• THE KING OF FIGHTERS XV特設サイト>
  • βテスト>
  • 『KOF XV』“神楽ちづる”や“七枷社”ら復活キャラをレビュー。PS5/PS4版のオープンβテストが11月20日からスタート

『KOF XV』“神楽ちづる”や“七枷社”ら復活キャラをレビュー。PS5/PS4版のオープンβテストが11月20日からスタート

公開日時:2021-11-19 18:30:00

 2021年9月30日~10月3日に開催された“東京ゲームショウ 2021”でのプレイアブル初出展から1か月半、一般プレイヤー全員が『KOF XV』をプレイできるチャンスがようやくやってきた。今回はオープンβテストということで、2021年11月20日~22日の期間、PS4、PS5にて遊ぶことができる。

 編集部ではβテスト版を特別に先行プレイさせていただく機会を得られたので、本稿では神楽ちづる、七枷社、クリス、シェルミーのレビューを中心にお届けする。なお、ドロレス、シュンエイ、草薙京、八神庵については下記の記事を参考にしてほしい。

※記事はβテストの先行プレイバージョンをもとに、編集部調べにて作成したものです。製品版や他のバージョンとは内容が異なる場合があります。


※オープンβテスト発表記事
※新キャラクター・ドロレスレビュー
※シュンエイ、草薙京、八神庵TGSバージョンリポート
※PS Store THE KING OF FIGHTERS XV 体験版 (オープンβテスト)PS5版サイト
※PS Store THE KING OF FIGHTERS XV 体験版 (オープンβテスト)PS4版サイト

オープンβテストでは8キャラクターが参戦!オンライン対戦やトレーニングモードがプレイ可能

 オープンβテストは、PS5版、PS4版にて2021年11月20日(土)12:00 ~11月22日(月)23:59の期間に実施される。キャラクターは、東京ゲームショウ2021バージョンでも使えた草薙京、八神庵、シュンエイに加え、神楽ちづる、七枷社、シェルミー、クリスといった復活参戦組と2人目の新キャラクターであるドロレスが使用可能。

 また、ゲームモードは、カジュアルマッチ、ルームマッチといったオンライン対戦のほか、友だちとオフラインで対戦できる“バーサス”やゲームの基本が学べる“チュートリアル”、コンボなどを練習できる“トレーニング”といった遊びやすいコンテンツが用意されている。これらのモードで新グラフィックでのモーションや演出をじっくり楽しむこともできるので、どんなプレイヤーも存分に楽しめるチャンスとなっている。

02 オーダーセレクト

今回のオープンβテストで三種の神器チームとオロチチームが揃い踏みとなった。

03 メニュー画面

メニュー画面。チュートリアルモードがあるため、『KOF』シリーズが初めてでも遊びやすい。

04 メンバーセレクト

メンバーセレクト画面。新キャラクターのドロレスはライバルチームとして参戦。

KOF』シリーズ復活参戦となる神楽ちづるとオロチチームは旧来の使いやすさと新鮮味のバランスが魅力

 ここからは、久しぶりにプレイアブルキャラクターとして登場する神楽ちづると七枷社、シェルミー、クリスの4キャラクターについてプレイレビューをご紹介。

 4キャラクターとも大まかな部分は過去作のノウハウがそのまま活かせるチューニングとなっている。細かいところまで見てみると、随所にモーションや性能に新要素が見受けられる。

 加えて、EX必殺技など過去作にはなかったシステムが追加されていることから、過去作で使用したことのあるプレイヤーであれば、その懐かしさと新鮮味の絶妙なバランスを楽しめること請け合いだ。

神楽ちづる

 ちづるは、草薙京、八神庵と並び“三種の神器チーム”の一員として参戦。“神速の祝詞”や“頂門の一針”といった分身を駆使した必殺技が特徴で、押すボタンによって本体と分身のどちらに攻撃をさせるのか選べることから、相手を幻惑しつつ戦うのがおもしろいキャラクターだ。

 本作ではジャンプ攻撃のモーションが全体的に一新。ジャンプ強パンチやジャンプ強キックは特に大きく変更しているため、新たに使い道から考えていく必要があるだろう。

 一方の必殺技は、従来のフィーリングながら“天神の理”が対空技として信頼出来る性能になっているため、より使いやすくなったイメージ。加えて、EX版“頂門の一針”の突進力が高く奇襲に向いているほか、EX版“神速の祝詞(パンチ版)”がコンボパーツとして使いやすくなっているなど、いままで以上に多用な技を駆使した戦いかたが有効となりそうだ。

