無料の追加ソフト

任天堂からニンテンドー3DS/3DS LL向けに配信されている無料のダウンロードソフト。

更新日時:2017-10-13 12:35:18

いつの間に交換日記

※2013年11月1日(金)サービス停止

【関連記事】
ニンテンドー3DS用ソフト『いつの間に交換日記』と『うごくメモ帳 3D(フレンドうごメモギャラリー)』が本日(11月1日)よりサービスを停止

-----

2011年12月21日より配信開始された、ニンテンドー3DSに付属されている専用タッチペンを使って、絵日記を描くことができるソフト。手前と奥のレイヤーに描くことができるので、立体的な日記を描くことができる。タッチペンで描くだけでなく、音声や写真を添付することもできる。

また、フレンド登録した家族やともだちと、“いつの間に通信”や“すれちがい通信”を使って交換したりするコミュニケーションツールとしても楽しめる。

※日記を交換できるのは、いつのまに交換日記をダウンロードしてあり、フレンド登録してあるニンテンドー3DS同士だけです。

【関連記事】
『いつの間に交換日記』無料のコミュニケーションソフトが配信開始

ニンテンドービデオ

※2014年3月31日(木)サービス停止

【関連記事】
ニンテンドーDSおよびWiiソフトのニンテンドーWi-Fiコネクションサービスが5月20日に終了、“ニンテンドービデオ”も3月31日にサービス終了へ

-----

2011年7月13日より開始されたニンテンドー3DS向けの映像サービス。任天堂がおすすめする、3Dおよび2Dの映像コンテンツが不定期に配信されるというもの。

ニンテンドー3DS本体を“いつの間に通信”可能状態にしておけば、インターネット接続できる環境下(ニンテンドーゾーンやWi-Fi)で、自動的に映像のダウンロードが行われる。なお、ダウンロードされた映像は何度でも見ることができるが、一定期間が過ぎると順次削除される。

【関連記事】
ニンテンドー3DS向けの新しい映像サービス“ニンテンドービデオ”がスタート

いつの間にテレビ

2011年6月21日から任天堂が開始した映像サービス。

任天堂が日本テレビ、フジテレビジョンと提携し、二社が制作したオリジナルの3D映像コンテンツをニンテンドー3DSに配信するサービス。
公衆無線LAN(ニンテンドーゾーン)、自宅の無線LANなど、無線通信環境がある状態で、ニンテンドー3DS本体を“いつの間に通信”可能状態にしておけば、“いつの間にテレビ”を通じ、数分間のユニークな3D映像コンテンツが毎日自動的に供給される。
2012年6月20日をもって終了している。

【関連記事】
ニンテンドー3DS用3Dコンテンツ配信サービス“いつの間にテレビ”2011年6月21日開始
ニンテンドー3DS用サービス“いつの間にテレビ”が2012年6月20日で終了、“ニンテンドービデオ”は今後も継続

この記事の個別URL