『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第173回)“第5回アストルティア・ナイト総選挙!”投票期間の締切迫る! 総選挙には“あの人物”も登場!?

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第173回(通算273回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! ただいまアストルティアでは“第5回アストルティア・ナイト総選挙!”が開催中です。はたして8名の出場者が誰なのか!? 気になるところですね~。投票期間は3月10日(土)までなので、まだ参加していない方はお急ぎください。ちなみに俺は、迷わず以下の3名に投票しました!

 クオードは、俺の中で印象がガラリと変わったキャラクター。バージョン4開始前の情報では“融通が利かないプライドが高そうな男だな”と勝手に妄想していたのですが、実際にプレイしたら……評価が逆転して好きなキャラクターになりました(笑)。しかし、やはり気になるのは黒衣の剣士。まさかストーリーでも正体が謎のままの彼がイベントに参加するとはオドロキです。髪型は『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の主人公に似ていますが、性格はどんな感じなのか気になりますね。なお、総選挙の結果発表は3月11日(日)です!

メガルーラストーンの拡張もやってみた!

 バージョン4.1で実装されたクエストのひとつ“メガルーラストーンの拡張”。また今回も“怪しい手紙”が届くんだろうなと思っていたら、届きませんでした! えっ、じゃあどこでクエスト受けるの? 直接リンクスのところへ行くのかな!?

 と、思ってクエスト情報を確認したところ、受注者は“真の資料室”にいるフードをかぶった人物でした。さっそく真セレドット山道から真の資料室へ向かい、クエスト受注。どうやらリンクスの被害にあった人物を治すために必要な“ヒヤヒヤ草”を取ってきてほしいとのこと。

 ヒヤヒヤ草を落とすエビルトレントは、真ローヌ樹林帯などに生息しています。魔女の森へ向かう通路付近でたくさん見つかりました。何匹か倒してヒヤヒヤ草を入手したら、再び謎の人物のところへ戻りましょう。

 被害に遭った人物をヒヤヒヤ草で治し、リンクスの怪しい研究についての情報を得ます。手紙の内容からして怪しいとは思っていましたが、本当に怪しい人物だったんですね。このフードの人物も十分怪しいけど……。

 どちらを信じたらいいかわかりませんが、とりあえずリンクスのオフィスからつながっているらしい工場を見つけるため、真グランゼドーラ王国の宿屋へ。リンクスが席を離れた隙に、オフィスからつながる工場の入り口を発見!

 その先には、巨大なクリスタルのようなものが……。そこへリンクスが現れ、本当の目的を語り始めます。お、俺をどうするつもりなの?

 そして、フードを被った人物も登場。怪しいキャラクターだらけで、なにがなんだか……と思っていると、フードの人物が姿を現しました! その正体とは……!? ここはぜひ、クエストを進めて確かめてみてください! なお、この人物が初登場したのは『DQIX 星空の守り人』だと思います。

 ヒントは、肉眼では追えないほどの高速で動き、軽い張り手でリンクスを数メートルも吹っ飛ばす人物です。彼女が本気を出せば魔王すら倒せるんじゃないかな……。

 そんな、のんきなことを言っている暇はなく、こちらもボス戦に突入します。工場へ向かったらイベントが進行してそのままボス戦となるので、オフィス内にいるうちに準備をしておきましょう。

 ボスのデイジーちゃんの攻撃は、暴君バサグランデと見た目と攻撃方法が似ています。前方直線状にダメージを与える“雷光赤化”、自身の周囲にダメージを与えて麻痺させる“闇のいなずま”のほか、標的に600前後のダメージを与えてくる“紅蓮爪”、そして“ジバルンバサンバ”を使ってきます。雷光赤化や闇のいなずまを全員が同時に食らうと危険なので、1ヵ所に固まらずに戦いましょう。それだけ心得ておけば、レベル100ならとくに苦戦する心配はないと思います。

 ボス撃破後はイベントが進行してクエストクリアー。メガルーラストーンが完全に解放されたとのことなので、これ以上の追加はないのかな? ちなみにナドラガンドの行き先は、各領界で竜人族が暮らしている村や城のみ。いざないの間へ飛びたい方は、ふつうのルーラストーンに登録しておいたほうがよさそうです。

 そして、もうひとつ気になっていたのが“ついてクン”の実装。キャラクターのあとをついてくる、ペットのような存在です。『ファイナルファンタジーXIV』で言うところの、ミニオンに近いものですかね。

 受注場所は、新エテーネ村にいるヤクウ。ついてクンを錬金するには“ガメゴンのこうら”が必要とのこと。しかし、ガメゴンは現代には存在しないモンスター。1000年前なら生息してたのになー、1000年前に行けたらなー(チラッ)というわかりやすいフリをしてくるので、1000年前に戻りましょう。戻る手段は、ストーリーを進めている方ならおわかりですよね?

 マップを開くと、ガメゴンが生息しているエリアが表示されているので、すぐにわかるはず。ガメゴンのこうらをヤクウに届けると、ついてクン“カメさま”のカプセルが手に入ります。

 そして、このカプセルを風の町アズランにいる玩具屋カルタに渡して割ってもらいましょう。

 最後に、カメさまをついてクンに設定すれば完了。しばらくウロウロ歩いてみましたが、ちょこちょことあとをついてきて、ときどき居眠りしたり……。う~ん、かわいい! しかし、いまはカメさま1種類のみなので、いたるところでカメさまを連れて歩いている人が(笑)。これは早く種類が増えてほしいですね!

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

ドラゴンクエストX オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows/ニンテンドー3DS/dゲーム
発売日:サービス中
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本タイトルは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』の総称です。各ソフト、各ハードの詳細は下記データを参照ください

ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中(2017年11月16日発売)
価格:3800円[税抜](4104円[税込]) ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本ソフトをプレイするためには、プレイする機種の『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』、または、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ権利(レジストレーションコード)が必要です ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です(※利用券の料金は『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の項に記載) ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:安西崇

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中
価格:4800円[税抜](5184円[税込])   ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』が同梱(※Wii U版はパッケージ版のみ販売) ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●Wii Uベーシックセットで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディアが必須となります ●プレイ利用権の料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版、Wii U版、Windows版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)

ドラゴンクエストX オンライン(ニンテンドー3DS版)
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●ニンテンドー3DS版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●本ソフトをプレイするには、Wi-Fi環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)

ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android/iOS ※詳細は公式サイト参照
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE環境でのプレイを推奨 ●dゲーム版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●本ソフトをプレイするには、docomo回線およびSPモードの契約のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)



(c)2012-2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2018年3月5日時点のものです。