『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第214回(通算314回)。

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! “目覚めし冒険者の広場”にも紹介されていますが、『DQX』を題材にした漫画『ゆうべはお楽しみでしたね』が実写ドラマ化されましたね! 俺も観るのを楽しみしていたのですが、現在住んでいる地域ではTBS・MBS系が映らず……。U-NEXTで配信されるようなので、こちらでじっくり鑑賞しようと思います。ちなみにドラマ放送を記念し、プレゼントのじゅもんで“ゆうたのリュック”がもらえますよ!

画像は『DQX』公式ツイッターからの転載です

ゴレオン将軍登場! 見た目通りのパワーキャラでした!

 2019年1月9日に実装された新コインボス“ゴレオン将軍”。これまでのコインボスがギュメイ将軍、ゲルニック将軍だったので、予想どおりのコインボスでしたね。(わからない人は『DQIX 星空の守り人』を調べてみてね!)

 というわけで、さっそくゴレオン将軍に挑んできました!

最近のコインボスは開戦前、眠っていることも多かったですが、ゴレオン将軍はバッチリ起きています。

 まずは、ゴレオン将軍が使ってくる、おもな攻撃をまとめていきます。

■鉄球ぶんまわし
周囲の標的に450前後のダメージ。ゴレオン将軍から離れることで回避できます

■来たれ! カデスの牢獄よ!
中央付近に牢獄が出現し、一定時間ごとに“しのどれい”、“デスストーカー”が出現

 少しおもしろいのが、デスストーカーが出現した場合は、こちらのHPを回復したりゴレオン将軍を攻撃したりと、仲間のような行動をするところ。しのどれいが出たら速攻で倒し、デスストーカーの場合は攻撃せずに放っておくといいでしょう(といっても、範囲攻撃などに巻き込まれていずれ倒されますが)。

■鉄球ぶん投げ
前方の直線状に即死級のダメージ

■たたきつぶす
対象と、その周囲に450前後のダメージ+小さくなる状態異常(与ダメージ、回復量が半分、被ダメージ2倍)

■鉄球乱舞
前方にいる標的にランダムで4回攻撃

■ボルケーノクラッシュ
エリア広域に500以上のダメージ。ジャンプで回避可能

■はげしいおたけび
前方扇状の標的に300前後のダメージ+ふきとばし。ショックの追加効果

 カデスの牢獄が少々特殊ですが、それ以外は物理攻撃で殴りまくってくるという久しぶりのパワーキャラのようです。

 「物理主体のボスには“真・やいばくだき”が有効に違いない!」というわけで、パーティ構成は戦士×2、どうぐ使い、僧侶にしました。戦士ふたりが交互に真・やいばくだきを入れることで、常時被ダメージを抑えようという作戦です。どうぐ使いはバイキルトと、小さくなる状態異常対策でプラズマリムーバー。そしてゴレオン将軍が“けもの系”なので、ヤリスキル“けもの突き”が大活躍じゃん! というわけで採用。もし戦士ふたりの真・やいばくだきが入らなかった場合は、“武神の護法”が使えるのも便利です。

 まずは練習札を使って戦闘開始! やはり真・やいばくだきが入ると被ダメージが激減するため、チカラ尽きにくくなります。

真・やいばくだきが入る前は460ダメージだったのが、真・やいばくだき後は310ダメージに!

 ゴレオン将軍の攻撃は、鉄球ぶんまわしが範囲攻撃なので離れて回避、それ以外の攻撃はほとんどが前方側への攻撃なので、ゴレオン将軍の側面や背後に回り込むことを意識しながら戦えば被ダメージは抑えられるのですが、“強化ガジェット零式”がチャージしたため即使用。そして“磁界シールド”を使えば、いちいち避けなくてもゴリ押しできるんじゃないかなという流れに。

流れというか、俺がどうぐ使いなので、勝手にそういう方向に変えただけですが(笑)。

 しのどれいが出現したら、戦士は両手剣なら“ぶんまわし”、オノなら“真・オノむそう”などでゴレオン将軍と巻き込みつつ倒していきます。

ゴレオン将軍は単発攻撃が比較的多いので、聖女の守りがかかっていればHP1で耐えやすいですね。僧侶さんに負担がかかりますが……。

 “小さくなる状態異常”を受けると被ダメージが2倍になるのでチカラ尽きる危険が高まります。こちらが与えるダメージも半減するので、プラズマリムーバーですぐに治癒。

 「避けながら戦ったほうが安全かな」と頭では思うのですが、すでに指が勝手に磁界シールドを選択し発動しています。戦士ふたりも「あ、そういうこと?」という感じで全員陣の中に入りひたすら攻撃。俺がバトルの流れを操作していると言っても過言ではないですね。悪い方向にかもですが(笑)。

 しかし、HPを徐々に回復させる“メディカルデバイス”も合わせると、その場で戦い続けられます。強化ガジェット零式をチャージした際には、すぐにこの陣の上に使えば安全圏で最大火力を出せるようになるので、意外とこれが最適解な戦法なのかも……と俺の中で勝手に思い込み始めてきました。全員が小さくさせられても、プラズマリムーバーで一瞬で治せますし。

 結局、ほぼ終始陣の上で戦い続けて勝利! 討伐時間は5分ほどでしたが、初めての戦闘でこれだけ安定して戦えるのならばアリかもしれませんね。慣れてきたら、より早く倒せる構成を模索すればいいわけですし。

 つぎはいよいよコインを使って本番! 開戦直後にどうぐ使いが必殺技をチャージしたので、いきなり頭の中が陣置きまくり作戦に!

