『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第112回)  スライムジェネラルはバトルもアクセサリーの性能も大満足!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第112回(通算212回)。

●バージョン3.4後期の情報が公開!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 2016年11月25日に放送された“DQXTV”で、バージョン3.4後期のアップデート情報が公開されました! なかでも驚いたのは、何と言っても“職業スキルの追加”! スキル160~180までが解放され、武器と同じような仕組みで自由にセットできるようです。

※写真は“目覚めし冒険者の広場”からの転載です。

 職業ごとの新たに解放されるスキルは以下のとおりです。

戦士:ロストブレイク……ダメージを与えテンションを1段階下げる。敵の“激怒”状態を解除可能。
僧侶:ベホマ……詠唱時間が早く、HPを超回復。
魔法使い:ぶきみな閃光……3連続攻撃をしながら、呪文耐性を1段階ダウン。成功率は攻撃魔力依存。
武闘家:行雲流水……一定時間テンションが下がらない。
盗賊:テンション轟奪拳……相手のテンションを1段階盗み、会心率、呪文暴走率もアップ。
旅芸人:超ハッスルダンス……周囲のパーティメンバーのHPを大回復。
バトルマスター:灼熱とうこん討ち……2回連続攻撃を与えテンションを2段階アップ。
パラディン:不動のかまえ……重さと守備力を2段階アップし、ふきとばされにくくなる。
魔法戦士:クロックチャージ……パーティメンバーのチャージ時間を10秒短くする。
レンジャー:ケルベロスロンド……3回連続でダメージを与え、さらに相手の受けるダメージを増やす。
賢者:きせきの雨……周囲のメンバーに、食らったダメージの50%を回復する効果。
スーパースター:ラグジュアルリム……周囲に大ダメージ&一定時間、消費ゴールドがすべての特技でゼロに。
まもの使い:エモノ呼びの咆哮……対象のモンスターにショックを与え、さらにモンスターを2体呼ぶ。
どうぐ使い:どうぐ最適術……どうぐ倍化術、どうぐ範囲化術、ピオラ2段階を付加する。
踊り子(うた):神速シャンソン……特技と呪文の発動を速くし、さらにピオラ2段階を付加する。
踊り子(おどり):ギラグレイド……前方範囲に炎属性攻撃。
占い師:魔王のいざない……デッキに入っているSSSランクのモンスタータロットを手札に呼び寄せる。

 ついに“激怒”を解除できるようになります! ほかにも、武闘家やどうぐ使い、魔法戦士などの新スキルがすごそう! これはまた、スキルポイントの振り分けに悩むことになりそうです……!

 ほかにも、いろいろな情報が飛び出しました。気になる人は、ぜひ“目覚めし冒険者の広場”でチェックしてみてください!

●スライムジェネラルはバトルもアクセサリーの性能も大満足!

 2016年11月24日に追加された、新コインボス“スライムジェネラル”。コインはオーグリードのふくびき景品で入手でき、現在(11月28日現在)、旅人バザーでは非常に高額で取り引きされています。新ボスということもありますが、何よりも討伐報酬のアクセサリーがすごい!

<スライムジェネラルの討伐報酬アクセサリー>
武刃将軍のゆびわ……攻撃力+10、最大HP+2、行動時3%でバイシオン、攻撃力アップ効果時間+15秒、おしゃれさ+2

魔導将軍のゆびわ……攻撃魔力+10、最大HP+2、行動時3%で早詠みの杖、呪文威力アップ効果時間+15秒、おしゃれさ+2

 職業を問わず、喉から手が出るほど欲しくなる性能! コインの取引相場が高いのも納得です。さらに、幻界闘士のゆびわ、幻界導師のゆびわの伝承合成まで可能!

 これは久々に本気で欲しくなるアクセサリーですね。とくに“行動時に一定確率でバイシオン”は、メンバーの攻撃力をアップさせられる職業がいないパーティ編成にも、新たな可能性が出てくるかも。いる場合でも、攻撃力アップの維持が楽になりそうです。

 合成効果に“行動時3%でバイシオン”があるようなので、理論値では行動時12%でバイシオンの効果が! 確率は早詠みの杖も同様で、こちらは僧侶にも役立つ性能ですよね!

 そんなわけで、さっそくスライムジェネラルと戦ってきました!

 パーティ編成は、戦士×2、旅芸人、僧侶。今回、俺よりも前に挑戦していたフレンドから聞いた話によれば、真・やいばくだきやプラズマブレードが比較的効きやすいとのことだったので、戦士ふたりで交互に使っていく戦法が有効のようです。あとは僧侶とバイシオン役の職業を1名。俺は初挑戦なので、とりあえず回復や蘇生役も兼ねて旅芸人を入れてみました。

 開幕直後に真・やいばくだきが入ったので、出だしは順調。ちなみに、スライムジェネラルが使ってくる攻撃は、以下のものが確認できました(※戦ってみて実際に確認できたものだけです)。

