『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 バトエン大会に向け練習開始!(第206回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第206回(通算306回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 2018年11月3日に『ドラゴンクエストライバルズ』の全国大会“勇者杯2018秋”が行われました! 名勝負の連続で会場は大盛り上がりでしたが、ついに勇者が登場する新弾発表の盛り上がりもすごかったですね! 

 勇者杯後はプロデューサーの二木達博氏がインタビューに応えてくださり、大会のことや新弾のこと、そしてプライベートなことなどいろいろお伺いしちゃいました。大会リポート含め気になる方は、ぜひご覧になってください!

『ドラゴンクエストライバルズ』“勇者杯2018秋”熱気溢れる会場リポート&第5弾カードパックの詳細を二木プロデューサーに直撃!

人気の対戦デジタルカードゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』の公式全国大会“勇者杯2018秋”の会場リポートをお届け。さらに第5弾カードパック『勇気の英雄譚』について、大会終了後の二木(ふたぎ)プロデューサーに直撃した!

ついに勇者登場ですよ! これはヤバい!

バトエン大会開催!

 2018年11月8日から“バトエン大会”が始まっています! つまり、この記事が掲載される頃には絶賛開催中というわけですね。執筆中はまだ開催前なので、大会に向けてバトエンの勘を取り戻すためリハビリ対戦を行っていました。

 まだモンスターをコンプリートしていません……(´・ω・`)。というわけで、持っているモンスターの中からデッキを組みます。『DQX』のバトエンでは、●と★の2種類のみ。このふたつのタイプに、いかに効率よくダメージを与えるかが重要に。

 ゴーレム、アークデーモン、アモデウスというデッキにしました。道具は上やくそう、マジックスープ。ポイントは、すぐに倒されないようになるべくHPが高めのモンスターで編成。

 ゴーレムは少々●への攻撃手段が多いですが、メルキドの秘宝でHPを増やせたりなど、しぶとさがあります。アークデーモンは、高HPで●★平均的にダメージを与えられるバランスタイプ。アモデウスは、★への攻撃がとても強力ですが、●への攻撃手段が魅了のみ。

 このデッキの作戦としては、ゴーレムとアークデーモンで試合をできるだけ進めていき、10ターン以降の●★関係なくダメージを与えられるようになるクライマックスバトルになったら、アモデウス+道具のマジックスープ(呪文ダメージ+50)を使い、強力な呪文攻撃を相手全員に与えて一気に勝つという流れです。

 アモデウスの"★のみだけど大ダメージを与える"というところを"●★に大ダメージを与える"という強力なキャラにするというのが理想。

 というわけで、さっそくフリー対戦です!

 相手は●2体に★1体。とりあえず、攻撃の目が出れば、いずれかのモンスターにダメージは与えられそうです。

 と思ったら、相手ふたりがいきなりチェンジアタック! とりあえず●と★がいるので大丈夫かな……。

 ゴーレムは、すばやさが1なので行動順がほぼ最後になるのがネックですね……。運が悪いと行動する前に倒されそう。いきなり残りHPが50になってしまいました(笑)。

 ついに俺の番だぜ! と思いエンピツが振られると、まさかのためる。このターンは攻撃せずに、テンションを1段階溜めます。

 行動前に倒されたら悲惨なので、まだ2ターン目ですが上やくそう使用。テンションが溜まってるし、なんとか攻撃は出したい!

 ぎゃあぁあ! 残りHP10に! 上やくそうを使っておいてよかった……。そしてゴーレムの出番!

 きたあぁあ! ★にダメージ90のファイナルブロー! テンションが溜まっているので140ダメージです。一気にモンスター2体を撃破! 超気持ちいい!

