『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第233回(通算333回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 2019年6月30日まで『DQライバルズ』とコラボキャンペーンを開催しているのはご存知ですか? 『DQライバルズ』でお題を達成すると、メタル迷宮招待券ふわふわエンゼルがもらえますよ。興味がある人は、ぜひこの機会に遊んでみましょう!

ふわふわエンゼルは傘アイテムなので、ついてクンといっしょに連れまわすことも可能です。かわいいですよ!

魔法戦士のために幻惑100%耐性のダークグラスを作りたい!

 翠将鬼ジェルザークとの戦いを経て、すっかり魔法戦士の楽しさにハマってしまっていますが、じつは幻惑耐性100%のダークグラスを持っていません(´;ω;`)。ジェルザークと戦う際、魔法戦士はフォースブレイクのミスを回避するために幻惑耐性100%が必須なんですよね。そのため、ジェルザーク戦では、ダークグラスに加えて破幻のリングを装備して耐性を100%にしていました。

ダークキング実装時、ダークグラスを合成したら3連続で''こうげき+2''がついたので、頭筋肉の俺は「これでいいじゃん!」と満足し、幻惑100%を作っていなかったんですよ……。

 いまは武刃将軍のゆびわという強力な装備があるので、やはりダークグラスだけで幻惑100%にしたい! といまさらながら思い立ったわけです。で、どうせなら魔法戦士で楽しみながらソロでレグナライトを集めたいと思い、以下のパーティを結成!

・魔法戦士(自分)
・ドラキー(仲間モンスター)
・僧侶(サポート仲間)
・天地雷鳴士(サポート仲間)

 メインの火力はドラキーのドルモーアになるので、スキルはとにかく火力重視。「“ちりょう”で蘇生呪文も覚えさせよう^^」なんて甘っちょろいことはしません。

とにかくドルモーアの威力を高める! 使用特技も潔く、ドルモーアとまりょくのうたのみ。りゅうせいよびは、複数の敵が出てくるときには使ってもいいかも。

 上記のようにスキルを振り、ひと通り武具を装備したステータスがこちら。

 回復や蘇生はサポート仲間の僧侶と天地雷鳴士に任せて、自分(魔法戦士)とドラキーでヒャッホイしようぜ、という戦いかたですね。というわけで、さっそくレグナライト集めのためダークキングに挑戦。魔法戦士の仕事は……

・自分にバイキルト
・マジックアローで呪文耐性を2段階低下させる
・フォースブレイク
・クロックチャージ
・弓聖の守り星をこまめに使い、毒や各種状態変化を防ぐ
・フォースブレイク後は、ダークネスショットとシャイニングボウで攻撃
・MPパサーや必殺技でパーティのMPを管理

 こんな感じでしょうか。もっとも重要となるのはフォースブレイク。使用可能になったらすぐに撃ち込みダメージを稼ぎたいところ。

宝珠込みでもマジックアローは少々効きにくいので、発動するまで連射しましょう。これでドルモーアのダメージが約1600に。ドラキーの火力が一気に上がります。

 フォースブレイク成功時は、ドラキーのドルモーアがダメージキャップの2999連発! 自分のダークネスショットなども大ダメージを出せるのでメチャ楽しいです。

写真はフォースブレイクで“少し耐性が下がった”状態。これでもドラキーのドルモーアで約2600、ダークネスショットで約1400ほど出ます。

 スティック装備の天地雷鳴士を借りておけば、僧侶と併せて余裕があるときにキラキラポーンを使ってくれるので、弓聖の守り星を使えない状況でも安心。ちなみに天地雷鳴士の作戦はいのちだいじににしておきましょう。

作戦“いのちだいじに”でカカロンを召喚してくれます。やはりカカロン様は優秀。フォースブレイク時は、マヒャドも十分なダメージソースに!

 上記の流れで魔法戦士を楽しんでいるだけで、仲間モンスターやサポート仲間たちがバリバリと働き、ダークキングを追い詰めてくれますよ。

とくに危なげなく勝利!

