『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第118回) バトル・ルネッサンスが超アツイ!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第118回(通算218回)。

●マグログランプリが開催中!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 現在アストルティアでは、2017年1月31日まで、イベント“第1回フィッシングコンテスト マグログランプリ”が開催中! 簡単に説明すると、“旬のマグロ”を釣り上げ、そのサイズをみんなで競うというもの。いわゆる釣り大会ですね。

 上位200位までに入賞すると、ドルボードがマンタの形に変化する“マンタプリズム”が賞品としてもらえるので、がんばって目指したいところですね!

 イベントに参加するには、港町レンドア南にいる“釣り師範ナツリ”から“旬の釣りざお”と“旬のルアー”をもらえばオーケー。

 旬なマグロはプクレット地方、コルット地方、ラニアッカ断層帯で釣れるとのこと。「やはり魚と言えばウェディでしょ!」ということで、俺はコルット地方に行ってみました。もう4年以上『DQX』をプレイしていますが、ここの釣り場にきたのは初だったりします(笑)。

 だいたい60メートル付近の魚がかかったら、それが旬のマグロです! 魚影が小さかったり、100メートル以上の魚がかかった場合は違うので、あくまで旬のマグロ目的ならば釣らずにあきらめるのもアリでしょう。

 そんなこんなで、860cmの旬のマグロを釣り上げました!

 さっそくナツリに報告し、サイズを記録してもらいます。「ランキングはどんなもんなんだろう?」と見てみると、ギリギリの入賞ラインである200位ですら1400cm超え……。とりあえず900cmの報酬をもらえるところまでがんばろうかな……(笑)。

●バトル・ルネッサンスが超アツイ!

 2017年1月18日に実装された新コンテンツ“バトル・ルネッサンス”。どのようなコンテンツかというと、バージョン3のストーリー中に戦ったボスたちと再戦できる、というもの。さらに、ストーリー中では選択できなかった“超強い”という難度があるので、それに挑戦するのがおもな目的となるでしょう。

 場所は、偽グランゼドーラ王国内の北東になります。

 現在バトル・ルネッサンスで挑戦できるボスは10種類います。それぞれ、ふつうに倒すだけでクリアー扱いにはなるのですが、指定された3つの条件を満たすことで、“死闘のグロリア”という報酬が加算される仕組み。グロリアを集めると、その枚数に応じて報酬がもらえます。メインはやはり、グロリア60枚でもらえるスキルブック!

 ちなみに3つの条件は全ボス共通で、
■○○分以内に倒す(ボスによって時間は変化)
■道具を1回も使わずに倒す
■パーティ全員を同じ職業にして倒す
となっています。

 どうせなら、ただ倒すだけではなく条件も併せて達成したいよね、ということで“道具を1回も使わずに倒す”を兼ねながら挑戦することに。時間制限と全員同じ職業という条件は難しそうなので、今回はスッパリあきらめます(笑)。

 また、3つの条件を同時に達成する必要はないので、ひとつずつ条件に適したパーティに編成しなおして挑むことも可能です。

 今回は、戦士×2、魔法戦士、僧侶というパーティ編成にしました。魔法戦士がいればバイキルトで戦士の火力を上げられて、MPパサーと必殺技でMP問題はほぼ解消するので、道具に頼らなくてもいけるのではないか、という考えです。ふだんもっとも使用頻度の高い道具って、せかいじゅの葉とMP回復アイテムですしね。

 「あー、このボスいたなぁ!」という懐かしい気分になりつつ挑戦! やはりこのパーティ編成は安定していて、とくに危なげなく討伐できました。真・やいばくだき、チャージタックル、そしてプラズマブレードからのフューリーブレードが強い!

 白霊鬼ボータは、2分30秒でクリアー! もう少しで“2分以内に倒す”という条件も達成できそうでした! “超強い”をクリアーすれば、それ以下の難度の報酬もまとめてもらえるようです。

 調子よく順番にボスを倒していったのですが、紫獅鬼バイロゼオで全滅! その後も何度か挑戦しましたがやっぱりきびしそうだったので、“道具を使用しない”の条件をあきらめてクリアーを優先しよう、ということでパーティ編成を戦士、どうぐ使い、僧侶×2にしました。

 回復と蘇生役を増やして、どうぐ使いで各種強化、必殺技の火力アップに、どうぐ倍化術と範囲化術でMP管理、という具合です。

 バイロゼオ、まじで強えぇ……。このあたりから、ボスの強さがワンランク上がったと感じるほどの激戦に……。なんとか倒せたものの、16分もかかりました。条件は5分10秒以内……。

 あとぜんぜん関係ないですけど、竜将アンテロが使う“天竜のとどろき”のモーション、モロに魔○波と同じですよね。目の前に壺が置かれていたら、すっぽりと入りそうです(笑)。

 バイロゼオ以降も戦士、どうぐ使い、僧侶×2の編成で挑みましたが、戦士×2、魔法戦士、僧侶よりも安定した戦いができたうえ、道具を使わずに撃破できたボスもいたので、こちらのほうがいいのかもしれません。

 奈落の門で戦う竜将アンテロは、全滅する危険は少ないものの、かなりの長期戦に。結果、20分以上もの激戦になりました……。ちなみに条件は9分以内。無理すぎる(笑)。

 気の抜けない戦闘をずっと続けてきたため、最後に残っていた“禍乱の竜アンテロ”との戦いではメンバー全員の集中力が切れたのか、あっという間に全滅(笑)。

 今回の挑戦では、“禍乱の竜アンテロ”以外のボスは、なんとか討伐することができました。戦士×2、魔法戦士、僧侶、そして戦士、どうぐ使い、僧侶×2という編成で挑みましたが、クリアー目的ならば、片手剣二刀流のバトルマスター×2、僧侶×2もよさそうな気がします。バトルマスターは自己強化できますし、はやぶさの剣改による通常攻撃がメインならば、MPも問題なさそう。

 なにより、完璧に攻略するには相当なやり込みが必要になりそうなコンテンツなので、久々にアツくなりました! 個人的に、バトル・ルネッサンスはかなり長期間楽しめそうなコンテンツだと感じたので、バトルマスター用のトーテム防具を買おうか真剣に悩んでいます。十分もとは取れるほど楽しめそうですしね。

 “同じ職業で倒す”という条件にはバトルマスターの出番はなさそうですが、“制限時間内クリアー”では、もしかしたらバトルマスター×どうぐ使い(強化ガジェット零式)コンビで出番がありそうな可能性も……。

 ともあれ、まだ実装されたばかりのコンテンツなので、今後に注目ですね。

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid / iOSiPhone/iPod touch
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2017年1月23日時点のものです。