『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第132回)  まもの使いが強ぇぇぇ!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第132回(通算232回)。

●アスフェルド学園最新話が配信!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 2017年5月10日に、アスフェルド学園第8話が配信されます! このプレイ日記が掲載されるときにはもう遊べているはずですね! 第7話が気になる終わりかただったので、俺も楽しみです!


01-1 01-2

※画像は“目覚めし冒険者の広場”からの転載です。

 そして学園指定ジャージが登場! 女性キャラクターはブルマですね。若い人にはなじみが薄いかもしれませんが、おっさん世代は歓喜(?)です!

 また、オータムナイトフェスも同じく5月10日から開催中です。こちらでは、顔アクセサリーの“かいとうの仮面”、“海魔の眼甲”が交換できるようです。ドラゴンビート効果のある海魔の眼甲はぜひ取っておきたいので、学園に通おうと思います!


●まもの使いが強ぇぇぇ!

 バージョン3.5中期の大型アップデートで強化された魔法戦士と、ツメ特技のタイガークロー&ライガークラッシュ。その強さを体感するべく、さっそく海冥主メイヴ(強さは1段階目)に行ってみました!

 パーティ編成は、戦士、まもの使い(俺)、魔法戦士、僧侶。以前挑戦した戦士×2、どうぐ使い、僧侶に比べると、やや攻撃的な編成と言えるでしょうか。


02

 まもの使い(俺)は、まずHPリンクから。どの職業とHPリンクをするのがいいのかな? と考えていたのですが、とりあえず魔法戦士とHPリンクして、お互いチカラ尽きにくい状況を作ってみました。僧侶がメイヴの一撃で倒されてしまうようならば、そちらとHPリンクするが安定だと思いますが、ベストな答えはまだわからず……。


03

 バイキルトがかかった状態のタイガークローで、約780ダメージを与えられました。なかなかですね。


04-1 04-2

 そしてこちらが、ウォークライ+フォースブレイク(耐性は弱低下)でのライガークラッシュ。そのダメージは約5000! これは気持ちいい! タイガークローでは約1500ダメージ。会心のタイガークローで1撃約1200ダメージでした。

 ここ最近のバトルコンテンツでは、レンジャーやどうぐ使いをメインで使っていたので、久々にアタッカー職を使うと、そのダメージにニヤリとします。やっぱ大ダメージを出せるのはいいですね(笑)。


05-1 05-2

 HPリンクのおかげで助かるところもあり、順調な出だし。ゲノムデビルが出ても、守護石の破壊は弓装備の魔法戦士に任せて気にせず攻撃。うーん……楽しい!


06-1 06-2

 そして、まもの使いのもうひとつの利点がこれ、チャンス特技の“災禍の陣”! 災禍の陣に乗った敵は、守備力がゼロ、属性ダメージが1.5倍に増えるという効果があります。そのため、タイガークローやライガークラッシュのダメージを飛躍的に伸ばせるんですね。バイキルトだけかかった状態でライガークラッシュを使ってみたところ、約4700ダメージでした。ちなみにタイガークローで約1500ダメージ。


07

 しかし調子に乗って攻撃し続けていると、反撃を避けられなくなるので気をつけましょう。“ノーキンあるある”です。


08-1 08-2

 そして、自分にデスファウンテンが来るタイミングでビーストモード発動! 黄金色に輝きながらチカラ尽きるの図。


09

 暴走ギガデインはHPリンクしていると、ほぼ巻き添えを食らって共倒れしてしまうので、聖女の守りがあると安心ですね。


10

 久々のアタッカーが楽しくてヒャッハーし過ぎてしまいメンバーに迷惑をかけましたが、それでも勝利を収められました。体感的には、戦士×2、どうぐ使い、僧侶のパーティよりも楽に感じました。


11-1 11-2

 翌日、2段階目の強さのメイヴに挑戦したところ、こちらもすんなりクリアー! 戦士、まもの使い、魔法戦士、僧侶の編成は、十分アリなのではと思いました! ゴールドフィンガーでメイヴのよい効果を消せるのもいいですよね。

 3段階目以上のメイヴが相手だとまた印象が変わってくるかもですが、いろいろなパーティで挑みやすくなったのがいいですね。とりあえずこの編成で3段階目と4段階目のメイヴにも挑戦してみようと思います。

 というか、まもの使いと魔法戦士のコンビが楽しい! 俺はしばらくノーキンモードで過ごします!

 それでは、また次回!


●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら


●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回


第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら



ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii U Wii U / Wii Wii / PC Windows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DS ニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 iOS iPhone/iPod touch / Android Android
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2017年5月8日時点のものです。