『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記 バージョン4.4アップデートが超早かった!(第210回)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第210回(通算310回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! “第10回アストルティア★ハッピーくじ『年末大勝負くじ2018』”の販売が開催されました! 2018年12月21日の12時までは購入できますが、お目当ての場所で購入したい場合は、早めの行動を。

※以下の画像は、すべて“目覚めし冒険者の広場”からの転載です

 今年こそは参加賞以外を当てたいところ。各町でバラバラに買うべきか? しかし一点買いは、3等のお楽しみ賞が当たったときのうれしさも。もう少し悩んでみようかな……。

なんとすでにバージョン4.4にアップデート済です!

 2018年11月28日に放送された“超DQXTV”で、まさかの発表が。「バージョン4.4の新情報、楽しみだな~」と思いつつ観ていたのですが、アップデートがなんと2018年12月5日! そう、この記事が掲載されるころには、すでにアストルティアはバージョン4.4の世界になっているのです。これまでのアップデートは放送後2~3週間後という流れでしたが、今回はなんと放送からわずか1週間後。うれしい半面、いろいろと焦っております。

 発表から実装までがとても短かったので、あまり情報を耳にしていない人もいるはず。ここでは恒例の、バージョンアップ情報から個人的に気になったものを意見も交えつつまとめていきたいと思います。すでにプレイ中の方も、おさらいのつもりで読んでいただければ幸いです。

■新ストーリーはプクリポの大陸!

 メインストーリーは“うつろなる花のゆりかごのおはなし”。プクランド大陸が舞台で、いよいよストーリーも終局へ! 毎回言っていることですが、バージョン4のストーリーは超面白くて続きが気になりまくっているので、早くプレイしたい!(この記事が掲載されているころには、もう堪能しているはず) ちなみに今回のストーリーを進めるにはメギストリスの外伝クエスト“栄光に隠された闇”を終わらせている必要がありますよ。

■新コンテンツ バトルトリニティ実装!

 イメージイラストだけ公開されて、ずっと謎に包まれていたコンテンツ。気になるその内容は、5人パーティの3チームが三つ巴で得点を競い合う競技のようです。

 ステージ内にある“ジュエル”を集めて自軍の“トライロック”に入れるとポイント。ほかにも、モンスターを召喚してトライロックを護らせたり、みずから相手プレイヤーを攻撃したり。3チームで競い合うことになるので、かなりワチャワチャと賑やかになりそうです。

 報酬にはゴールドに換金できる“黄金の花びら”のほか、25000経験値を獲得できる“経験値の聖典”も入手可能。コンテンツを楽しんでいるだけで職業のレベルを上げられるのはいいですね。あとドレスアップ用の装備などももらえるようです。ストーリーを終わらせたら、最優先でプレイしてみよう!

■いつものクエストの続きも

 新しいサブクエストのほか、“約束の旅人”シリーズや“時を巡る命題”シリーズの続きもあるそうです。新エテーネの村が、もう十分すぎるほど充実してきたのですが、これ以上なにが増えるんですかね。いま以上に便利になるのは間違いないので楽しみです。

■なんとレベル上限解放!

 個人的には、この情報にいちばん驚きました。バージョン4.3のころ、ディレクターの安西氏が「レベル上限解放はバージョン4.4では行いません」と言っていたからです。この言葉を信じて「じゃあバージョン4.5までに全職カンストするペースで十分だな」と思ってレベル上げのペースを落としていたんですよね。しかし、バージョン4.4でまさかのレベル上限解放。

 たしかにバージョン4.3のころ、安西氏が「プレイヤーの状況次第ではバージョン4.4にレベル上限解放するかもね」とも言っていたのですが、まさか本当にするとは。うれしい反面、まだ全職のレベルがカンストしていない焦りが。そして今回は発表から実装までが1週間しかないということもあり、今回はバージョンアップまでに全職カンストは間に合わなさそうです……。今度からは少し余裕をもって経験値稼ぎをしておこう。

 でもレベル上限解放自体はうれしいし、カンストが追いついていなくてもとくに困らないですけどね。そして、今回から一度の戦闘で手に入る獲得経験値の上限が19万9999から29万9999になりました。メタル迷宮などで、より経験値を稼ぎやすくなるので急いでレベルを上げずに温存しておいてよかった!(と自分を言い聞かせてみる)。

■新武器・盾が実装

 装備レベル100の武器と盾が実装されます。今回の装備は、どれも見た目がゴツくてカッコイイですね。性能も気になります。また、新装備の実装に合わせて、新たな錬金石“紫の錬金石”が実装されるようです。

■邪神の宮殿が変わる!?

