『NG』前日譚小説 “うらしま女 誕生編”【第3話】嵐の前ぶれ ~臨月前~

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。

 ジャパニーズホラーの静かな恐怖をコンセプトに、エクスペリエンスが贈る“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』。プレイステーション Vita向けに9月13日に発売予定の同作の前日譚小説をお届けする。

著者:保坂 歩

“うらしま女 誕生編”【第3話】嵐の前ぶれ ~臨月前~

 ポストから郵便物もろもろをを取り出した姫子は、せり上がったお腹を抱えるようにしながら、自宅アパートの階段を、一段一段ゆっくりのぼっていた。
 臨月間近になると、足下が見えづらくなるというのは本当で、特に階段は危なかった。
 目線を下げると、見えるのは水平線のようなお腹のみだ。
 そのため、段差につまづかないよう歩くだけでもかなりの集中力を使う。
 おまけに今日は息がつまるような猛暑日だった。
 全身を圧されるような暑さの中、ハァハァと二階まで上がりきると、思わずふうーっと声が漏れてしまう。
 だが姫子にとって、このふくらみと幸福感は比例していた。
 時おり、元気に跳ねすぎては、母を困らせる丸いふくらみ。それは赤ちゃんが順調に育っている証拠だった。
 じんわりと湧きあがる奥深い喜びに、姫子は頬を緩ませながら、ゆっくりと部屋まで戻っていく。
 そのまま手狭な玄関スペースで郵便物を確認していくと、封書やチラシに混じって、天使のキャラクターが描かれた小さな袋がはさまっていた。
 『エンジェル産婦人科医院』の薬袋だ。
 それは出退勤時に、安子がポストに入れていってくれるサプリメントの類いだった。
 病院で推奨されているサプリを安子が厳選し、数日おきにこうして届けてくれるのだ。
 冬に一緒に食事をして以降、二人は幾度となく、マタニティ用品などを買いに出かけ、なにかあればすぐにメールをし合うなど、仲の良い姉妹のようになっていた。
 そんなこともあり、初めはサプリ代はいらないと言われていた。が、やはりそれでは申し訳ないため、病院で会った際、きちんと代金を支払うようにしている。
 早速、薬袋を開けると数種類のサプリと、いつものように、手帳を破ったメモ書きが入っていた。

 ――姫子さんへ。
 今日は葉酸とカルシウムのサプリね。
 あと新しいビタミン剤も。三日ぶん入ってるから。

「新しいビタミン剤?」
 姫子は初めて見る錠剤のシートを取り出す。
 それはいままで見たことのない色のカプセルだった。
 安子がくれたものなので、もちろんおかしなものではないはずだが。念のため、姫子は家庭用医学事典で、同じ色と形の錠剤を探してみる。
 該当のカプセルはすぐに見つかった。妊娠後期に摂取をすすめられている、一般的なビタミン剤と同じもののようだ。
 安心した姫子は、その場ですぐお礼のメールを打つ。

 ――安子さんへ。
 いつもありがとうございます。
 新しいビタミン剤、さっそく飲んでみますね。

 そして常飲のサプリと、初めて飲むビタミン剤を、白湯でのどの奥に流しこんだ。

        ◇◇◇

 それから三日後。
 台風の接近にともない、家中がカタカタと音を立てる悪天候の日だった。
 数日分の食糧は買い込んでいたものの、調味料を補充し忘れていたため、姫子は近くの小売店まで買いだしに出ようと、ドアを開けてみる。
 だが。
「きゃっ!」
 足下がふらつくほどの強風に煽られ、大慌てでドアノブを引っ張った。姫子は真っ先にお腹に手をあて「ごめんね」と優しく語りかける。
「すごい風でびっくりしたよね?」
 こんな日に無理して出かけて、赤ちゃんに何かあっては大変だ。
「お外は危ないから、おうちでお母さんとゆっくりしてようね」
 話しかけると、心なしか返事をするようにお腹の中が動く。
「ふふっ。今日も元気だね」
 まだ見ぬ赤ちゃんとの会話は、二十八年間の人生で最も幸せを感じる瞬間だった。
 これほどまでに自分と密着し、身も心も繋がっている命がここにいる。
 この安心感は、自分の子ども以外が与えてくれることは決してない。姫子にとってお腹の子は、生涯をかけて愛し、守り、慈しんでいける絶対的な存在だった。

 その後、吹きこんできた風により、神棚から落ちてしまった安産祈願の御札を元に戻していると。
 部屋の隅で充電中の携帯がブルッと震えた。
 グリーンに発光した液晶を見ると【クラモト ヤスコ】と表示されている。
 安子からのメールだ。

 ――姫子さんへ。
 前にあげたビタミン剤、ぜんぶ飲んだ?

