『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第199回(通算299回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! バージョン4.3に登場した08号。メチャメチャかわいくて、最後は少し感動もしたのですが、08号のついてクンがもらえるクエストがあるとのことで、さっそくクリアーしてきました!

 08号とつねに行動できる幸せ……。でもこの子(?)のことを“08号”と呼ぶのも愛情がなくていやだなぁ……。そうだ、今日から心の中で“はっちゃん”と呼ぼう! 08号と名のつくロボットはいいやつばかりです!

新エテーネ村に施設が増えまくり!

 バージョン4.3で追加された、おなじみのシリーズクエスト“約束の旅人”、“時を巡る命題”。約束の旅人は新エテーネ村の施設が増えていくので、毎回楽しみにしているクエストでもあります。でも“好きなものは最後に食べる”派なので、まずは時を巡る命題からクリアーすることに。

太古の偶像を求めて(時を巡る命題)

 いつものフィロソロスさんからクエストを受注します。今回は、古代ウルベア帝国に存在したと言われている本の自動販売機から、ウルベア魔神兵にまつわる書籍を全6巻集めてくること。そういえばストーリーを進めているときに、道中やウルベア地下帝国で本の自動販売機を見たな……。そのときは購入できなかったけど、フィロソロスから受け取った“磁気式図書購入札”があれば購入できるようです。というわけで、さっそく約3000年前の世界へ!

 とりあえずウルベア地下帝国にある自動販売機で購入。これが1巻目でした。つまり、あと5つの自動販売機があるわけですね。しかし今回は、限りなくノーヒントに近い……。ぶっちゃけどこにあるのかまったくわかりません(´・ω・`)。結局フレンドといろいろと話しつつ、残りの場所を見つけることができました。
(ここからは自動販売機の場所について書きますので、自力で進めたい方はご注意ください)

 2巻は、ダラズ大鉱脈のD~Eの6~7の中間付近。ちなみに、ここでは巻数の順番ごとに載せていますが、どのような順番で購入しても問題ありませんよ。

 3巻も、同じくダラズ大鉱脈のF-3。

 4巻は、カルデア溶岩帯のE-1。この時代ではゴブル砂漠へ抜ける道がないので完全に袋小路。なぜこんな人気のない場所に自動販売機を設置したのか不思議ですね……。まあ、徒歩でがんばって行ける場所に設置したそうなので、納得できないこともないです。

 5巻は、ガタラ大山林のA-4。ウルベア地下帝国の入り口から南西へ行けばスグですね。

 最後の6巻は、同じくガタラ大山林のF-8にあります。ただし、この自動販売機だけ故障していて磁気式図書購入札が使えず、2000ゴールドで購入することなります。向かう前に所持金を確認しておきましょう。

 これですべて揃った! と思ったのですが、たしかストーリー進行中に別の場所にも自動販売機があったような……。記憶を頼りに探して見つけることができました! でも6巻全部揃ったし、なにが買えるんだろう?

 ……ほほう。これはいいものですな。でもドワーフ限定なのかな……。そんな細かいことは置いといて、すばらしい本をゲットできました。

さっそくフィロソロスに届けてクリアー、と思ったのですが、エッチな本の存在に気づかれました……。まさかここで選択肢が出てくるとは。

 しばし悩んだ挙句、良心に負けエッチな本の件を伝えると没収(´;ω;`)ブワッ。磁気式図書購入札も返してしまったので、また購入し直すこともできません。どうしても欲しければ、クエストを再受注しましょう(笑)。ただし、“いいえ”を選択すれば手元に残るかどうかは不明ですが……。

 クリアー報酬では、庭具の“ウルベア魔神兵の像”がもらえました。

 さっそく08号と記念撮影。しかし庭に置くと、ウルベア魔人兵の大きさに驚きますな……。

約束の迷い子(約束の旅人)

 新エテーネの村にいるガエリブからクエスト受注。彼の歌う歌詞に出てくる場所を探し出して行くことになるのですが……。
(ここから先も、自力でクリアーしたい方はご注意ください)

 わからんがな(´;ω;`)。

 歌詞のヒントから予測するに、1番目は炎の領界で山があり鳥というキーワードから、フェザリアス山ということはなんとかわかりました。その場所へ向かうと、入り口に達人トリストという人物が。彼に話しかけたところ、新エテーネの村へ向かってくれました。あとふたり!

 しかし、2番目の歌詞からもう完全にお手上げ……。こちらもひとりでのクリアーは諦め、フレンドからいろいろ情報を得て、なんとか探し出すことができました。オンラインゲームってすばらしい。

 2番目の歌詞は、闇の領界にある影の谷下層。場所がわかった後に歌詞を読み直せば「そういうことね」とわかりますが、歌詞から場所を特定するのは俺にはムリでした……。ちなみに、ここはやみしばりを倒して“エテーネのつばさ”を入手する必要があります。やみしばりはラファーヌの東側のエリアにいますよ。

 3番目の歌詞は、竜族の隠れ里。対象の人物に話しかけると、歌詞に出ている“ウロコを持つ空の王は桜色のレディ”の正体がエステラだとわかります。これもヒントだけでエステラにたどり着くのはムリでした(´;ω;`)。

 ともあれ、これで歌詞の3ヵ所すべてを回りました! 新エテーネの村に戻りガエリブに話しかけるとクリアー。その後、新エテーネの村に達人、素材屋、旅のコンシェルジュが増えます。

 最初の頃に比べたら、かなり施設が充実してきました! もう本気で拠点にできるレベルです。これで村があとふた回りほど小さければ各施設間の距離も短くなり快適になるのですが……。まあ、そのあたりは住宅村と使い分ける感じでしょうか(笑)。

おまけ

 旅のコンシェルジュの近くに、チェイという謎の人物が。話しかけるとダイスの目に応じてアクセサリーなどをくれるようです。そしてなんと100を出すと幸運のおまもり! デメリットはなにもないのでさっそく振ってみると、まさかの1……。 100ならよかったのに(´・ω・`)。ちなみに、このダイス屋はテンの日に再度勝負できるようです。月に一度の楽しみですね。みなさんも忘れずにダイスしておきましょう。

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

『ドラゴンクエストX オンライン』
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows/ニンテンドー3DS/dゲーム
発売日:サービス中
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本タイトルは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』の総称です。各ソフト、各ハードの詳細は下記データを参照ください

『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中(2017年11月16日発売)
価格:3800円[税抜](4104円[税込]) ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本ソフトをプレイするためには、プレイする機種の『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』、または、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ権利(レジストレーションコード)が必要です ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です(※利用券の料金は『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の項に記載) ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:安西崇

『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中
価格:4800円[税抜](5184円[税込])   ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』が同梱(※Wii U版はパッケージ版のみ販売) ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●Wii Uベーシックセットで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディアが必須となります ●プレイ利用権の料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版、Wii U版、Windows版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)

『ドラゴンクエストX オンライン』(ニンテンドー3DS版)
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●ニンテンドー3DS版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●本ソフトをプレイするには、Wi-Fi環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)

ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android/iOS ※詳細は公式サイト参照
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE環境でのプレイを推奨 ●dゲーム版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●本ソフトをプレイするには、docomo回線およびSPモードの契約のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)