『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第256回(通算356回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! (原稿執筆中の現時点では実装前ですが)2019年11月20日は、新コインボスのドラゴンが登場ですね! ドラゴンから入手できるアクセサリーは2個あり、そのうち1個は被ダメージを30減らす基礎効果を持つ竜のうろこと判明しています。万魔の塔との相性が最高なので、かなりの冒険者が挑戦しそう。というか絶対欲しいでしょ、これ!

※画像は“目覚めし冒険者の広場”からの転載です。

万魔の塔に挑戦したらメチャメチャ楽しいコンテンツだった!

 2019年11月11日に開放された新コンテンツである万魔の塔。つぎつぎと出現してくるモンスターを制限時間内に倒しまくりスコアを競うという内容。バージョン5のメインコンテンツのひとつでもあるので、さっそく万魔の塔へ行ってきました!

万魔の塔は、砂の都ファラザードの裏通りにいるギラムに話しかけることで移動可能。アビスゲートも用意されています。

 万魔の塔の入り口部分である始覚の間では、パーティを完全回復できるほか、預り所や転職、サポート仲間を捜すことも可能。スキル振りも含め、すべてこの場所で済ませられるのが助かりますね(160以降のスキルセットはできませんが)。

 そして中央にいるギラムに話しかけることで万魔の塔に挑戦できます。ちなみに万魔の塔は一の災壇、二の災壇、三の災壇があり、数字が多くなるほど難しくなるようです。また、ハイスコア報酬も確認できました。

 とりあえず目標は2個目の万魔の箱がもらえる15万ポイントでしょうか? なにはともあれ戦ってみないとどんな内容かわからないのでさっそく挑戦です! 

 敵がワラワラ出てくるというのは事前情報で判明していたので、自分がデスマスター、サポート仲間にハンマー二刀流のバトルマスターふたり、そして旅芸人というパーティ構成に。ハンマーは、ターゲットを指定しないタイプの範囲攻撃ランドインパクトを持っているので、万魔の塔のようなコンテンツと相性がいいですよね。

もちろん最初は一の災壇へ。怖いので(笑)。

 まずはゴーストを召喚して、自分は冥王のかまで攻撃しまくろうかなと思いましたが、やはりターゲットを指定するタイプの範囲攻撃は少々使いにくさを感じます。ターゲットを指定してもサポート仲間が倒してしまい攻撃が中断されたり、また近接攻撃なので敵の目の前まで移動するというロスもあり、なかなか攻撃で貢献できず……。

序盤の敵は弱いため、サポート仲間がガンガン倒していきます。自分はなにもできない(笑)。

 敵は第〇の災いというように数字が変わっていくタイミングで大量に出現。そして5の倍数では、時増の〇〇という強敵が出現。コイツを倒せば制限時間が1分延長されるという仕組みです。

 敵は一定時間が経過すると逃げてしまうので、逃げられる前に倒しきる必要があります。火力も重要になりますね。火力で言い忘れていましたが、ピラミッドや万魔の塔のように敵が大量に出現するコンテンツでは、顔アクセサリーは機神の眼甲一択ですね! テンションがモリモリ上がるので火力を大幅に増やせますよ。そしてデスマスターも、デスパワーがガンガン溜まるので死霊を常時強化できます。これは楽しい!

 ある程度戦っていると、ギラムが退避エリアである安息の領域へ入れるようにしてくれます。

 ここへ逃げ込めば、それまでに獲得したスコアでクリアー可能。どれだけ高スコアを稼いでも全滅してしまうと失敗扱いとなりスコアは記録されないので、「きびしそう」と判断したら安息の領域へ逃げるのも作戦のひとつとしてアリです。ちなみにクリアー条件は、下記の3種類が用意されています。

■クリアー条件
・完全制覇・・・出現する全てのモンスターを討伐する
・制覇・・・制限時間内まで生き残る
・生還・・・退避エリアの安息の領域に、パーティメンバーの誰かひとりが移動する

 話を戻します。一の災壇を順調に進めていたのですが、第十の災いを越えたあたりから急に敵の攻撃が激しくなり、チカラ尽きることが増えてきました。

 「なんかヤバそうだから生還狙いで逃げるか……」と思い安息の領域へ向かうも、移動中に集中砲火を浴びてチカラ尽きた……。蘇生手段を持つ旅芸人もチカラ尽きてしまったので、残りのサポート仲間が全滅するのを眺めるしかない状況に。

チーン……(´;ω;`)。

 というわけで、万魔の塔初挑戦は失敗という結果に終わりました(泣)。

すべてが無に……ウゴゴゴ。

 とりあえずプレイした結果、敵からは小さめのダメージを数多く食らうような状況だったので、賢者のいやしの雨きせきの雨が活躍するんじゃないか? と思い、つぎは自分が賢者、そしてサポート仲間3人をバトルマスターにして挑戦! 

