだ物語は続きそうですね。今回も気になる終わりかただったので、次回を楽しみに待ちたいと思います!


13

 クリアー後はイベントがあり、ジャージをゲット! アスフェルド光章で交換できるアイテムなので、もちろんアストルティアでも着られますよ! 女子キャラクターのブルマ姿が見たい方は、ぜひ第8話をクリアーしましょう。

 それでは、また次回!


●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら


●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回


第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら



ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii U Wii U / Wii Wii / PC Windows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DS ニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Android Android / iOS iPhone/iPod touch
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2017年5月15日時点のものです。