『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第253回(通算353回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! バージョン5が始動して早々ですが、この記事が掲載される頃には第2回 真夜中プリズランが開催中ですね! 3人の追跡チームと5人の逃走チームに分かれて競うイベント。ひと言でいえばドロケイ(ケイドロ)。今回は報酬でグレイウルフ、ダイアウルフのついてクンがもらえるので、ぜひ遊びましょう! そろそろチワワのついてクンも登場してくれないかなぁ(´・ω・`)。

※画像は目覚めし冒険者の広場からの転載です。

デスマスターを使いこなすのが予想以上に難しかった!

 バージョン5では速攻でデスマスターに転職し、ひとまず所持している防具を装備できるレベル96まで上げてみました! その後はストーリーを進めちまちまと経験値を稼ぎ、現在はレベル98。デスマスターは物理特技や攻撃呪文、回復呪文など多彩な動きができるのですが、どのような戦いかたが正解なのか、いまだに試行錯誤しつつ悩み中。まずはれいかんのスキルを確認していきます。

パッシブスキル

・全職業でこうげき魔力+10
・蘇生時25%バイキルト(専)
・全職業でちから+5
・ギラ系呪文+10%(専)
・蘇生時25%で魔力覚醒(専)
・2%デスパワー消費なし(専)

特技(呪文)

・死霊の導き(専)・・・選んだ対象を死霊が攻撃する
・デスパワー解放(専)・・・死霊を一定時間強化。デスパワーが4段階必要で全消費
・呪詛(専)・・・闇の攻撃と同時にデスパワーを吸収。吸収量は微量
・深淵の契り(専)・・・デスパワー1段階消費で聖女の守り、魔力覚醒、聖なる祈り
・反魂の秘術(専)・・・周囲の仲間を蘇生。チャージタイム75秒
・死霊の守り(専)・・・指定した仲間を死霊がつきそいダメージ軽減。チャージタイム90秒
・サクリファイス(専)・・・死霊を爆発させ周囲にダメージ。デスパワーをそこそこ獲得
・大呪詛(専)・・・闇属性の範囲攻撃。呪いにスタン効果。デスパワーをそこそこ吸収
・マヒャデドス(専)・・・ヒャド系の最上位呪文。チャージタイム60秒

 そしてスキル160以降では、以下のスキルから選べます。

 やはり注目したいのが、蘇生時にバイキルト、魔力覚醒、聖なる祈り、早詠みの杖の発動率を上昇させるパッシブスキル。160では50%、170では65%、180では75%上昇します。バイキルトと魔力覚醒は素で25%あるので、180にセットすれば蘇生時100%発動になるんですよね。ですが、ギラグレイドがあるので、こちらも180にセットしたい。

 ちなみにギラグレイドは、160でチャージタイム(以下、CT)120秒、170でCT80秒、180でCT60秒。いきなり悩みどころですが、どのような戦いかたを想定するかによってセットしたいスキルは変わってくるはず。ちなみに俺は、現状は呪文を主体に戦っているのでギラグレイドを180にセットしています。つづいて新武器の鎌のスキルはこちら。

パッシブスキル

・装備時こうげき力+20
・装備時こうげき魔力+30
・装備時かいしん率+2%
・装備時武器ガード率+5%
・装備時こうげき力+25
・装備時こうげき魔力+35
・装備時かいふく魔力+40
・呪文ぼうそう率+3%

特技

・血吸いの守り・・・攻撃時HP回復と武器ガード率上昇
・冥王のかま・・・闇属性攻撃で前方へ範囲攻撃。転倒効果あり
・魂狩り・・・ダウン中の敵には必ず当たる会心の斬撃
・早詠みの陣・・・呪文発動速度が上がる魔法陣を作る
・災いの斬撃・・・相手をマヒさせ、悪い効果に対して威力が上がる
・事象反転・・・バイキルト効果を魔力覚醒効果に変えて呪文暴走率もアップ。魔力覚醒状態の場合はバイキルト効果に変えてダメージ軽減効果を付与。CT60秒
・ハデスの宴・・・周囲の敵にダメージを与えつつ鎌を強化して、攻撃時に味方のHPも回復する

