『ドラゴンクエストX』プレイリポート その88

2012年8月2日に発売された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、そして2013年12月5日に発売された追加パッケージ『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』(以下、『DQX』)をプレイして、おもしろかった出来事や日々感じたことを、気ままに綴ります!

●キマシタヨー! スキル上限が130に解放!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 ついにきました! スキル130解放クエスト! 受注場所は、前回と同じく真のダーマ神殿!

▲今度は、ディエゴさんがお相手のようです。

▲おお……。ひと睨み……。スキルマスターさん、ぱねぇっす……!

 そんなわけで、ディエゴからスキル130解放の試練を受けることに。

▲いいですね! この適当な感じ! 個人的には、イケメン3人衆の中でイチバン好きです(笑)。

 さて、ディエゴに話しかけると、そのままボス戦へと突入します。しっかりと準備しておきましょう!

▲プ、プスゴンさん!

 ま、まさか今度の試練の相手はプスゴンですか!? ……と思ったら、この後いろいろありました(笑)。今回もお話がおもしろいので、気になる続きはぜひご自身で楽しんでください!

▲そんなこんながありまして、ヴォルカドラゴンと戦うことになります。

 俺が挑戦したパーティは、どんな敵が出てきても安定して戦えるように、戦士、僧侶、賢者、魔法戦士という編成にしてみました。賢者と魔法戦士はサポート仲間です。賢者は、零の洗礼と攻撃&回復補助として、魔法戦士は、バイキルト&フォース要員として雇っています。

 片手剣または弓を装備しているサポート仲間の魔法戦士は、敵の弱点属性のフォースをしっかり使ってくれるので、未知のモンスターと戦う場合にはオススメですよ!

▲ヴォルカドラゴンは1体のみなので、スキル120解放クエストに比べると楽に感じました。

 楽に感じたと言っても、範囲攻撃で200ダメージ以上食らう“たたきつぶし”、踊らされてしまう“ハッピーブレス”、さらにメラガイアーや“しゃくねつ”など、ヴォルカドラゴンは攻撃手段が豊富。おまけに、怒り状態になるとたまに“ベホマ”を使ってくるため、素早いロストアタックが重要になりますね。余裕があれば、ハッピーブレス対策にキラキラポーンを使っておくと安心という感じでしょうか。

 また、ヴォルカドラゴンは“みかわし草”で回避率を大幅に上げてきたり、“魔力の葉っぱ”でMPを回復してきたりします。とくに“みかわし草”を使われたときは、ロストアタックが当たらずベホマを使われてしまう、という最悪のパターンに陥る危険があるので、すぐに零の洗礼で効果を消すといいでしょう。ゴールドフィンガーで効果を消しても問題はないですが、“みかわし草”を使われている状態だと、ロストアタックと同じく当たらない可能性があります。

 といった感じで、ヴォルカドラゴンの各攻撃にきちんと対処できれば、ピンチな状況にはなりにくいと思います。

▲戦闘勝利後も、プスゴンとの楽しいイベントがあります(笑)。

 ヴォルカドラゴンを倒したらダーマ神殿に戻り、スキルマスターに話せばクエストクリアー! スキルポイントが130まで振れるようになります。

●フォースブレイクすげぇ! 魔法戦士がどんどん強くなっていく!

 俺が上限解放クエストのクリアー後にさっそく試したのは、スキル120解放時と同じく魔法戦士! 魔法戦士は、職業固有スキル“フォース”に130までポイントを振ることで、“フォースブレイク”という特技を修得できます。

 フォースブレイクとは、敵に攻撃してダメージを与えるとともに、その相手の全属性の耐性を大幅に下げるという効果。チャージタイムが90秒で、耐性低下の効果時間は60秒です。

 フォースブレイクの成功率は敵によってマチマチなので、敵が持っている何かしらの耐性に影響している気がします。しかし、成功した場合はとんでもないことになります!

 試しに、強ボス・ウルベア魔神兵強に使ってみたのですが、まずはコチラの写真を。

▲フォースブレイクが成功すると、“全属性の耐性がさがった!”と表示されます。

 この状態で、シャイニングボウで攻撃してみます。

▲おぉ……!

 なんと、6連撃のシャイニングボウで、1撃あたり290前後のダメージを与えられました!フォースブレイクを使っていない状態では1撃あたり140ダメージほどだったので、2倍近くに上昇していることになります。

▲ストームフォースがかかっている状態でのタイガークローやさみだれうちも、ダメージが2倍ほどに上昇しました。

 これはかなり強力! とはいえ、フォースブレイクが効きにくい敵もいますし、1度失敗したら90秒待たなければ再使用できないので、“効いたらラッキー!”くらいの感覚で使うのがいいですね。あまり期待しすぎると、失敗したときのガッカリ感が大きいので(笑)。

 あと、フォースブレイクを使っていて、「魔法戦士は賢者と相性がいいかも?」と感じました。賢者の“魔導の書”(敵が悪い状態にかかりやすくなる特技)って、フォースブレイクの成功率にも適用されている気がするのです。まだ検証回数が少ないので確定ではありませんが、“魔導の書”が効いている状態でフォースブレイクを使った場合、いまのところは100%成功しているんですよね。

 賢者は零の洗礼に加え、回復や蘇生もできるので、パーティにいれば僧侶の負担を減らせます。さらに、フォースブレイクが効けば、ドルモーアで1000近いダメージを与えることも可能なので、攻撃役としても活躍できるでしょう。ひとまずフレンドと強ボスに行くときには、パーティに賢者を入れていろいろ調べてみよう!

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトはこちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

■過去のプレイリポートはコチラ
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20
その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30
その31 その32 その33 その34 その35 その36 その37 その38 その39 その40
その41 その42 その43 その44 その45 その46 その47 その48 その49 その50 
その51 その52 その53 その54 その55 その56 その57 その58 その59 その60
その61 その62 その63 その64 その65 その66 その67 その68 その69 その70
その71 その72 その73 その74 その75 その76 その77 その78 その79 その80
その81 その82 その83 その84 その85 その86
その87


ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PCWindows / WiiWii / Wii UWii U
発売日 2013年12月5日発売
価格 パッケージ版、ダウンロード版ともに3800円[税抜](4104円[税込]) ※Wii版はパッケージ版のみ
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●本作をプレイするには、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:齋藤力

(c)2012 - 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2014年5月27日時点のものです。