『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第110回) “合コン”に行ってきました!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第110回(通算210回)。

●アスフェルド学園の第4話が……

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 アスフェルド学園開校から1週間後、追加シナリオの第4話が配信されました! さっそくプレイしてクリアーしたのですが……。

 ……。いや、みなまで言いませんが(笑)。第4話では、新たなスキルノートが取れる“願いの想域”に挑戦できるので、スキルノート集めのためにも、早めに第4話まで進めたほうがいろいろとオトクですよ!

●“合コン”に行ってきました!

 基本的にアスフェルド学園では、NPCを仲間にしてストーリーを進めていきますが、ほかの冒険者といっしょに遊べる“合コン”と呼ばれるコンテンツも用意されています。

 合コンとは“合同懇親教練”の略で、決して合同コンパのことではありません! ちなみにフウキ委員も風紀委員ではなく、“封印危機対策委員会”の略です!

 合コンは、ストーリーの第2話で受けられるクエストをクリアーすれば遊べるようになります。合コンにはブロンズ、シルバー、ゴールデンという3種類のクラスがあり、いずれも冒険者4人で協力してボスを倒す、という内容になっています。

 ボスを倒せば、それぞれ対応した“ジュエル”をもらえ、それを集めることで武器やアクセサリーと交換できちゃうという仕組み。つまり、「合コンでジュエルをたくさんお持ち帰りして、強力な装備を作っちゃおう!」ということですね。願いの想域同様、こちらもやり込み甲斐がありそう! ちなみに、合コンへ行くには“教練チケット”が1枚必要になります。教練チケットは、ストーリー第3話以降から挑戦できる願いの想域内で入手できますよ!

▲いまの俺の状態はこんな感じ。ぶんまわし+渾身斬り+全身全霊斬りのノートと、すてみ+ためる弐のノートがまったく出ない……。

 前回のプレイ日記で書いた理想の形にはならなかったものの、それなりに戦えるようになった気がします。これならほかの冒険者の足手まといにはならはず!

 どのクラスも最初から選べますが、まずはいちばん弱そうな気がするブロンズに挑戦! 相手はカイザー先生でした。こんな見た目でも、魔物ではなく先生のようです。

 開戦時、いきなり“すてみ”と“たたかいのビート”を被せてしまうという失態。さらに魔蝕を避けそこね、プラズマリムーバーを使うチャンスをも潰し……。初めての合コンにアタフタしていたら、スーパーハイテンションからの全身全霊斬りを行った冒険者が強烈な一撃でカイザー先生を倒してくれました。つええぇぇえ!

 続いてシルバークラスに挑戦。ここで登場するビスト先生は、一定時間ごとにモンスターをたくさん召喚してきます。これはぶんまわしのチャンスだぜ! しかし、テンションを溜める手段がないので、そのまま使ってもダメージが微妙……。まだ武器が弱いこともありますが、ほかの冒険者が俺の3倍以上のダメージのぶんまわしを当てて、つぎつぎと倒していってくれました。

 ラストとなるゴールデンクラスのお相手は、クリスティーヌ先生。ここでも(パーティメンバーの)スーパーハイテンション全身全霊斬りが大活躍!

 クリスティーヌ先生は、自身のHPが減ってくると、なんとダークキングのように水晶を召喚してきます。もちろん水晶はレーザーを放ってきました! “めいそう”で回復しながらレーザーからヒィヒィ逃げていたら、パーティメンバーがクリスティーヌ先生を撃破!

 そんなこんなで、とりあえず3種類のクラスに挑戦してみましたが、終始パーティメンバーが大活躍! 俺は完全に空気と化していて、役に立っている感がまったくありませんでした! 完全にお荷物状態です。これは恥ずかしい……! やはり願いの想域と合コンは別モノと考えて、スキルを構成しないといけませんね……。

 とりあえずやってみてわかったのは、「自分だけの強化や回復だけではダメ」ということと、「ためる弐からの単体攻撃がスゲー強い!」ということ。そのあたりを踏まえて、いま持っているスキルノートで再構成してみました。

 まず、ためる弐は必須! 全身全霊斬りがなかったので、弓のさみだれうちとダークネスショットをセット。遠距離から攻撃できるので、なかなかいいのではという考えです。あとは範囲回復用にハッスルダンス。たたかいのビートは、パーティメンバーの誰かが使ってくれることを祈ります(笑)。チカラ尽きた場合や、たたかいのビートがなかったときの保険として、呪文でバイシオンを修得。このスキル構成で再挑戦してみました!

 いきなりのバギクロスにハッスルダンスで回復! とにかくハッスルダンスを定期的に使い、役に立っている感をアピールです!

 そしてスク水スーパーハイテンションからのダークネスショット! うひょー! 気持ちいい! 装備があまり強くないのでダメージは微妙な感じですが、さっきよりは全然強い! また、遠くから攻撃できるので被弾も少なく、バトルエリア全体を見やすくなるので、いろいろな対処がやりやすくなりました。

 しかし、ザオラルなど蘇生呪文がないので、仲間がチカラ尽きたときにはパーティメンバーが蘇生してくれることを祈りつつ、そこにハッスルダンスを合わせることしかできず……。合コンでは、蘇生呪文も重要ですね。今度は、合コン用に適したスキルノートを揃えるために願いの想域に篭ろうかな……。

 そして2016年11月30日(水)の23:59まで、アスフェルド学園にて期間限定イベント“第1回スプリングナイトフェス”が開催中です! “合コン”に参加できる方なら、特別な教練で“フェスアクセ”が入手できるようですよ! 詳しくは“目覚めし冒険者の広場”のイベントページでチェックしてみてください!

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第109回第108回第107回第106回第105回第104回第103回第102回第101回第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid / iOSiPhone/iPod touch
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2016年11月14日時点のものです。