『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第100回) “アストルティア★ラリー”が楽しかった!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第100回(通算200回)。

●ロトのつるぎ、ロトの盾がついに登場!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 『DQ』30周年、そして『DQX』4周年イベントとして配信中の“竜王城の決戦。”そのクリアー報酬“竜のうろこ”で交換できるアイテムに、なんと“ロトのつるぎ”と“ロトの盾”が登場しました!

▲やべー! 超かっこいい!

 やはり歴代シリーズの武器防具には強い思い入れがあるので、メチャクチャ興奮します! おまけに、魔法の迷宮でミネアたちに出会った際、100%の確率でローラ姫に出会えるように調整もされたので、“竜王城の決戦”を遊ぶのに必要な“虹のしずく”も集めやすくなっていますよ!

 また、現在公開されている“プレゼントのじゅもん”で、3個の虹のしずくをもらえます。

<公開中のプレゼントのじゅもん>
・よみがえるでんせつ
・よすぴりきあんぺぺぺ
・レジェンドとともに

 報酬の残りの未公開部分が気になりますが、もしかしてロトの鎧、ロトのかぶとなども登場するのでしょうか? だとしたら、全力で集めるしかありません!

●“アストルティア★ラリー”が楽しかった!

 2016年8月31日~9月6日のあいだに開催されたイベント“アストルティア★ラリー”。特定エリアに隠れている“星獣”を探し出し、出題されるミッションをクリアーしてゴールを目指すという内容です。(※同イベントは、2016年9月21日~27日での追加開催も決定しています)

 ラリーの制限時間は1時間で、時間内にすべてのミッションをクリアーできれば報酬がもらえます! また、参加者全員(参加したすべての冒険者)の累計走行距離も計測されていて、その距離数によって追加の報酬も!

 というわけで、フレンドとパーティを組んでラリーに参加してきました!

 ラリーの開催場所はピィピのお宿、木かげの集落、モガレキャンプの3ヵ所。どこを選んでもいいのですが、プクリポのフレンドから「ピィピがいい!」と提案があったため、ピィピに決定。やっぱり出身地に思い入れがあるものなんですかね? まぁ確かに、開催場所に獅子門があったら、オーガの俺は選んでいたかも(笑)。

 ラリーにエントリーしたら、スタート時間まで現地で待機することになりますが、参加したのが日曜日だったせいか冒険者がすごい! そして重い!(笑)

 そんな心配をしながらスタートしたのですが、いきなり“オルフェア地方東の聖獣をさがせ!”というアナウンスが。おぉぉい! こんな広い場所で探すのかよ! ……と突っ込みたくなりましたが、探さないとつぎに進めないので、パーティで手分けすることに。

 少し時間が経過すると、お知らせドラキーから“マップの南西から聖獣の気配がします”というヒントが。なるほど、徐々にヒントを出してくれるという流れなのね、と理解しました。

 そんなこんなで聖獣を見つけると、“何番目に到着したか”を教えてくれました。この順位は報酬には何の関係もないのですが、なぜだろう、順位を告げられてしまうと「やばい、つぎはもっと早くいかなきゃ!」という気持ちが出てしまいます。不思議ですね(笑)。これが人の内に秘められた競争本能でしょうか……!

 なんてことを考えながら話を聞くと、つぎのお題は“チョッピ荒野でヘルジュラシックを倒せ”という内容。ここでまさかの指定モンスター討伐! 「モンスターの取り合いになりそうだなぁ」と思いつつも、チョッピ荒野までの距離に驚愕。ラリー中はルーラストーンや鉄道を利用できないルールなので、ドルボードや徒歩でフィールドを移動するしかありません。いやはや遠すぎる(笑)。

 オルフェアの町を抜けてオルフェア地方西へ。そこから風車の丘に向かいメギストリス領まで向かえば、チョッピ荒野まであと少し! こんなに自力でフィールドを移動したのは『DQX』のサービス初期以来で、少し懐かしくなりました(笑)。たまには自分の足で走るのもいいものですね。

 そしてチョッピ荒野に着くも、なかば想像通りヘルジュラシックがぜんぜん見当たらない!(笑) しばらく手分けしながらうろうろと探すものの、フィールドに冒険者が多くいるせいで、モンスターの表示も追いついていない感じでした。それでも、何とかヘルジュラシックを発見!

 ヘルジュラシックを倒したら、今度は“チョッピ荒野で聖獣を探せ”という指示が。これまたフィールドが広い! 結局、“チョッピ荒野の東側”というヒントが出てくるまで発見できませんでした。しかし順位は104位! 前回のチェックポイントよりもかなり順位が上がりましたよ!

 つぎのお題は、素材屋で“しんせんたまご”を1個購入するというもの。「またオルフェアの町まで戻るのか!」と思いながら急いで移動していると、パーティメンバーから「メギストリスの都でも売ってるっぽいよ」との情報が。風車の丘に入った直後だったので、慌ててUターンしてメギストリスの都へ。オルフェアの町まで戻っていたら、かなりのタイムロスでした。あぶねぇ……(笑)。

 しんせんたまごを購入後は、風車の丘にいる聖獣を探すという内容に。ここでもヒントが出てくるまで見つけられませんでした。まあ無理だよね……広すぎるし……(笑)。でも、今回の順位は94位! これまたけっこういい感じ!

 最後のお題は、盗賊をパーティに入れ、強戦士の書を使いマリーン強を倒すという内容でした。強戦士の書は町や住宅村でしか使えないので、最寄りのキラキラ大風車塔へ向かいます。パーティメンバーのひとりがもともと盗賊だったので、転職する手間もなく、そのままマリーン強を討伐してゴール!

 クリアー報酬で、プレゼントチケット1枚、ふくびき券30枚、そして“星をつなぎし者”という称号をゲットしました! 何番目にゴールできたのか少しドキドキしていましたが、ゴールしたときの順位は教えてもらえませんでした(笑)。

 プレイ後の感想としては、久しぶりにフレンドとわいわいチャットしながら楽しめたイベントだったと思います。ただ、同一エリアに冒険者が集中し過ぎてサーバーの処理が重くなっているところに、指定のモンスターを倒すという内容も合わさって、どうしてもモンスターの取り合いが発生してしまうのが少し厄介でした。指定のモンスターと戦えないまま制限時間だけが減っていく……という冒険者もけっこういたようですね。そのあたりの問題がある程度解消されれば、さらに楽しめそうなイベントだと思いました!

 さて、来週は千葉県・幕張メッセで東京ゲームショウ2016が開催されますね。毎年恒例となっているステージイベント“ドラゴンクエストX TV in TGS2016 出張版スペシャル”(※9月17日(土)15時30分開始予定)の内容はバトルトライアルとのことですが、新情報があるかどうかも楽しみですね! 会場に足を運べない方は、ニコニコ生放送やYou Tubeをチェックしておきましょう!

■“ドラゴンクエストX TV in TGS2016 出張版スペシャル”の視聴はコチラから
ニコニコ生放送
You Tubeライブストリーム

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第99回第98回第97回第96回第95回第94回第93回第92回第91回第90回第89回第88回第87回第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2016年9月5日時点のものです。