 ダメージの一部をモリモリ回復でき、自分はベホマラーを優先して使っているおかげで、敵をガンガン倒せます! なんといってもバトルマスター3人ですからね! これはヒャッホイできそうだぜ!

 と思ったら、時増しの魔鳥の攻撃をモロに食らい賢者がチカラ尽きてしまいました。「あ、これ蘇生無理じゃん……」というわけで2回目の全滅(´;ω;`)。

 やはり蘇生ひとりは事故が怖いので、ふたりは入れておきたいですね。ということで、今度は自分が天地雷鳴士、サポート仲間をバトルマスターふたり、賢者ひとりにしてみました。

 回復や蘇生の判断はサポート仲間が超早くて優秀なので、回復役はサポート仲間のほうがいいのかな? とも考えたので。自分はカカロンを呼び、あとはめいどうふうまで攻撃に参加しようという作戦。これが思いのほか大当たり!

 カカロンがいれば万が一賢者がチカラ尽きても安心だし、自分はめいどうふうまで攻撃できるので火力枠として動けます。めいどうふうまは攻撃の射程が長く範囲も広いので、遠くにいる複数の敵も楽に倒せるんですよね。時間のロスがなく仲間に先に倒され行動が中段される状況も少ないのでストレスフリー!

 その後順調に敵を倒し続け、第二十の災いの敵をせん滅させたらクリアー! 完全制覇に成功しました!

やったぜ完全制覇!
いろいろなボーナス込みで、9万5467というハイスコアを出せました!

 このパーティ構成は当たりかも! ということでつぎは二の災壇に挑戦! 序盤から敵の火力が少し高いかな? と感じましたが、一の災壇とそれほど変わらない印象。順調に敵をせん滅させながら進めていきます。

 しかし、第十四の災いの敵が出現後、安定していたパーティが突如半壊。そしてあっと言う間に全滅……。

な、なにが起きた……。

 さすが二の災壇、一の災壇のようにはいきませんでした……。時間的にも、サポート仲間3人では、二の災壇の完全制覇は無理そう。というわけで、制限時間切れまで生き残る制覇狙いで再挑戦し、なんとか制限時間切れまで生存できました!

ふう……今回はこのくらいにしておいてやるぜ(ハァハァ)。

 これで一の災壇が95467、二の災壇52871となり、合計で14万8338。15万報酬で万魔の箱がもらえるので、残り1662ポイント欲しい! 一の災壇か二の災壇を再挑戦して記録を塗り替えようとも思いましたが「三の災壇でサクッと2000くらい稼いで逃げ帰ればいいんじゃね?」と名案が浮かびました。しかし……

 安息の領域が開放される前に全滅してしまうという事態に。敵が強い、強すぎる……(´;ω;`)。

 でも残り1662なので諦めきれない! 賢者のさくせんをバッチリがんばれからいのちだいじにへ変更し、意地でも安息の領域が開放されるまで粘ることに。もう一の災壇か二の災壇を再挑戦とかどうでもいいんです。三の災壇で逃げ帰りたい!

よし、安息の領域への道が開くぜ!
うおおおぉぉぉー!

 やったぜ4064ポイント! というわけで、2個目の万魔の箱をもらえました!

 さっそく万魔の箱をふたつ開けたところ、1個目は万魔の紋章の破片5個、2個目はハルファスの紋章。性能を見たところ、HPとこうげき力が上がる紋章のようです。これは物理職にはありがたい紋章ですね!

※原稿執筆時は万魔の箱から紋章の破片が出ることがありましたが、現在は万魔の箱からはアクセサリーのみが出現するよう変更されています

つぎはバトルマスターで挑戦してみようかな!

 万魔の塔は久々の乱獲コンテンツ、そしてボス戦とはまったく違う攻略法や戦いかたができるので、イロイロな職業を試しつつ楽しめました。スキルポイントの改修が行われたおかげで、複数の職業を気軽に変えながら楽しめるのもありがたいです。

 ハイスコア報酬に関しては、プレイヤーどうしでパーティを組めば30万ポイントを狙えるとは思いますが、サポート仲間メインの場合は、2個目の万魔の箱をもらえる15万ポイントを目標にがんばるといいかもしれませんね。

 しかし本当に楽しかった! 気づくと「つぎはどの職業で遊ぼうかなぁ?」と考えてしまっているほどです。皆さんも、ぜひ万魔の塔のハチャメチャな戦闘を楽しんでみてくださいね!

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第255回第254回第253回第252回第251回第250回第249回第248回第247回第246回第245回第244回第243回第242回第241回第240回第239回第238回第237回第236回第235回第234回第233回第232回第231回第230回第229回第228回第227回第226回第225回第224回第223回第222回第221回第220回第219回第218回第217回第216回第215回第214回第213回第212回第211回第210回第209回第208回第207回第206回第205回第204回第203回第202回第201回

第200回第199回第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら