『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第159回)  天地雷鳴士が超楽しい!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第159回(通算259回)。

“ジーラの心”が“時の化身の像”の引き換え券に!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 2017年11月16日、ついに新バージョン『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』が始動しました! 数多く追加された新コンテンツの中でも、やはり俺がイチバン気になっていたのはメインストーリーだったので、さっそく遊んできました。

 メインストーリーの率直な感想は……
「おもしろい!」
 です。

 個人的には、バージョン2の勇者姫アンルシアの物語がもっとも好きだったのですが、新バージョンのストーリーはそれを超えそうな印象もあります。

 ボリューム感がありながらもテンポのいい展開、そして登場する新キャラクターたちが全員魅力的という、大満足の内容で続きが気になりまくり! これは次回の大型アップデートが超楽しみ!

 そしてストーリーとは関係ないお話ですが、以前にがんばって取った『DQXI 過ぎ去りし時を求めて』とのコラボアイテム“ジーラの心”が、“時の化身の像・庭交換券”に変わっていました。(※詳細は当プレイ日記第156回を参照)

 けっきょく、“○○の心”の○○部分に入る名前は何でもよかったようです(笑)。がんばって取ったのに……(´;ω;`)

 とりあえず像と交換して庭に置いておきました。像は、岳都ガタラの交換屋ツナナで交換できますよ。

天地雷鳴士が超楽しい!

 新バージョンで追加された新職業“天地雷鳴士”に転職するためのクエストをさっそく受けてきました! クリアーに必要なバトルは、夢幻の森にいるスモールグールを倒すことだけなので、ほかの職業のレベルが低めでも簡単に転職できるでしょう。

まずは天地雷鳴士の気になるところとして、習得呪文と必殺技、チャンス特技、職業の証の効果をまとめました。

▼習得呪文

  • リレミト
  • マホトラ
  • マホトーン
  • ピオリム
  • ズッシード
  • マジックバリア

▼必殺技

  • 天地鳴動の印……自分と幻魔の行動間隔を短縮し、会心率と攻撃力を増加

▼チャンス特技

  • 慈愛の明星……範囲内にいる仲間のHPを大幅に回復
  • グランドクロス……範囲内の敵に風属性のダメージを与え、雷耐性を下げる

▼職業の証

  • MP消費しない率2.0%

 呪文は補助系を中心に覚えます(スクルトはありませんけど)。必殺技は、幻魔を唯一強化できる要素なので、使う機会は多そう。チャンス特技は、緊急時の回復に慈愛の明星が使えそうですね。回復の必要がないときはグランドクロスを使い、雷耐性を下げたところで天地雷鳴士の特技“いなずま”を使っていく感じでしょうか。職業の証は、最初に効果を見たときは「正直微妙かも……」と思いましたが、天地雷鳴士は想像以上にMP消費が激しいです。なので、実際にプレイしてからは「地味にありがたい」と感じるようになりました。

 続いては幻魔の能力について。

カカロン

▼使用呪文

  • ベホイム
  • ベホマラー
  • ザオリク
  • スクルト
  • フバーハ
  • マヒャド

▼幻魔解放スキル

  • ヒーリングオーラ……周囲の仲間を生き返らせ状態異常も治す

クシャラミ

▼使用特技&呪文

  • たたかいの舞……周囲の仲間の攻撃力を1段階上げる
  • まりょくの舞……周囲の仲間の呪文ダメージを1段階上げる
  • ベホイミ
  • ザオラル
  • ハッスルダンス
  • ベギラゴン

▼幻魔解放スキル

  • 戦神の舞……周囲の仲間の攻撃力と回復量が増え、詠唱速度も速める

バルバルー

▼使用特技&呪文

  • はやぶさ斬り
  • 超はやぶさ斬り
  • 甲殻両断斬り……対象の守備力も下げる2回攻撃
  • 爪牙根絶斬り……対象の攻撃力も下げる2回攻撃
  • ベホイミ
  • ザオ

▼幻魔解放スキル

  • 剣技乱舞……対象を6回斬りつける攻撃

ドメディ

▼使用呪文

  • メラゾーマ
  • ドルモーア
  • バギクロス
  • ベホイミ
  • ベホマラー
  • ザオラル

▼幻魔解放スキル

  • エクスプロージョン……周囲を巻き込む爆発を起こして敵を焼き払い、呪文耐性も下げる

 回復のカカロン、補助のクシャラミ、物理アタッカーのバルバルー、呪文アタッカーのドメディ、という役割ですね。全員蘇生と回復手段を持っていますが、カカロン以外は使用の優先順位がそれほど高くないようなので過信は禁物です。回復や蘇生が足りないときは、素直にカカロンを召喚したほうがいいですね。

 最後に、天地雷鳴士の特技について。

▼習得特技

  • げんま召喚……幻魔を1体呼び出す。チャージ15秒
  • げんま解放……呼び出している幻魔に“幻魔解放スキル”を使用させる。チャージ50秒

ひばしら……対象に炎属性のダメージを与える

じわれ……直線状の相手に土属性のダメージを与え、雷耐性を下げる

いなずま……自身の周囲に雷を落とし、たまに相手をマヒさせる

めいどうふうま……対象と、その周囲に土属性のダメージを与え、風属性を下げる

マグマ……対象と、その周囲に炎属性のダメージを与え、土属性を下げる
(チャージ45秒)