 そしてスキル160以降では、以下のスキルから選べます。

特技

厄災の滅撃・・・敵を弱体させ悪い効果に対して威力が上がる斬撃。CTは160で120秒、170で90秒、180以降で60秒

 厄災の減撃は、災いの斬撃の強化版といったイメージ。物理攻撃主体で戦いたい場合は、ぜひとも180以降にセットしたい特技でしょう。俺は呪文主体にしているので、170にセット。あとは攻撃魔力などを上げています。最後にデスマスターが習得する呪文がこちら。

マヒャデドスとギラグレイドは、れいかんスキルで習得しています。

 回復呪文から蘇生呪文、攻撃呪文も覚えるなど超万能! 鎌のパッシブスキルで攻撃力、攻撃魔力、回復魔力も上がるので相性はバッチリですね。ちなみにデスマスターは鎌以外に棍、弓、オノ、格闘スキルがありますが、やはり新武器の鎌で戦いたいよね! ということで現在は鎌をチョイス中。

 スキルや呪文を確認したところで、つぎは実戦での使い心地に触れていきます。まず最初に感じたのが「いずれの攻撃もそこそこの威力」ということ。物理攻撃、呪文攻撃どちらも物足りなさを感じます。まぁどちらもトップクラスのダメージを与えられたらそれこそスーパーマン状態なので当たり前といえば当たり前だけど(笑)。

 召喚する死霊は、がいこつ、ゴースト、よろいのきしの3種類ですが、がいこつ、ゴーストはHPが低めで範囲攻撃に巻き込まれるとすぐに倒されてしまいます。与えるダメージも300前後なので、本体の攻撃と合わせてそれなりという感じですかね。

 やはり使ってみて優秀と感じたのは、よろいのきし。ザオラルやベホマラー、バイキルトを使ってくれるので、中途半端なダメージで敵を攻撃する上記の2種よりも、こちらを召喚しておいたほうが安定かも。

 ですが、デスパワー解放を使うとがいこつ・凶、ゴースト・凶に変身して攻撃手段が一変。がいこつははやぶさ斬りなど、ゴーストはギラグレイドなどを使いまくり1000ダメージ越えのダメージをガンガン与えていきます。あとHPの最大値が異常に上昇するのか、ダメージを受けても倒れる気配すらない。

 デスパワーが貯まりにくいボス戦などはよろいのきし、敵がワラワラ出現するような戦いでは、がいこつやゴーストを召喚してデスパワー解放を使いまくるのがいい感じでした。

よろいのきしは、デスパワー解放後に死霊の守りで仲間を護らせれば鉄壁ですね!

 肝心の本体ですが、物理攻撃よりも呪文重視で動いたほうが活躍できそうな気がします。攻撃呪文以外にベホイムやベホマラー、ザオラルも習得しますし。また深淵の契りを使えば自力で魔力覚醒、聖なる祈り効果を得られます。デスパワーを1段階消費しますが、開戦時に1段階貯まっているので即発動可能なんですよね。

 そしてなんといっても蘇生時にバイキルトや魔力覚醒を付与できるので立て直しが超早い! でも自分で操作していると、仲間がチカラ尽きてもサポート仲間が超反応で蘇生してしまう……(´;ω;`)。なので、超反応で蘇生してくれるサポート仲間のデスマスターは超優秀かも。

 というのが、デスマスターを触ってみての第一印象。「いろいろできすぎて、まだ答えがわからない!」というのが正直な感想です。デスマスター絡みの宝珠は入手できていませんが、物理特技に関しては宝珠での上昇量がかなり高いのが確認できたので、十分に育て攻撃力特化の装備と宝珠を揃えれば、物理主体でも活躍できそうな気配はしますが、どうなんだろう……? 

 ともあれ、まだまだ調査&研究しがいのある職業だなと感じました。ひとつだけ確かなのは、デスパワー解放後の死霊がメチャ強いので、2019年11月11日に実装される万魔の塔では大活躍できるだろうということ。たぶん、攻撃はデスパワー解放した死霊に任せて本体は回復や蘇生に専念するだけで大活躍なんじゃないかなぁ(あくまで予想です)。

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第252回第251回第250回第249回第248回第247回第246回第245回第244回第243回第242回第241回第240回第239回第238回第237回第236回第235回第234回第233回第232回第231回第230回第229回第228回第227回第226回第225回第224回第223回第222回第221回第220回第219回第218回第217回第216回第215回第214回第213回第212回第211回第210回第209回第208回第207回第206回第205回第204回第203回第202回第201回

第200回第199回第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら