Galiard選手、教えて! ASTROが贈る最強ゲーミングヘッドセット“ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット+MixAmp Pro TR”の実力【PR】

ロジクールは、コンシューマ向けヘッドセットブランド“ASTRO Gaming”の国内展開を開始した。2018年9月20日より日本上陸を果たし、アメリカで長年売れ続けているのがAstroゲーミングである。本稿では、ゲーミングヘッドセットとアンプ“ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット+MixAmp Pro TR”を紹介。

 北米にて、コンシューマー向けesportsシーンを強く意識したゲーミングブランド“ASTRO”。そのベストセラー商品とも言えるヘッドセット+アンプ“ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット + MixAmp Pro TR”が日本上陸。ロジクールより、2018年9月20日から国内にて発売されている。価格は31250円[税抜]。

 この製品の最大の特徴は、ヘッドセット“A40 TR”とアンプ“MixAmp Pro TR”を組み合わせることで、ヘッドセットとしての性能がグッと引き出されるところにある。とくに対戦においては、こうした音へのこだわりが勝敗を分けることもあるはず。そこで今回は“A40 TR”の性能をご紹介として、本製品の概要をお伝えするとともに、2ページ目ではプロゲーマーのGaliard選手(DetonatioN Gaming 『Call of Duty』部門所属)に使い心地を伺った。

左から、ヘッドセット“A40 TR”とアンプ“MixAmp Pro TR”。“ASTRO A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR”ではこの2つがセットとなっている。

“MixAmp Pro TR”で“A40 TR”の音質は驚くほど変わる!

 “ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット+MixAmp Pro TR”は、ヘッドセットの“A40 TR”とアンプ“MixAmp Pro TR”の2つから構成されている。

 今回はPS4で使用。使い方は、まず“MixAmp Pro TR”とPS4をMicro USBケーブル、TOSlinkオプティカルケーブルでつなぎ、さらに“MixAmp Pro TR”と“A40 TR”をA40インラインミュートケーブル(マイク用ミュートボタンが付いたイヤホンジャックケーブル)で接続する。PS4側の設定を調整したら、すぐに使用できるようになる。

 ヘッドセットとアンプをPS4に繋いだら、メニューの「設定」→「サウンドとスクリーン」→「音声出力設定」→「主に使用する出力端子」を「光デジタル出力」、「音声フォーマット(優先)」を「ビットストリーム(Dolby)」に設定。また「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」→「ヘッドホンへの出力」を「チャット音声」に設定するとマイクがオンになる。

 使っていて真っ先に感じたのは、“MixAmp Pro TR”の存在が何より大きいことだ。“MixAmp Pro TR”を挟まない場合と比べると、こちらのほうが音のクリアさが向上したように感じた。

 今回はテストとして『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』(CoD: BO4)をプレイしたのだが、“MixAmp Pro TR”があると低音から高音までがよりしっかりと聞こえるし、Dolby Headphone 7.1バーチャルサラウンドによる立体音響が実現されているため、とくに大事になる銃声や足音の方向もよりはっきりと聞き取れる。要するに音の定位が掴みやすくなるのだ。音による情報量が増えるので、もはや弱点補正ツールになりかねない(笑)。

足音、銃声、リロード音と、聞き分けるべき音がよりクリアに聞こえる印象だ。

 “MixAmp Pro TR”では音量調整だけでなく、ゲーム音とボイスチャット音のバランス調整、そして4つの音質補正(イコライザー)プリセットの切り替え機能も付いている。
 音質補正プリセットについては、PCに“MixAmp Pro TR”を接続し、専用のソフト「Astro Command Center」をインストールして立ち上げれば、ソフト側で音質補正をさらに細かく設定できるのだ。
 『CoD: BO4』であれば銃声や足音の音域をより目立たせるような専用プリセットを作ってみるなど、使い方の幅が広がる。PCを持っているなら、ぜひこうしたイコライザーのカスタマイズにもこだわっていただきたい。

PCにインストールして使用できる「Astro Command Center」。イコライザーのプリセット調整でき、プリセットは4つまで保存できる。こちらでマイクの音量調整も可能。

密閉性を重視した“A40 MOD KIT”で見た目と付け心地が変化

 “A40 TR”はそのフィット感がいい。ヘッドバンド部分には厚めのクッションがあり、頭の頂点と左右の耳でヘッドセットを支えるイメージなのだが、ヘッドセットの重みが頭部分でかなり軽減されるので、耳への負担はまったく感じない。イヤークッションの柔らかい素材も相まって、長時間付けていてもどこかが痛くなることがないのは、コアゲーマーにとってうれしいポイントのひとつだ。

 なんと、“A40 TR”の各パーツは取り外し可能だ。イヤークッションとバックスピーカータグは磁石によって装着するため、脱着も楽ちん。なお、ボイスアイソレーションマイク用のジャックは左右どちらのバックスピーカーにも付いているので、バックスピーカータグを左右交換することで、マイクの位置を右と左で変更できる仕組みを採用している。

 個人的に「さすが配慮が行き届いているなぁ」と思ったのが、マイクが取り外せること。人によっては「マイクは別でスタンド型を使っている」、「ボイスチャットはそんなに使わないので、マイクが邪魔なときがある」といった場合もあるので、マイクは必要な時だけ接続すればいいのだ。

 また“A40 TR”の特徴には、イヤークッションやヘッドバンドを付け替えられるカスタマイズ性も挙げられる。オプション製品の“A40 MOD KIT”(7750円[税抜])はイヤークッション、ボイスアイソレーションマイク、ヘッドバンド、バックスピーカータグがセットになっており、それぞれのパーツと交換できるセット商品だ。

 一見するとただのカラーバリエーションのようにも見えるが、イヤークッションとヘッドパッド、つまり頭や耳に直接触れる部分の素材がオリジナルと異なっているのがポイントだろう。

 “A40 TR”オリジナルのものは柔らかいクロス素材が使われているのに対し、“A40 MOD KIT”では合成皮革製のノイズキャンセリングイヤークッションが使われている。使い心地としては、オリジナルが柔らかくフィットするのに対し、“A40 MOD KIT”はピタッと吸着するような違いを体感するだろう。

 こちらの“A40 MOD KIT”の狙いには、大会などの賑やかな環境の中でもよりプレイに集中できることが挙げられている。合成皮革製のイヤークッションでより密閉性が増し、バックスピーカータグにはシリコン素材を採用して外の音の遮断と音漏れ防止の効果が生まれているからだ。

 付け心地や使うシーン、また色使いの好みも含めて、わざわざ密閉型の遮音性に優れたヘッドセットを買うよりは、こちらの“A40 MOD KIT”さえ追加購入すれば補える訳だ。