水神のたつまき……対象と、その周囲に大ダメージを与える
(チャージ60秒)

れんごく火炎……対象と、その周囲に炎属性の大ダメージを与える
(スキル160:チャージ120秒、スキル170:チャージ80秒、スキル180:チャージ60秒)

 天地雷鳴士の特技は、すべて“攻撃魔力”を上げればダメージが上昇していきます(上記画像のダメージは攻撃魔力660時のもの)。攻撃魔力を上げてどこまでダメージを伸ばせるかにもよりますが、これを見た感じでは、天地雷鳴士自身の攻撃能力は、そこまで高くなさそう。呼び出す幻魔と合わせて一人前、というイメージなのでしょう。

 そんなこんなで、しばらく天地雷鳴士で戦ってみましたが、天地雷鳴士自身はサポート寄りに動き、戦況に合った幻魔を召喚して戦わせながら、手が空いたときに自分でも攻撃を行っていく、というスタイルがいいかも。武器は両手杖、スティック、扇を装備できますが、個人的にオススメなのは扇。扇は花ふぶき、百花繚乱、ピンクサイクロンと敵を弱体化させる特技のほか、仲間を強化できる風斬りの舞も使えるので、天地雷鳴士の戦闘スタイルに合っています。

 扇を装備して戦う場合、開戦時は風斬りの舞→げんま召喚が基本の流れ。あとは戦況に応じて特技を使っていきます。

 個人的にオススメしたいのは、“じわれ”と“めいどうふうま”の組み合わせ。じわれは直線状の相手を攻撃する特技ですが、単体相手にも便利です。めいどうふうまは攻撃範囲がかなり広いので、敵が複数いるときに活躍します。さらに、このふたつは土属性なので、土属性ダメージアップ系のベルトなどを装備すればダメージも底上げ可能。さらに敵の土耐性を下げる効果の“マグマ”を混ぜながら使っていけば、けっこうなダメージソースに!

 ただ、じわれは射程距離が短く、遠くから使うと対象に近づいてしまうので、遠距離で行動したい場合は単体用に炎属性の“ひばしら”を使っていきましょう。その場合は炎属性ダメージアップ系のベルトを装備すると○。マグマやれんごく火炎のダメージも伸ばせます。

 とはいっても、実際に使ってみると百花繚乱やピンクサイクロン、水神のたつまきなどチャージ特技だけでけっこう回せるんですよね。このあたりは、状況によって最善の行動を取れるように、バトルの経験を積むのみ!

 パーティ編成で個人的にオススメなのは、戦士、魔法戦士、僧侶。天地雷鳴士の特技はすべて属性攻撃なので、魔法戦士がいればフォースブレイクのおかげで大ダメージが出せて爽快です。また、天地雷鳴士の特技はMP消費量が多いので、MPを回復してもらえるのも相性○。戦士が両手剣でプラズマブレードを使い炎耐性を下げたときは、ひばしらやマグマ、れんごく火炎などを当てていけば、ほぼ属性ダメージを倍増させたまま戦えます。

 そしていま、個人的に欲しい武器がこれ。

 新バージョンで追加された扇“プロセルピナ”です。攻撃魔力が80も上がるうえ、全属性ダメージが3%上がるというオマケつき。これは完全に天地雷鳴士のために用意された扇に違いない! しかし、装備レベル96……。まだ俺の天地雷鳴士はレベル90なので、がんばって経験値稼ぎに勤しみます(´・ω・`)

 ちなみに、この記事を執筆時はまだ天地雷鳴士に触れてから2日ほどしか経過していない状態なので、あくまで参考程度にしてくださいね。今後の研究で、もっといろいろなことがわかってくるかも!

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

ドラゴンクエストX オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows/ニンテンドー3DS/dゲーム
発売日:サービス中
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本タイトルは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』の総称です。各ソフト、各ハードの詳細は下記データを参照ください

ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中(2017年11月16日発売)
価格:3800円[税抜](4104円[税込]) ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本ソフトをプレイするためには、プレイする機種の『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』、または、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ権利(レジストレーションコード)が必要です ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です(※利用券の料金は『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の項に記載) ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:安西崇

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中
価格:4800円[税抜](5184円[税込])   ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』が同梱(※Wii U版はパッケージ版のみ販売) ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●Wii Uベーシックセットで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディアが必須となります ●プレイ利用権の料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版、Wii U版、Windows版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)

ドラゴンクエストX オンライン(ニンテンドー3DS版)
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●ニンテンドー3DS版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●本ソフトをプレイするには、Wi-Fi環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)

ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android/iOS ※詳細は公式サイト参照
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE環境でのプレイを推奨 ●dゲーム版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●本ソフトをプレイするには、docomo回線およびSPモードの契約のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)



(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2017年11月20日時点のものです。