06 ちづる

幻惑能力は本作も健在。むしろ3Dグラフィックになったことで今まで以上に見分けづらくなっている印象だ。

07 ちづる 新モーション

新モーションのジャンプ強パンチ。発生はやや早く“空対空”に使いやすそうである。

08 ちづる コンボ

弱版“玉響の瑟音”は発生が早く、「しゃがみ弱キック~立ち弱キック~弱版“玉響の瑟音”」が使いやすいコンボだ。

クライマックス超必殺技“裏面参拾壱活・九泉の浄瑠璃”

 ちづるのクライマックス超必殺技はヒットすると球体が相手を囲み、それらが一斉にレーザーのような攻撃を撃ち込む。攻撃の判定や速度なども優秀なので、隙があれば狙っていきたい。

09 ちづるクライマックス
10 ちづるクライマックス2
11 ちづるクライマックス3

七枷社

 社はオロチチームの中でも攻撃判定やリーチに優れた豪快なキャラクター。ジャンプ強キックや立ち弱キック、しゃがみ強キックなどの牽制能力はいままで通り優秀なので、ひとまずは旧作と同じような戦い方でよさそうだ。

 うれしい変更点としてはしゃがみ弱キックからしゃがみ弱パンチのつなぎが容易になり、そこからさらに弱版やEX版の“ミサイルマイトバッシュ”がコンボになる点。

 また、“アッパーデュエル”が対空技として使いやすくなっているなど、小回りが利きやすくなったことから『KOF』をこれから始める初心者におススメできるキャラクターだ。

12 社

社と言えばリーチと判定に優れたジャンプ強キック。その強さは本作も健在だ。

13 社 新モーション

新モーションのジャンプ強パンチ。下方向への判定は旧作並みなので、攻めの飛び込みで使っていこう。

14 社 超必殺技

旧作の超必殺技“ミリオンバッシュストリーム”はコマンドが変更となり、新モーションの“ヴェアリアスバッシュストリーム”に一新された。

クライマックス超必殺技“アルティメットビリオンバッシュ”

 社のクライマックス超必殺技は、大振りのパンチで衝撃波を生み出す飛び道具系の技。衝撃波が当たると演出に入り、暗転しながら無数の連撃をくり出した後、最後は社が拳を振りぬいた背後で相手が膝から崩れ落ちる。弾速はそれほど早くないため、コンボに組み込んでいくのがまずはおススメだ。

15 社 クライマックス
16 社 クライマックス2
17 社 クライマックス3

シェルミー

 シェルミーは見た目と裏腹に、多彩な投げ技を持つパワーに特化したキャラクター。通常技の使い勝手は従来通りなので、いままで使ったことのあるプレイヤーはすんなりと動かせるだろう。

 必殺技では細かい変更点が多く、“シェルミースパイラル”や“シェルミークラッチ”からの追撃専用技“シェルミーキュート”はコマンド入力のタイミングが変更。相手を叩きつけた瞬間ではなく、かなり早めに入力すると成功しやすい。

 また、大きな変更点として“アクセルスピンキック”の用途が広がっており、強版“アクセルスピンキック”は相手を飛び越したときに背後から攻撃できるように。EX版“アクセルスピンキック”は最初の飛び上がり部分に攻撃判定があり、ヒット後は追撃が可能だ。「近距離強パンチ~シェルミースタンド(1ヒット目)~EX版“アクセルスピンキック”~“シェルミーショック”」という爆発力のあるコンボができるようになり、よりシェルミーのパワーが感じられる調整となっている。

18 シェルミー

多彩なコマンド投げの威力は本作でも健在。それぞれの用途を理解してうまく使い分けよう。

19 シェルミー 新モーション

新モーションの近距離強キック。近距離強パンチに比べると距離が離れづらい印象を受けた。

20 シェルミー ジャンプ強パンチ

シェルミーは打撃での崩しも強みのひとつ。ジャンプ強パンチのめくり性能は健在なので、今回も重宝しそうだ。

クライマックス超必殺技“シェルミーエクスポジション”