※僧侶は小さくなっているわけではありません

 少々開幕から強引にいったため小さくなる状態異常で危ない状況もありましたが、引き続きゴリ押し戦法。というか、しのどれいも小さくなるんですね。少し笑いました。

 そして、道具使いが短時間で必殺技を3回もチャージするという奇跡も。もう絶対に陣から出たくありません!

 トドメに災禍の陣。あらゆる陣が重なって最強に見える!

 鉄球ぶん投げに対しても、一歩も動くことなく全員で真っ向から攻撃。ここまでくると清々しいですね(僧侶さんすみません)。

 結果、初戦より1分ほど早い約4分で撃破! “猪突猛将スレイヤー”の称号をもらいました。

 報酬は、破片3個に現物が1個。現物が出たのでアタリかな?

 さっそく、クリスマスにサンタさんからもらった剛勇のベルトと合成すると、ラッキー合成で2回チャンスが! でも合成効果は残念な結果でした……(´;ω;`)。

 剛勇のベルトは開戦時ヘヴィチャージや、合成でおもさが付加できるのでパラディン用ですね。このような性能のアクセサリーが出るということは近々パラディンが活躍できるようなボスが登場するのでしょうか?

 ゴレオン将軍は、いい意味で久々に好き勝手暴れられるようなコインボスだなと感じました。まあ、この考えはアタッカーだからなのかもしれませんが……。ともあれ、戦った感想としては「めちゃめちゃ強い……というほどじゃないかな」という印象なので、まだ戦っていない人はぜひ挑戦してみてくださいね。

 それでは、また次回!

●Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちら(http://www.famitsu.com/news/201509/29089626.html])からダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら(http://www.famitsu.com/sp/140421_dqx/

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第213回第212回第211回第210回第209回第208回第207回第206回第205回第204回第203回第202回第201回第200回第199回第198回第197回第196回第195回第194回第193回第192回第191回第190回第189回第188回第187回第186回第185回第184回第183回第182回第181回第180回第179回第178回第177回第176回第175回第174回第173回第172回第171回第170回第169回第168回第167回第166回第165回第164回第163回第162回第161回第160回第159回第158回第157回第156回第155回第154回第153回第152回第151回第150回第149回第148回第147回第146回第145回第144回第143回第142回第141回第140回第139回第138回第137回第136回第135回第134回第133回第132回第131回第130回第129回第128回第127回第126回第125回第124回第123回第122回第121回第120回第119回第118回第117回第116回第115回第114回第113回第112回第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回

第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

『ドラゴンクエストX オンライン』
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows/ニンテンドー3DS/dゲーム
発売日:サービス中
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本タイトルは、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン』、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』の総称です。各ソフト、各ハードの詳細は下記データを参照ください

『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中(2017年11月16日発売)
価格:3800円[税抜](4104円[税込]) ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本ソフトをプレイするためには、プレイする機種の『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』、または、『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ権利(レジストレーションコード)が必要です ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です(※利用券の料金は『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の項に記載) ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:安西崇

『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PS4(Pro含む)/Switch/Wii U/Windows
発売日:発売中
価格:4800円[税抜](5184円[税込])   ※ダウンロード版も同額。
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●本パッケージには、『目覚めし五つの種族』、『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』が同梱(※Wii U版はパッケージ版のみ販売) ●本ソフトをプレイするには、インターネット・ブロードバンド環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●Nintendo Switch版はゲームカードではなくダウンロード番号での提供となります ●Wii Uベーシックセットで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディアが必須となります ●プレイ利用権の料金:PS4版は月額1500円[税込](5キャラクター)。Switch版、Wii U版、Windows版は月額1000円[税込]~1500円[税込](3~5キャラクター)。※PS4版は他機種版とプレイ利用権の併用不可 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)

『ドラゴンクエストX オンライン』(ニンテンドー3DS版)
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●ニンテンドー3DS版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●本ソフトをプレイするには、Wi-Fi環境のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)

ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android/iOS ※詳細は公式サイト参照
発売日:サービス中
価格:備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE環境でのプレイを推奨 ●dゲーム版は追加パッケージ不要で全要素をお楽しみいただけます ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●本ソフトをプレイするには、docomo回線およびSPモードの契約のほか、期間に応じた利用券の購入が必要です ●プレイ利用権の料金:3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁(『目覚めし五つの種族』)、齋藤力(『眠れる勇者と導きの盟友』、『いにしえの竜の伝承』)、安西崇(『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』)