 バージョンアップ後、邪神の宮殿になにか変化があるようです。新たなバトルコンテンツが増えるのでしょうか……。育てたキャラクターを思う存分戦わせられるコンテンツなら大歓迎です!

■地味に助かる封印効果の上限増加

 輝石のベルトの封印効果の数が35個から40個に増えます。まだまだ輝石のベルトでも欲しい性能はあるので、これはありがたい! 超おでかけ便利ツールに溜め込んでいる竜箱や天箱をさっそく開けようかと思います。

■達人のオーブ機能の改修・続

 前回に続き、達人のオーブ改修。今回は未鑑定宝珠をそのまま引き取ってもらえたり、宝珠レベルをまとめてリセットできたり各演出時間を短縮など、時短メインの改修のようですね。こういう時間はチリツモなので、長い目で見れば助かります。

■夢のアクセサリー箱2が実装

 これまでの夢のアクセサリー箱は比較的古いアクセサリーのみが対象でしたが、今回実装される“2”は、比較的新しいアクセサリーのみが対象になっています。まだ理論値が完成していないアクセサリーがいくつかあるので、これもうれしい! そして現在販売中の“第10回アストルティア★ハッピーくじ『年末大勝負くじ2018』”のお楽しみ賞は、この“2”がもらえるんですよね。同じ町の1点買いで10個を狙うべきか、記事の冒頭で悩んでいた理由はここにあったりします(笑)。

 そして、魔法の迷宮で戦う既存の“プチ”ボスの報酬にも手が加えられたほか、アクセサリー合成の確率にも調整が。簡単に言うと、アクセサリーが取りやすくなって合成で当たりがつきやすくなりました。まだ理論値のアクセサリーが完成していない人は、かなり助かる調整ですね。

■ほかにも要素が多すぎて書ききれなーい!

 バージョン4.4アップデート当日に実装されるものは、ほかにもまだまだあります。そしてバージョン4.4中には、新コインボス“ゴレオン将軍”や“アストルティア・キャラクターズファイル 第4弾”でパクレ警部が登場など、気になるものがたくさん実装予定。

 皆さんも突如発表された大型アップデートにうれしい悲鳴を上げていると思いますが、今年の年末も“DQ三昧”で過ごしましょう。

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちら(http://www.famitsu.com/news/201509/29089626.html])からダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら(http://www.famitsu.com/sp/140421_dqx/

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第209回第208回第207回第206回第205回第204回第203回第202回第201回第200回第199回第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

ドラゴンクエストX オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows/ニンテンドー3DS/dゲーム
発売日:サービス中
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本タイトルは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』の総称です。各ソフト、各ハードの詳細は下記データを参照ください

ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中(2017年11月16日発売)
価格:3800円[税抜](4104円[税込]) ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本ソフトをプレイするためには、プレイする機種の『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』、または、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ権利(レジストレーションコード)が必要です ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です(※利用券の料金は『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の項に記載) ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:安西崇

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中
価格:4800円[税抜](5184円[税込])   ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』が同梱(※Wii U版はパッケージ版のみ販売) ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●Wii Uベーシックセットで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディアが必須となります ●プレイ利用権の料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版、Wii U版、Windows版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)

ドラゴンクエストX オンライン(ニンテンドー3DS版)
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●ニンテンドー3DS版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●本ソフトをプレイするには、Wi-Fi環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)

ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android/iOS ※詳細は公式サイト参照
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE環境でのプレイを推奨 ●dゲーム版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●本ソフトをプレイするには、docomo回線およびSPモードの契約のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)



(c)2012-2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2018年12月3日時点のものです。