 シェルミーのクライマックス超必殺技は、空中の相手のみつかめる投げ技。抱きつくようにとびかかった後、相手を高く蹴り上げ、最後は大胆なモーションで相手を叩きつける。EX版“アクセルスピンキック”からコンボになるほか、発生の早さを活かして対空技としても機能する。

21 シェルミー クライマックス
22 シェルミー クライマックス2
23 シェルミー クライマックス3

クリス

 クリスはオロチチームの中で特に攻撃の手数やスピードに優れたキャラクター。旧作ではそのスピードを活かしたジャンプ攻撃による攻めが強力で、本作でその個性はより進化を遂げた印象だ。

 オロチチームのほかのメンバーと同じく通常技の仕様はそれほど変わりないが、その中でも地上ふっとばし攻撃はモーションが変更。また、しゃがみ強キックはキャンセルが可能になっており、“スクランブルダッシュ”などと組み合わせることでスピーディーな展開のアクセントとして使いやすくなっている。

 必殺技では“シューティングダンサー・スラスト”と“シューティングダンサー・ステップ”が、庵の“葵花”と同じコマンドになり、しゃがみからでも出しやすいように変更。また、強版“スクランブルダッシュ”は低くジャンプをしながら移動するモーションとなり、空中にいる間に“グライダースタンプ”でキャンセルができるなど、いままで以上に相手を翻弄できるようになっている。

24 クリス

特殊技“キャリーオフキック”。クリスは全ての技が高性能で動きも早いため使いやすいキャラクターだ。

25 クリス 新モーション

新モーションのふっとばし攻撃。

26 クリス ディレクションチェンジ

ディレクションチェンジは、背面にまわって攻撃を加えるまでが1セットの技に仕様変更。

クライマックス超必殺技“オンスロートミラージュ”

 クリスのクライマックス超必殺技は、突進系の打撃技。ヒット後はクリスらしいスピード感のあるコンビネーションをくり出し、最後は吹き飛んだ相手を先回りして強烈な踵落としを決める。攻撃発生や無敵時間は十分なので、コンボや割り込みなど決めるところは見逃さないようにしよう。

27 クリス クライマックス
28 クリス クライマックス2
29 クリス クライマックス3

徐々にその全貌が明らかになる『KOF XV』。オープンβテスト以降も情報収集は欠かさずに!

 計39キャラクターのうち、本記事執筆時点の11月上旬ですでに33キャラクターが判明と、全体像が徐々に鮮明に見えてきた『KOF XV』。いままではトレーラームービーや特設サイトの情報でイメージを掻き立てられている状態だったが、このオープンβテストが実施されることにより、ファンにとって『KOF XV』が今までよりグッとリアルに感じられることだろう。
 
 筆者自身は今回で『KOF XV』をプレイしたのは2回目となったが、公開される情報とともに各キャラクターの仕上がり具合を体験することで、SNKが『KOF XV』で目指すビジョンがより鮮明に伝わってきた。

 今回のオープンβテストは短い期間ではあるものの、今後も参戦キャラクターの発表やチームストーリーの公開など想像や期待が膨らむ楽しみは続いていく。

 ひとまずは今回のチャンスでガッツリと『KOF XV』を堪能し、続く新情報の公開はもちろん、既存のトレーラームービーのチェックや旧作での復習など、『KOF XV』が正式稼働する際に抜かりが無いように万全の準備を整えておこう!

30 アウトロ
  • THE KING OF FIGHTERS XV特設サイト>
  • βテスト>
  • 『KOF XV』“神楽ちづる”や“七枷社”ら復活キャラをレビュー。PS5/PS4版のオープンβテストが11月20日からスタート

この記事の個別URL

THE KING OF FIGHTERS XV特設サイト

THE KING OF FIGHTERS XV特設サイト

タイトル
THE KING OF FIGHTERS XV
メーカー
SNK
ハード
PS5/PS4/Xbox X|S/PC
発売日
2022年2月17日発売予定
価格
各7920円[税込]
ジャンル
対戦格闘
CERO
15歳以上対象
備考
『Deluxe Edition』は各10890円[税込]

© SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

『THE KING OF FIGHTERS XV』公式サイト