PS4『Detroit: Become Human』、世界累計実売200万本突破。Quantic Dreamにとって最速の記録。インタビュー記事リンク集も

PS4ソフト『Detroit: Become Human』(2018年5月25日発売)が世界累計実売200万本を突破。Congratulations, Quantic Dream!

 2018年12月13日、プレイステーション公式Twitter(@PlayStation_jp)は、PS4ソフト『Detroit: Become Human』(2018年5月25日発売)が世界累計実売200万本を突破したことを発表した。発売から約5ヵ月での200万突破は、開発会社Quantic Dream(クアンティックドリーム)にとって最速の記録とのこと。

 『Detroit: Become Human』は、“アンドロイドは命かモノか。”をテーマに、2038年のアンドロイドが普及した近未来のデトロイトを描いたアドベンチャーゲームとして発売。捜査官として“変異体”になったアンドロイドの捜査に携わるコナー、アンドロイドたちを導き、人類からのアンドロイド解放を目指すマーカス、そして、幼い少女を守るため、少女とともに逃亡の道を選ぶカーラ、3体のアンドロイドの交錯する物語が描かれる。

 劇中では、いくつもの選択肢が現れ、どの選択肢を選んだかによって、物語が無数に変化していく。選択によっては主人公のアンドロイドが破壊される展開もあり、プレイヤー自身が紡いだ“自分だけの物語”をプレイヤーどうしで話すことも魅力のひとつとなっている。

 制作を手掛けたのは、フランスの開発会社Quantic Dream。Quantic Dreamは、過去に『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』や『BEYOND: Two Souls』といった、プレイヤーの選択によって物語が変わるアドベンチャーゲームを手掛けており、『Detroit: Become Human』はその集大成とも言える内容になっていた。

 Quantic Dreamの特徴は、ストーリーの変化だけでなく、インターフェースにも現れる。キャラクターの操作を行う際に、コントローラーのアナログスティックとボタンの組み合わせを使うのだが、炊事洗濯をする、冷蔵庫の中からものを取り出すといった、日常的な行動すらも、L2ボタンを押しながら右スティックを上げる……といった操作を必要とするため、そういった操作をくり返すうちに、プレイヤーは徐々にキャラクターとシンクロしていき、感情移入をしていくことになる。そして、感情移入が深まったところで、そのキャラクターに困難な場面が訪れる……というわけだ。

 『Detroit: Become Human』は、世界中での評価はもちろん、日本国内でも高い人気と評価を誇っており、先日開催された“PS Awards 2018”でも、ユーザーからの投票で選ばれる“ユーザーズチョイス賞”を獲得していた。

 ファミ通では、『Detroit: Become Human』の発売前にQuantic Dreamを訪問取材。発売後にもディレクターのデヴィッド・ケイジ氏を始め、主要スタッフへのインタビューなどを掲載させていただいた。

 『Detroit: Become Human』発売時には、ネタバレを避けるために読んでいなかった方もいると思われるため、改めて、インタビュー記事のリンク集を掲載。本作をたっぷり堪能した人はもちろん、今回、初めて興味を持った方も、ぜひチェックしてほしい。

『Detroit: Become Human』インタビュー記事リンク集

『Detroit』発売前夜の特別インタビュー! Quantic Dream共同CEO、ギョーム氏が語るスタジオのいま【Quantic Dream特集その1】

『Detroit: Become Human』などを手掛けるフランスの開発会社Quantic Dream。2003年にQuantic Dreamに参加して以来、約15年にわたってスタジオの成長を間近で見守ってきたギョーム氏に、現在ではともに共同CEOを務めているデヴィッド氏の印象や、これまでスタジオが歩んできた歴史について、たっぷりとうかがった。

『Detroit』発売記念特別インタビュー 生みの親デヴィッド・ケイジ氏に訊く。会社設立から『Detroit』を生み出すまでの道のり【Quantic Dream特集その2】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、スタジオ設立からいまに至るまで、CEO兼ゲームクリエイターとしてスタッフを取りまとめるデヴィッド・ケイジ氏へのロングインタビューをお届けする。

