更新履歴

新生エオルゼア冒険記

てくてくエオルゼア

関連記事

双剣士の毒はDoTではない! 『新生FFXIV』プロデューサーレターLIVE in 幕張 2日目まとめ(その2)【TGS 2014】

 千葉・幕張メッセで催された東京ゲームショウ2014の最終日となる9月21日、スクウェア・エニックスブースのステージにて、前日に行われた“エオルゼア領勢調査”に続いて“出張プロデューサーレターLIVE in 幕張”が開催された。今回は“パッチ2.4特集”と題し、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の次期大型アップデート、“DREAMS OF ICE FFXIV PATCH2.4 氷結の幻想”の新情報が発表されたのだ。

記事の公開時間 : 2014-09-22 01:15:00
  • 86RT
  • 『新生FFXIV』ファンフェス応募方法、アレンジBDM発売決定などお知らせ尽くし! プロデューサーレターLIVE in 幕張 2日目(その1)【TGS 2014】

     2014年9月21日、東京ゲームショウ 2014のスクウェア・エニックスブースのメインステージにて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の最新情報を発表する“出張プロデューサーレターLIVE in 幕張”が開催された。ここではゲーム内の情報とは別に発表された、さまざまなニュースを先行してお伝えしよう。

    記事の公開時間 : 2014-09-21 17:30:00
  • 60RT
  • 4280億179万5062ギルあったら何に使う? 『新生FFXIV』エオルゼア領勢調査まとめ【TGS 2014】

     千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2014。その一般公開日初日となる9月20日、スクウェア・エニックスブースのメインステージにて『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のイベント、“出張プロデューサーレターLIVE in 幕張”が開催された。今回のテーマは“エオルゼア領勢調査”。データから本作の“いま”を切り取る試みだ。

    記事の公開時間 : 2014-09-20 19:00:00
  • 64RT
  • 吉田プロデューサーも乱入! 『新生FFXIV』PvPフロントラインメディア対抗戦リポート【TGS 2014】

     『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』(以下、『新生FFXIV』)の人気コンテンツ、PvPフロントライン。千葉・幕張で開催中の東京ゲームショウ2014のビジネスデー2日目となる9月18日にそのメディア対抗戦が開かれ、急遽吉田直樹プロデューサー兼ディレクターが助っ人として参戦。白熱した戦いとなった。その模様をお伝えする。

    記事の公開時間 : 2014-09-19 19:10:00
  • 45RT
  • 2014年の“ゲーム大賞”は『モンスターハンター4』と『妖怪ウォッチ』がW受賞! 桜井政博氏が『ブラザーズ 2人の息子の物語』の魅力を紹介【TGS 2014】

    本日9月18日、“東京ゲームショウ 2014“で開催された“日本ゲーム大賞 2014”の授与式が行われ、大賞は『モンスターハンター4』と『妖怪ウォッチ』のW受賞となった。

    記事の公開時間 : 2014-09-19 00:35:00
  • 93RT
  • “日本ゲーム大賞 2014”の経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞、年間作品部門の各賞が決定【TGS 2014】

    一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する“日本ゲーム大賞 2014”の受賞式が行われ、年間作品部門の各賞と経済産業大臣賞、 ゲームデザイナーズ大賞が発表された。

    記事の公開時間 : 2014-09-19 00:10:00
  • 71RT
  • パッチ2.4のタイトル判明! 『新生FFXIV』コーナーガイド【TGS 2014】

    2014年9月18~21日(18、19日はビジネスデー)で開催されている東京ゲームショウ2014でのスクウェア・エニックスブース内『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』コーナーの様子を紹介。同日配布されたメディアキットの中で、パッチ2.4の副題が明かされたほか、8人対8人対8人で戦う、会場版PvPフロントラインのルールも判明したのだ。

    記事の公開時間 : 2014-09-18 23:52:00
  • 136RT
  • 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 韓国でのサービスを2015年に運営開始予定

    スクウェア・エニックスと、盛大遊戯(シャンダゲームズ)グループのActoz Soft(アクトズソフト)は、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の韓国における独占販売権をアクトズソフトに許諾することに合意した。また、韓国におけるサービスは、2015年に運営開始予定。

    記事の公開時間 : 2014-09-16 14:35:00
  • 38RT
  • 『新生FFXIV』のBGサウンド(環境音)は、こうして作られた!【CEDEC 2014】

    2014年9月2日〜4日の3日間、パシフィコ横浜にて日本最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”が開催されている。その2日目に行われたセッション、“俺らはこうした!FINAL FANTASY XIVのBGサウンド構築 〜次世代開発への橋渡し〜”をリポートする。

    記事の公開時間 : 2014-09-05 01:00:00
  • 37RT
  • なぜ『新生FFXIV』のロードは短くなったのか? 講演“ファイナルファンタジーXIVのファイルシステムとパッチシステム”【CEDEC 2014】

    2014年9月3日、パシフィコ横浜にて開催中の、ゲーム開発者のためのカンファレンス“CEDEC 2014”にて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のファイルシステムとパッチシステムに関する講演が行われた。これは作品が新生するにあたり、ファイルまわりでどんな工夫がなされたかを語ったもの。講師はスクウェア・エニックス『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』プログラマーの青野晃氏だ。

    記事の公開時間 : 2014-09-04 17:30:00
  • 171RT
  • このまとめサイトの個別URL

    新生エオルゼア通信.com Powerd by ファミ通コネクト!オン

     コネオン最初となる『新生FFXIV』のムックのテーマは、あふれる情報の中から、コネオンなりのプレイヤー目線で、本当に知りたいジョブの立ち回りとバトルコンテンツの攻略をピックアップ。
     ジョブ解説のページでは、考えかたや判断基準という伝えづらいニュアンスを、できる限り表現。
     コンテンツ攻略のページでは、コネオン小隊が実践した方法をもとに、ほかに類を見ないほどステップを刻んで大迷宮バハムート:邂逅編、極蛮神討滅戦、インスタンスダンジョン、クリスタルタワー:古代の民の迷宮、ギルドオーダー、レリック取得の詳細などを攻略しています。  そして吉田直樹氏、皆川裕史氏、権代光俊氏、前廣和豊氏、祖堅正慶氏、開発コアメンバーにバトルとの関わりかたを中心にいまだから話せる貴重な話をあれこれを訊ねています。
     『FFXIV』を掘り下げてきたコネオンによるDoTのようにじわじわ効く戦う力と生き抜く知恵の結晶たる1冊。初心者の方もベテランの冒険者さんも、これから始めようという方にもきっと気づきがありますよ!

    ファイナルファンタジーXIV
    新生エオルゼア通信 Vol.1
    パッチ2.1 実践バトルナビ

    4月2日発売 1500円+税

    10月号は、正式サービス開始から丸1年の『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』を超クローズアップ! 1周年記念イラストの表紙に始まり、同イラストとフロントラインのイメージイラストが描かれたリバーシブルB2ポスター、大迷宮バハムート:侵攻編を1層から4層まで網羅した32ページ攻略小冊子などいたるところが『新生FFXIV』尽くし! もちろん本誌記事も極ラムウ討滅戦攻略、クリスタルタワー:シルクスの塔攻略、アイテム分解研究、フロントライン最新事情研究など、いまが旬のコンテンツに注目しています。この1年を振り返りながら、吉田直樹プロデューサー兼ディレクターから読者へのメッセージを読んでほっこりし、吉田氏のサイン入りポスターの読者プレゼントにぜひご応募を!

    ファミ通コネクト!オン
    2014年10月号

    8月27日発売 特別定価 本体880円[税込]