 「あれ? こんなに弱かったっけ?」というくらい簡単に倒せてしまいました。予想外に余裕だったので、今度は海冥主メイヴに挑戦!

 メイヴ戦でも、魔法戦士の戦いかたはダークキングとまったく同じ。注意点は、メイヴは自身を中心とした範囲攻撃を多く持つのであまり近づいた状況で行動しないことでしょうか。

まぁ、弓装備だから近づくこともないんですけどね。

 体感ですが、マジックアローはダークキングに比べると少し効きやすい感じがしました。そのためダークキングに比べると行動に余裕が生まれることが多く、さみだれうちで攻撃も。ちなみに、さみだれうちはフォースを使わず無属性のまま攻撃しましょう。メイヴは全属性に耐性を持つので、さみだれうちのダメージが低くなってしまいます。フォースブレイク中はダークネスショットとシャイニングボウがメインなので、フォースを使わずとも属性攻撃になりダメージが増えますよ。

 順調にメイヴの体力を減らしているとゲノムバースを使ってきました。久しぶりに戦ったので「こんな技あったなぁ」と懐かしんでいると、青or黄なる海冥の浸食を発動。「やべぇ、これどうやって避けるんだっけ?」と焦っていると、仲間モンスターやサポート仲間がササッと周囲の色と同じ色のクリスタルに向かって移動していきました。

 「あー、なるほど。同じ色のクリスタルの近くにいればダメージを受けずに済むんだっけ」と思い出し回避成功。というか、サポート仲間はここまで優秀になっているんですね。ダークキングのレーザーを食らいまくっていたサポート仲間が懐かしい……(笑)。

途中からギガデインを使ってきますが、仲間を巻き込まないように食らえば全然ヨユー! 最後の最後に僧侶と天地雷鳴士が同時にチカラ尽き「やばっ」と思いましたが、やっぱりヨユーでした。

 冒険者たちが強くなったのも理由でしょうが、それ以上にサポート仲間のAIが優秀過ぎますね! ちなみに今回はどちらも強さ1と戦いましたが強さ2もあまり差は感じられず簡単に倒せました。強さ3だと運が悪いと全滅しちゃうかな? という感じ。属性耐性とHPが増えているので長期戦になり、事故が起きやすくなりますね。強さ4はかなり厳しいので避けたほうがいいかも? 

 ともあれ、強さ1と2のダークキングとメイヴを倒しているだけでもレグナライトは結構溜められます。強さチェックを欠かさずに、強さ1と2、ログインする時間があるときは強さ3のダークキングとメイヴを倒すこと約3週間、ついに幻惑100%のダークグラスが完成しました!

やったぜ! やはり装備1ヵ所で100%耐性は便利ですね!

 メチャメチャいまさら感がありますが、ソロでも簡単に作れる時代になっているので、もし幻惑100%のダークグラスを持っていない人は、ぜひ魔法戦士を楽しみながらレグナライトを集めてみてはいかがでしょうか?

 え? 常闇の竜レグナードは戦わないのかって?

チカラ尽きては生き返るのくり返しで、魔法戦士とサポート仲間の構成では勝てる気がしませんでした……。

 今回は魔法戦士で戦うことを前提にしていたので、レグナードはどうしても無理だったんですよね。一撃のダメージが大きすぎるのでまともに戦えません。レグナードだけは、いまもパーティにパラディンを入れて抑え込む作戦じゃないときびしそう。

 「少しでも早くレグナライトを集めたい!」という人は、自分がパラディンに転職してレグナードを抑え込み、仲間モンスターやサポート仲間に攻撃してもらいましょう。しかし魔法戦士は楽しいなぁ。今度はどんな敵と戦おうかな……。

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちら(http://www.famitsu.com/news/201509/29089626.html])からダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら(http://www.famitsu.com/sp/140421_dqx/

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第232回第231回第230回第229回第228回第227回第226回第225回第224回第223回第222回第221回第220回第219回第218回第217回第216回第215回第214回第213回第212回第211回第210回第209回第208回第207回第206回第205回第204回第203回第202回第201回

第200回第199回第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら