『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第101回) ラウルとリィンの物語の最終話、感動しました(泣)

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第101回(通算201回)。

●今週末は東京ゲームショウ2016ですよ!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 2016年9月15日~18日に千葉県・幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2016。『DQX』では、毎年恒例となったステージイベント“ドラゴンクエストX TV in TGS2016 出張版スペシャル”(※9月17日(土)15時30分開始予定)が予定されています! 内容はバトルトライアルとのことですが、バージョン3.4前期の新情報も飛び出す……かもしれません! 会場まで足を運べない方は、ニコニコ生放送やYou Tubeをチェックしておきましょう!

■“ドラゴンクエストX TV in TGS2016 出張版スペシャル”の視聴はコチラから
ニコニコ生放送
You Tubeライブストリーム

●ラウルとリィンの物語の最終話、感動しました(泣)

 2016年9月7日に配信されたクエスト、妖精図書館シリーズ“夜の神殿に眠れ”第3話。ラウルとリィンの物語はこのクエストで完結となります。第2話は、ラウルが呪いを受けて身動きが取れなくなる……という流れで終わったため、続きが超気になっていました。というわけで、速攻でプレイ!

▲関係ないですが、じつは“魔女のスーツ上”を購入し、前回の記事から胸が大きくなっていました(笑)。

▲キター! パワーアップ!

 マホッシーの力で、ふたりに新たなチカラが目覚めます。今回の仕掛けを解き先へ進むためのスキル修得ですね!

 第2話もそうでしたが、神殿の仕掛けを解くために必要なチカラがもらえるなんて「都合がよすぎるなぁ」なんて考えていましたが、じつは、これにも大きな理由があったんです。それはクエスト終盤で判明しますが……。

 まあそれは置いといて、今回もふた手に分かれて仕掛けを解く→ボスを倒す、という流れを交互に進めていきます。

 今回の新たな仕掛けは“水晶”。水晶に触れると、触れた水晶と隣り合う水晶が共鳴し明滅をくり返します。すべての水晶を明るくすることで仕掛けが解かれるようです。隣り合う水晶の明滅も考えないと、同時にすべての水晶を明るくすることはできません。ちょっとしたパズル的な要素ですね。

 解くためのコツとしては、外周の水晶を明るくすることを優先し、暗い水晶をなるべく中心側に集めるようにします。そうすれば、最後に中央の水晶に触れることで、まとめて水晶を明るくできますよ!

 ボスは月守りの火焔。“やけつくいき”を使い、リィンをマヒ状態にしてきます。リィンの特技の中に、ブレス攻撃を跳ね返すものと、マヒ中の敵に大ダメージを与えるものがあるので、それに気づけば倒しかたはわかるはず。

▲続いてはラウル。写真の位置に暗い水晶が集まればクリアー目前です!

 ラウルは、“水晶多くなりましたバージョン”! とはいえ基本はリィンのときと変わらないので、暗い水晶が1ヵ所に集まるように外側の水晶から明るくしていきましょう。

 ボスは月守りの虚像。仲間呼びでメランコロックというモンスターを召喚してきます。メランコロックは一定時間経過後、爆発します。その爆発に月守りの虚像を巻き込めば倒せそうです。

 なので、(1)メランコロックの近くに虚像を移動させるためには……? (2)メランコロックの爆発ダメージを月守りの虚像に与えるためには……? この2点さえわかれば、倒したも同然!

 ギャー! 水晶多すぎ! と思いましたが、さきほど説明した“暗い水晶を中央に集める要領”で触れていったら、わりとあっさりと仕掛けを解くことができました(笑)。

 ボスは月守りの獄獣。一瞬画面内からボスが姿を消したと思ったら、なにやらマダンテっぽいやばそうな詠唱が。あわてて、敵をひるませる特技“ムーンライトクロス”を当てようと思いましたが、間に合わずにマダンテ発動。一撃でチカラ尽きてしまいました……。すると図書館まで戻されてしまったので「ええぇぇー!? また最初から!?」と思いましたが、本の中に入ると、このボス手前からの再スタートに。よかった……(笑)。

 気を取り直して、マダンテを唱えられたらムーンライトクロスで阻止するように気を付けて再トライ。惰眠の宝石を攻撃して破壊すると、周囲にいるものを眠らせる効果が発動するので、これを利用して月守りの獄獣を眠らせましょう。あとは、眠っている敵に大ダメージを与える特技でトドメ!

 つぎは……キター! 第2話にもあった、鏡で光を屈折させる仕掛け! リィン側はこの仕掛け、ラウル側は水晶の仕掛けを、交互に解いていく流れのようです。

 この光の屈折の仕掛けは、第2話のときも「よくわからないから適当にやってたら進めた」とプレイ日記に書いたくらい苦手……。今回も、とりあえず鏡を動かしまくっていたら正解にたどり着いてくれました。なのでヒントは「とにかく鏡を動かせ!」です(笑)。

 ボスは月守りの牛鬼。奈落の宝石を攻撃して破壊すると、落とし穴が発動する場所があります。落とし穴の場所に月守りの牛鬼を足止めさせて、そのあいだに奈落の宝石を破壊すればオーケーですよ! 足止めの方法は、特技を確認すればわかるはず!

 最後の仕掛けは、12あるすべての祭壇に対応した月の像を置くこと。像を調べると、どの数字の像を置けばいいかのヒントが聞けます。これは頭の中で考えてもわからないので、それぞれの像に書かれているヒントをすべてメモするといいでしょう。

 すると、そのヒントの中から答えを導き出せるものがいくつか見つかるはず。そして、導き出された答えを元にすれば、それまでわからなかった部分の答えが見えてきます。虫食い計算のような感じで進めていけば、すべての像の答えが判明しますよ!

 像を置いて仕掛けを解いたら、いよいよ最後のボス・ジャイラジャイラとの戦い。そしてここで、リィンとラウルの正体、マホッシーが何者なのか? なぜ都合よくふたりがパワーアップしたのか? ……などの謎が明かされます。

 ジャイラジャイラ戦は、ひとつのミスで全滅必至となるであろうきびしい戦いとなります。勝つためのヒントとしては、
■ジャイラジャイラはリィンを眠らせてくるので、“守り星の祈り”を使っておく
■ラウルが定期的に、ジャイラジャイラの闇耐性を低下させたりマヒさせたりするので、対応した攻撃特技でダメージを与える
■ジャイラジャイラの名前が赤くなると使ってくる“逃れえぬ死の波動”は、ムーンライトクロスで止める
■ラウルがリィンをかばって“常夜のかなしばり”を受けるので、“守り星の祈り”をラウルに使っておく
■最後はリィンが必殺技をチャージするので発動!

 こんなところでしょうか。ボスやラウルの行動はある程度決まっているので、その流れさえつかめば必ず倒せますよ!

 そしてクエストはエンディングへ……。

 以前このクエストが発表されたとき、リィンといろいろ共通点が多く「同一人物なのか?」と噂されていた賢者マリーン。その謎がついに明らかになります。

 ここはぜひ、自身でクエストをクリアーしてご覧ください!

 ちなみに俺は、エンディングを見てから賢者マリーンのことが少し好きになりました。悲しすぎる(つД`)

▲ちなみに、第3話をクリアーしたら“妖精図書館の司書”という称号がもらえました!

 過去に登場&活躍したキャラクターたちに隠された謎が明らかになる“妖精図書館シリーズ”は、個人的にはかなり楽しく遊ばせてもらいました。ぜひ、今後もいろいろなキャラクターたちの物語が観られるクエストが実装されればいいなぁと感じました。

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第100回第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2016年9月12日時点のものです。