闘会議 2017で決着! 個性的なチームが揃ったPS4版『オーバーウォッチ』国内最強決定戦出場チームを紹介!

公開日時:2017-02-10 14:34:00

 明日2017年2月11日に開幕する闘会議 2017(場所:千葉県・幕張メッセ)で開催される“PlayStation 4 オーバーウォッチ国内最強決定戦@闘会議2017”。決勝大会は、2月11日15時から闘会議GP バトルアリーナで行われる。

ow_logo

 決勝大会のステージには、解説にStanSmith氏、ゲストにはでんぱ組.incの古川未鈴さん、ゲーム実況者のせんとす氏が登壇予定だ。

 放送はこちら

※初出時、古川未鈴さんの名前に誤りがありました。修正するとともに、読者の皆様、関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 決勝大会は下記のルールで行われる。

【準決勝】
・マップ:オアシス
・コントロール・マップ形式:5
・予選時同様のルールで3マップ先取したチームの勝利となります。
※ルールに誤りがあったため、修正しました(2月10日18:00)


【決勝】
・マップ:ルート66
・ライバルプレイ
・引き分けだった場合はオアシスにてコントロール・マップ形式:1で延長戦を行います。

 その決勝大会に出場する4チームを紹介。どのチームも実力を兼ね揃えた個性的なチームばかり。プレイステーション4版『オーバーウォッチ』の国内最強に輝くのはどのチーム!?

■野良連合OW部門βチーム

「野良連合という組織、αチームや他部門のメンバー、また予選で闘ったチームの皆さんの意思を継ぎ、優勝を目指していきたい」

<チーム紹介>
 野良連合は、もともと『レインボーシックス シージ』をメインに活躍しているクランです。チームオーナーの貴族さんという方の意向で、『オーバーウォッチ』プレイヤーの僕たちがチームメンバーで集められて『オーバーウォッチ』部門ができました。
 野良連合の特徴としては、同じクランの中でもゲーム毎にたくさんの部門で分かれていて、人数も多いので、複数チーム編成が作れるところです。野良連合OW部門もひとつだったチームを、得意なヒーローなどのバランスを考えて、αとβの2チームが作られました。
 『オーバウォッチ』は各々の役割などチームの連携が重要なゲームなので、βのメンバーもそれに関しては自信を持ってプレイしています。

<オンライン予選を振り返って>
 予選で戦った相手は初めて闘ったチーム様が多くて、一試合一試合とてもワクワクし、楽しませていただきました! 対戦してくださった方々には感謝しています。
 予選に参加するにあたっては、αチームと練習をくり返しながら、お互いのスキルを高め合い、本選決勝の舞台で会おうって話をしてました。けれど、まさかの同じブロックでブロック決勝で同門対決になってしまいました(笑)。
 お互いの構成、手の内、弱点、全てを知り尽くした状態での闘いは、僕たちはもちろん、応援してくれた皆さんも白熱してくれたのではないでしょうか。
 同じチームである以上、お互いの実力は認め合っているので、必ず決勝に勝ち上がってくるだろう、ここでは絶対に負けられないって気持ちが双方に強く表現されていた試合だったと思います。

<決勝大会への意気込み>
 勝ち負けを決めるゲームである以上、予選では結果的に僅差でβチームの勝利となりましたが、野良連合という組織として、αチームや他部門のメンバー、また予選で闘ったチームの皆さんの意思を継ぎ、優勝を目指していきたいと思います。応援をよろしくお願いします!

■MentaL BreaK

「大番狂わせに注目してください!」

<チーム紹介>
 MentaL BreaKは、もともとは別のFPSタイトル(『Halo(ヘイロー)』)のチームでした。

<オンライン予選を振り返って>
 予選に向けて、練習はあまりできていなかったので、編成はDORADO(予選マップ)では強いとされるタンク多めのオーソドックスな編成にしました。

 予選の組み合わせが決まったときは、名の知られた強豪チームとブロックが分かれていたので、内心、ラッキーだと思っていました。でも、逆に実力がわからないチームばかりだったので、「勝てるかな?」と不安に思いながらプレイしていました。

<決勝大会への意気込み>
 MentaL BreaKは、PS4版『オーバーウォッチ』のβテストのときから活動しているクランです。ただ、メンバーの年齢は高めで、社会人が多いので、なかなか練習時間が取れないので、現存しているクランの中では、いちばん練習していないクランかもしれません(笑)。ただ、メンバーはFPSのオフラインの大会にも数多く出ていたり、大会にはそれなりに自信を持っているメンバーが多いので、練習量が少なくても、本番で100の力が出せれば、決勝大会ではいい勝負ができると思います。大番狂わせに注目してください!

※MentaL BreaKチームのコメントは、「オーバーウォッチ」国内最強決定戦への道 in 闘会議#4【闘TV】 から

■Hornet

「いろいろところから自分の得意なロールがある“……専”の人を集めてきたおもしろいチームです」

<チーム紹介>
 闘会議に出たかったので、さまざまな集めかたをして、闘会議1次募集最終日に集まりました。

募集の仕方はツイッターで募集
だんらさんが参加決定。発想力が豊富な方。

生放送主でディーバ上手いと思っていた人を誘ってみる
マルヤキさんが参加決定。酒飲みで元気な方。

けっこう昔から組んでたちゃぴんさんを誘ってみる
ちゃぴんさんが参加決定。チームのムードメーカー。

リア友の『オーバーウォッチ』を買ったばかりの友だちに無理やり参加させる
ぱぴさん参加決定。変人。

レートがランキングトップ500のアタッカーの人に片っ端から声をかけてみる
Qちゃんさん参加決定。マスコットキャラ。癒し

自分(せるめあ)
→寝坊問題児。いちおうリーダー。第1次募集締め切り1時間前に、ぱぴさんが適当にチーム名を決めてくれて、Hoenetの出来上がり。

 チームとしては、いろいろところから自分の得意なロールがある“……専”の人を集めてきたおもしろいチームだと思います。

<オンライン予選を振り返って>
 どのチームも連携が取れていて厳しい試合もありましたが、こちらのチームも声を出し合いながらフォーカスを合わせなんとか勝ち進むことができました。

<決勝大会への意気込み>
 一試合一試合を大事にして勝ち進んで行きたいと思います。

■RNG5

「日本で一番強いのはRNG5だと証明します!」

<チーム紹介>
 3年前にTPSゲームから発足したクランで、約50名のメンバーがさまざまなゲームで活躍しています。強さよりも人間性を重視しており、オフ会も頻繁に行われる仲のいいクランです。

<オンライン予選を振り返って>
 アルティメット・アビリティのタイミングや味方へのカバー等、練習していたことをしっかりとこなせました。

<決勝大会への意気込み>
 日本で一番強いのはRNG5だと証明します!


 予選の模様と決勝大会出場チームに電話インタビューした「オーバーウォッチ」国内最強決定戦への道 in 闘会議#4【闘TV】 はタイムシフトでご覧ください。

この記事の関連URL

この記事の個別URL

オーバーウォッチ - ファミ通エクストリームエッジ










タイトル:オーバーウォッチ
対応機種:プレイステーション4
発売日:2016年5月24日
価格:7800円[税抜](8424円[税込])

(C)2015 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Overwatch and the Overwatch logo are trademarks and Blizzard Entertainment is a trademark or registered trademark of Blizzard Entertainment, Inc. in the U.S and/or other countries.