ニコニコ自作ゲームフェス5 セレクション

“ニコニコ自作ゲームフェス5 セレクション”は、ニコニコ動画で開催されている自作ゲームの祭典“ニコニコ自作ゲームフェス5”の参加作品の中から、ゲームフェス運営が選んだゲームを毎週紹介していくコーナー。

  1. ファミ通.com>
  2. 企画・連載>
  3. ニコニコ自作ゲームフェス5 セレクション>
  4. ゲームの制作期間は24時間!キラリと光るセンスに笑いと感心、「あほげー」参加作品より3選【自作ゲームフェス5】

ゲームの制作期間は24時間!キラリと光るセンスに笑いと感心、「あほげー」参加作品より3選【自作ゲームフェス5】

2015-05-08 18:00:00

“ニコニコ動画”で開催されている自作ゲームの祭典、“ニコニコ自作ゲームフェス5”。その参加作品から、今回は「あほげー」の参加作品を紹介したい。

「あほげー」とは?
24時間で「あほなゲーム」を作るイベント。お題に沿って短期制作した「あほなゲーム」をネット配信し、みんなで「あほね!」ボタンを押していく。最終的にその「あほー」の数がいちばん多い作品が決まるという企画である。
ahoge.info

お題発表から24時間以内に「思いついて」「素材を集めて」「実装する」ため、制作者の腕やひらめきを、大喜利のように楽しむことができる。

その“あほげー”と“ニコニコ自作ゲームフェス”がコラボした“超あほげー”が、4月18日に開催された。その後に自作ゲームフェス5にも参加してくれた作品のなかから、3作品を紹介しよう。


■スーパーマーケットに行ったらなぜか世界が終わってしまった

IMG01

『はじめてのおつかい アルマゲドン』
【投稿者】 ボロ物置さん
【URL】driving-potato.digi2.jp/dsuper1.html


“超あほげー”時の参加作品で、テーマは“スーパーマーケット”。

「犬をケチャップで洗っていたら、ケチャップがきれてしまった。
 まだまだ足りない!近所のスーパーに買いに行こう!!!
 はじめてのおつかい、無事にレジまでたどり着けるか・・?」
このプロローグ的説明も、かなりあほらしいうえにカオスである。

ゲームとしては、画面内の気になるところをクリックしていくクリックゲーム。所定の位置をクリックすることで、何かしらの演出が起きたり、次の場面へと進んでいく。


IMG02

▲スーパーマーケット。クリックできる箇所がいくつかあり、たとえば魚が飛び出してくるような演出が。ケチャップやレジを探せば良いのだろうか?

「たどり着けるか?」とあるからには、ふつうはたどり着く方法があるはずなのだが、たどりつけそうもない。さすがは「あほげー」。


IMG03

▲スーパーマーケットにいたはずなのに、なぜか海へ。そして、世界の運命は?アルマゲドンとは!?

なおこちらの作品は、この回で一番多くの「あほー」数を獲得した作品である。秩序を破壊しかねないこの凄まじいあほの世界を堪能しよう!


■魚をさばく主人公も、短期ゲーム制作も鮮やかな腕前!

さわやか鮮魚部門【ニコニコ自作ゲームフェス5】

『さわやか鮮魚部門』
【投稿者】 ごぼりさん
【URL】gobori.ehoh.net/flash/sengyo/


同じく、テーマは“スーパーマーケット”。
マウスでドラッグし、魚を三枚下しにしていくというアクション性のあるゲームになっている。


IMG04

▲マウスでドラッグした線が2本魚に重なれば、三枚下しにすることができる。どんどん現れるすべての魚を、なるべく少ない線で三枚下しにしていこう

IMG05

▲切る位置を見極めると、忍者のような速さで魚を下ろしていく主人公

ルールは簡単なのだが、魚の数が増えていき、ハイスコアを目指すには迅速な判断力が必要になってくる。

シンプルだけれどつい遊んでしまう、良く出来た「あほげー」。
これをお題発表からの24時間内に制作するという、作者の技量にも驚かされる。決められたお題とルールの中で仕上げられた見事な作品だ。

なお今回自作ゲームフェス5の参加用に用意された動画は、オープニングもしくはPVと言える内容。
この男はなぜ、鮮魚部門になったのか。すごいようなすごくないようなそのドラマも、思わず「あほね!」と笑みがこぼれてしまうのである。
気分を盛り上げるためにも、ぜひ見てみよう。


■爽快なのかあほなのか!? 285人を1人で撃破せよ!

285人くらいおれ一人で倒してみせるぜ 【ニコニコ自作ゲームフェス5】

『285人くらいおれ一人で倒してみせるぜ』
【投稿者】Mineさん
【URL】
DL版(要Javaプラグイン)
Web版
Android版


こちらは2012年に開催された「あほげー」第3回、テーマ“285”の参加作品。
ゲームタイトルも「あほね!」を押したくなるようなセンスだが、まずは動画を閲覧せずに、とにかく遊んでみてほしい。

285人の刺客が束になって襲いかかってくるので、パンチやキックで倒していく。
キャラクターは棒人間で、これまた棒人間の敵キャラクターがやってくる姿は、良い意味で肩の力が抜ける。


IMG06

▲ステージを進むにつれて、敵の登場の仕方にも驚かされることに

IMG07

▲クリア時の一言もあほらしくていい

あほな見た目に油断していると、意外とやられてしまうのもなかなか悔しい。特殊な必殺技もあるので、285人をどんどんふっとばしてみよう。

もちろん、多くの「あほー」数を獲得した作品であることは間違いない。



これらのように、わかりやすくて面白い「あほげー」作品。
今回紹介した以外にも、数々の作品が自作ゲームフェス5に参加してくれている。

今後予定されている“超あほげー”にも期待したいところだが、まずはフェス5参加作品の中から、実際に遊んでみたり、実況動画にしたりと、みんなで「あほね!」の思いを共有してみてほしい。
ゲームを制作する人にとっては、短期間のうちに思いつき制作されたという点についてもいい刺激になるだろう。


 

・・・

「自作ゲームフェス5」の参加受付は、5月10日23:59 まででいよいよ締め切りとなる。
今回紹介した作品のように、短時間で制作したゲームや、過去に制作したゲームでも参加が可能。簡単な動画さえ用意できれば参加可能なので、まだ1作品も応募していない人は、ぜひこの機会に参加してほしい。

ゲーム制作をしない人も、参加作品を発掘・体験することはもちろん、ゲーム実況などを行うことも自由。

作る人も遊ぶ人も、ぜひ“自作ゲームフェス”の場でつながろう。


■ニコニコ自作ゲームフェスとは

ニコニコ自作ゲームフェスは、「ゲームを作るひと」「遊ぶひと」「二次創作をするひと」をつなぎ、個人で作ったゲームがより多くの人にプレイされるようになることを目指すお祭りです。


■自作ゲームフェス5開催中!

自作ゲームフェス5応募要項はコチラ!

■自作ゲームフェス 公式サイト
■自作ゲームフェス チャンネル
■自作ゲームフェス事務局 twitter