Wアタック……対象に300前後のダメージを2回与える
イオグランデ……周囲に400前後の光属性ダメージ。詠唱は早め
スパイラルラッシュ……周囲に600前後のダメージ&攻撃力を2段階低下
ジェネラルプレス……その場でジャンプして周囲に600前後のダメージ&ふっとび効果
メテオストライク……発動後、地面が赤く光った場所にいると、600前後のダメージ
ジェネラル・ブレイク……対象とその範囲に1000前後のダメージ
仲間呼び……スライムベホマズン×2か、スライムベホマズン&クイーンスライム&キングスライムを呼ぶ

 この中で危険なのがジェネラル・ブレイク。ダークドレアムのグランドクロスのような技で、長い溜めの後、対象と周囲に1000前後のダメージを与えてくるので、食らうと一気にチカラ尽きてしまいます。対象となったメンバーは、急いで仲間から離れましょう。しかし、ジェネラル・ブレイクは単発攻撃なので、“聖女の守り”が有効。なので、全員“金のロザリオ”を装備しておけば、この攻撃による事故は減ると思います。もちろん、余裕があるときに僧侶が聖女の守りを使えばいいのですが、余裕がないときもありますしね。

 あとはスパイラルラッシュに攻撃力2段階低下の効果があるので、バイシオン役の職業は気を付けておくといいでしょう。

 スライムジェネラルは、ある程度HPが減ってくると“仲間呼び”を使ってきます。何回か戦ってみましたが、HPをある程度減らしたら100%使ってきました。

 仲間として呼び出されたスライムベホマズンは、ベホマズンでHPを回復してきますが、出現と同時に全員で範囲攻撃を出したら、すぐに倒せました。HPは2000ほどしかない感じでしたね。

 それ以外では、戦士ふたりが真・やいばくだき、プラズマブレードを交互に使いつつ、敵からターゲットされた人が後方に下がる、いわゆる“タゲ下がり”をしながら立ち回れば、ものすごく安定して戦えました。ただ、真・やいばくだきの効果が切れた合間などに攻撃を食らうと一気にHPが減ってしまうので、油断は禁物。

 スライムジェネラルのHPが減って名前が赤くなったら、旅芸人に対して激怒状態になったので、旅芸人は距離を離しつつ残りのメンバーが壁になって戦っていました。すると……。

 あれ? 終盤に使ってくるはずの仲間呼びを使われないまま倒してしまいました。討伐時間は約3分。どうやら、激怒状態では仲間呼びを使ってこないようです。なので、仲間呼びを未然に防ぐ意味でも、終盤は“激怒状態をいかに維持して戦えるか”が重要になりそうです。

 激怒された仲間がチカラ尽きると激怒が解除されてしまうので、すぐに仲間を呼ばれるはず。メンバーどうしで意思疎通を図り、しっかりと“タゲ下がり”しながら戦うといいでしょう。

 称号は“寒天将軍ストライカー”。寒天……? スライムって寒天だったの?(笑)

 そんな感じでアッサリと勝利してしまいましたが、終盤に仲間を呼ばれるパターンでも戦ってみたいということで、今度はわざと仲間を呼ばせる戦いかたで挑戦!

 いきなり見殺しにされる旅芸人の図。初戦で余裕勝ちしたせいか、戦いかたもいささか適当になります(笑)。

 しかし、やはり1度倒すと心に余裕が生まれるものですね。危なげなくHPを減らしていけました。すんなりいけすぎて、また仲間呼ばせないまま倒しそうに(笑)。

 そして、今度こそ終盤の仲間呼び! キングスライム、クイーンスライム、スライムベホマズンが登場! どうやら中盤のスライムベホマンズン2体は、スライムジェネラルと同じ場所、終盤の3体は、スライムジェネラルの場所関係なく、エリアの中心に出現するようです。

 とりあえず、ベホマズンを使われる前にスライムベホマンズンを倒して……と余裕をかまして戦っていましたが。

 キングスライムが“いてつくはどう”、クイーンスライムが“マヒャド”を使ってきた! うおー! まじか! 意外と手強い! そんなことをしているあいだにも、スライムジェネラルは攻撃を仕掛けてきます。これはきつい!

 チーン。さらに、またスライムベホマズンを呼ばれます。カオスな状況に(((( ;゚Д゚)))

 しかし、なんとか体勢を立て直し……。

 うおー!(戦地に突っ込む勇者の図)

 ふう。勇者の活躍もあって、なんとか勝利できました(違)。

 最初は「けっこう簡単なボスだな~」と思いましたが、終盤に仲間を呼ばれると難度が跳ね上がります。しかし、うまく立ち回れば仲間を呼ばれずに倒すことも可能なので、スライムジェネラルの攻撃の避けかたなども含め、対処法をしっかりと覚えて戦えば、比較的倒しやすい相手でもあると思います。個人的には、“久々の正統派のボス”という感じがして、戦っていてすごく楽しかったです!

 もっと戦いたいですが、いかんせん現在はコインの取引相場が高すぎるので、ちょこちょこ通ってみようと思います。

 え? 報酬?

▲……。

 あ、最後になりますが、カジノの景品に“Sジェネラルの練習札”が追加されていました! コインを使う前に、まずはこれで練習してみるといいですよ!

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第111回第110回第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 WiiWii / Wii UWii U / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid / iOSiPhone/iPod touch
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2016年11月28日時点のものです。