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

『Detroit』インタビュー プレイヤーの選択に物語はどう寄り添うか。膨大な分岐で応えたシナリオチームが語る【Quantic Dream特集その4】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。ファミ通ではQuantic Dreamを訪問し、独占取材を行った。独占取材記事第4弾となる今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)で、膨大な分岐で変化するシナリオがどのように構築されたのか……その疑問に迫るべく、シナリオチームへのインタビューをお届けする。

『Detroit』インタビュー 役者と二人三脚で命を吹き込む、3Dアニメーションチームの業【Quantic Dream特集その5】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。ファミ通ではQuantic Dreamを訪問し、独占取材を行った。独占取材記事第5弾となる今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)で、息づくかのようなキャラクターやイベントシーンを実現した、3Dアニメーションチームへのインタビューをお届けする。

『Detroit』インタビュー ツールはすべて社内で開発する!? ツールチームの職人魂【Quantic Dream特集その6】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。ファミ通ではQuantic Dreamを訪問し、独占取材を行った。独占取材記事第6弾となる今回は、圧倒的なクオリティーでプレイヤーの感情を揺さぶる最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)制作の要を担う、ゲームの開発に使われるソフトウェアなどのさまざまなツールを作成する、ツールチームへのインタビューをお届けする。

『Detroit』インタビュー 3体のアンドロイドごとに3つの撮影方法と3人の作曲家が担当!? 演出チームに訊く【Quantic Dream特集その7】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。ファミ通ではQuantic Dreamを訪問し、独占取材を行った。独占取材記事第7弾となる今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)で、プレイヤーの心に肉薄する臨場感を描き出すイベントシーンを仕立て上げた、演出チームとサウンドスタッフへのインタビューをお届けする。

『Detroit』インタビュー コナーとハンクが語らう。コナー役・花輪英司さん&ハンク役・岩崎ひろしさん対談【Quantic Dream特集その8】

連日お届けしているQuantic Dream特集の番外編として、『Detroit: Become Human』から、主人公となるアンドロイドの捜査官コナーを演じた声優の花輪英司さんと、そのコナーとバディを組む警部補ハンク役を演じた、声優の岩崎ひろしさんの対談をお届けする。

『Detroit』インタビュー マーカスとノースが語らう。マーカス役・内田夕夜さん&ノース役・恒松あゆみさん対談【Quantic Dream特集その9】

連日お届けしているQuantic Dream特集の番外編として、『Detroit: Become Human』から、主人公となるアンドロイドを率いる存在となるマーカスを演じた声優の内田夕夜さんと、マーカスと深く関わるアンドロイドのノースを演じた、声優の恒松あゆみさんの対談をお届けする。

『Detroit』インタビュー カーラとアリスが語らう。カーラ役・佐古真弓さん&アリス役・宇山玲加さん対談【Quantic Dream特集その10】

連日お届けしているQuantic Dream特集の番外編として、『Detroit: Become Human』から、主人公となるアンドロイドを率いる存在となるマーカスを演じた声優の内田夕夜さんと、マーカスと深く関わるアンドロイドのノースを演じた、声優の恒松あゆみさんの対談をお届けする。

『Detroit』インタビュー SIEローカライズチームが語る、プレイヤーを没入させるためのローカライズ術【Quantic Dream特集その11】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。ファミ通のQuantic Dream連続特集最終回は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのローカライズチームへのインタビューをお届けする。

主人公のアンドロイド3体のテーマは? rA9とは何だったのか? Quantic Dreamが改めて『Detroit: Become Human』を語る【『Detroit』特別企画】

多く反響を呼んだプレイステーション4用ソフト『Detroit: Become Human』。同作を手掛けたゲームスタジオ、Quantic Dream(クアンティック・ドリーム)のキーマン3人に、日本のファンへの想いや、シナリオに込めた意図などを語ってもらった。

アンドロイドは命かモノか。プレイヤーは『Detroit: Become Human』で何を感じた? ファンアンケートから分析!(ネタバレあり)【『Detroit』特別企画】

2018年7月27日~8月1日までファミ通.comにて実施した『Detroit: Become Human』に関する読者アンケートの結果をお届け。プレイヤーは、幾通りもの結末を迎える本作の物語から何を感じた?