 まあ、その後は1ターン寝てしまいますが……。残りHPも10なので、ここはアークデーモンとチェンジ。アークデーモンのチェンジアタックは、●に20ダメージ、★に40ダメージなので、どんな状況でも確実に相手にダメージを与えられるのが便利。

 全員に20ダメージ。地味ですが確実に仕事をしてくれますね。これでひとりはモンスター3体全員倒されてしまったので負けとなり脱落します。

 と思ったら、相手のゴーレムが●に90ダメージのファイナルブロー! 俺のアークデーモンが倒されてしまいました(´;ω;`)。

 ゴーレムは残りHP10でやばそうなので、少し早いですがアモデウスを投入。ゴーレムは寝ているので攻撃される危険がない。★のスライムマデュラのHPを大きく減らせれば勝機は見えるはず。

 ……。ゴーレムの溜めるといい、なぜ初回攻撃してくれないの(´;ω;`)。でも呪文ダメージが+20されたので、運がよければつぎのターンでスライムマデュラを倒せる。これに期待したいところ。

('Д')

 ぎゃあぁ! まだなにも攻撃してないのに倒されちゃう!

 メラミキタ――(゚∀゚)――!! ダメージ50ですが、プリズニャンがスライムマデュラのHPを減らしてくれていたので撃破できました。

 相手ふたりは、残り1体ずつ。俺は残り2体。そしてターンは8に突入。もう少し粘ればアモデウス+マジックスープのコンボで勝負を決められそうです。少しでもターン数を稼ぐため、ここはゴーレムにチェンジしてアモデウスを確実に生かす作戦に。

 と思っていたら、相手の残り1体もアモデウスでした! もしかして俺と同じ作戦かも?

 しかし、相手のアモデウスはクイックケーキを使ってきました。違う作戦だったのかな?

 アモデウスは★への攻撃が強力ですが、いまこの場にいるモンスターは2体とも●。ここはひと安心です。

 プリズニャンは、★に50ダメージのライガークラッシュ。ゴーレムはここで倒されてもいいやと思っていましたが、まさかの生存。これでつぎのターンで倒されても、確実に10ターン目に突入できます!

 9ターン目、プリズニャンにゴーレムが倒されますが、十分の仕事をしてくれました。まさに計算どおり!

 クライマックスバトルにさっそうと登場するアモデウス。そしてマジックスープを使用し、準備は完璧。あとはサイコロ運を祈るだけ!

 ぎゃあぁぁ! 危ねえぇぇ! HP10だけ残った!

 同じすばやさでしたが、相手のアモデウスが先に行動。「これは終わったな……」と思ったら、まさかの魔力かくせい。これには相手も悔しかったはず。

 そして俺の番! 見事メラゾーマを引けたので、相手のモンスターに100ダメージ。

 ヒャッハー! 1位です! まさに作戦通りの展開で、リハビリ1戦目でいきなりトップになれました。このパーティ強いぜ! よし、この調子でバトエンポイントを貯めまくってモンスターをコンプリートしようかな(*'ω'*)。

 どんどん順位が……(´・ω・`)。でも勝っても負けても、どの目が出るかの運要素が高いので、実力で負けた!をは感じにくいので精神的にもヘコみません(負け惜しみ)。
とりあえずバトエンの感覚は戻ってきたので、この勢いでバトエン大会も好成績を収めたいと思います。

それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第205回第204回第203回第202回第201回第200回第199回第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

ドラゴンクエストX オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows/ニンテンドー3DS/dゲーム
発売日:サービス中
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本タイトルは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』の総称です。各ソフト、各ハードの詳細は下記データを参照ください

ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中(2017年11月16日発売)
価格:3800円[税抜](4104円[税込]) ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本ソフトをプレイするためには、プレイする機種の『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』、または、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ権利(レジストレーションコード)が必要です ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です(※利用券の料金は『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の項に記載) ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:安西崇

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中
価格:4800円[税抜](5184円[税込])   ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』が同梱(※Wii U版はパッケージ版のみ販売) ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●Wii Uベーシックセットで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディアが必須となります ●プレイ利用権の料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版、Wii U版、Windows版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)

ドラゴンクエストX オンライン(ニンテンドー3DS版)
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●ニンテンドー3DS版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●本ソフトをプレイするには、Wi-Fi環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)

ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android/iOS ※詳細は公式サイト参照
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE環境でのプレイを推奨 ●dゲーム版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●本ソフトをプレイするには、docomo回線およびSPモードの契約のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)



(c)2012-2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2018年11月5日時点のものです。