「え?」
 ビタミン剤は三日分だったため、今しがたちょうどシートが空になったところではあった。
 急にどうしたんだろう? と思いながら、全て飲み終えていることを返信すると、間を置かず再び液晶が光った。

 ――よかったわ。
 それじゃあ、またあとで。

「また……?」
 確か今日は宿直のため、一晩中院内にいる日と言っていた気がする。
 あとで、とは? と姫子は首をひねる。もしかしたら台風の影響で早めに上がることになり、追加のビタミン剤を持っていく、との意味なのかもしれない。
 姫子はすぐその旨を打ってみる。
 だが、安子からの返信はなかった。しばらく経っても携帯は静かなままだ。
 そういえば最近、出産間際に駆け込んでくる「駆け込み妊婦」というものが多いと話していた。
 母子手帳すら持ってないため、病院側として予期せぬ時間がかかってしまい、対応に困っているという。そんな事情もあり、いまは返信どころではないのだろう。
 姫子は携帯と睨めっこはやめ、夕飯の支度をしようと立ちあがった。
 だがそのとき。
 ズキリ、と激しい痛みが下腹部に走った。
「……うっ」
 いままでに感じたことのない疼きが、ズキンズキンと押し寄せてくる。
「これってまさか……」
 まだ臨月ではない。だが予定日より早く陣痛がくることは、さほどめずらしいことではなかった。
 姫子は大きく息を吸いこみ、下腹部への痛みを逃がすよう、出来るだけゆっくり吐き出す。
 安子が教えてくれた呼吸法だった。
 そして、赤ちゃんを励ますように、大丈夫、大丈夫とお腹を擦りながら、部屋の隅にある充電器まで、横這いでずるずる進んでいった。
 こんなときのため、緊急で来てくれるタクシー会社は、妊娠がわかった日からアドレス帳に登録済みだ。
 だがこの数ヶ月間。
 姫子には、呪文のように言われ続けている言葉があった。

姫子さん。陣痛がきたら、真っ先にわたしに連絡して

 耳に残っている安子の声だ。
 いいわね? 絶対よ? 安子は会うたび同じフレーズを繰り返していた。
 メールの返信がなかったことは気がかりだ。
 だが姫子はタクシー会社ではなく、まず初めに、姉のように慕っている安子に電話をかけたかった。
 そしてもしも出なかった際には、すぐにタクシーを呼ぼうとも考えていた。何よりも大事なのはお腹の子の命だからだ。
 だが。
 一コールも鳴らないうちに「どうしたの?」と、安子の声が響いた。
「あっ……安子さん」
 これほど早く出るとは思っていなかったため、姫子は焦りながら、陣痛らしき痛みがあることを話す。
あら、そう。思ったより早かったのね
 早かったとは、臨月前に来た陣痛を指しているのだと思った。しかし。
計算違いだわ。夜中に来ると思ってたのに
「……え?」
「まあいいわ。いま家よね? すぐそっち行くから、そのまま待っててちょうだい」

       ◇◇◇

 外は嵐だというのに、時計が進む音ばかりが大きく聞こえる。
 安子と話してから五時間以上が経過していた。
 羊水の中がぐるぐる回り、下腹部を鷲掴みにされているような痛みが、等間隔でやってくる。
 意識が朦朧とする中、姫子は必死で携帯を握り、何度目かの電話を安子にかけていた。
 だが、コール後すぐ留守番電話に回されてしまう。
 そして直後、何故かメールが届くのだ。

 ――本格的な陣痛はまだだから。
 いまはじっとしてて。まずは深呼吸よ。

 ――前に教えたヨガのポーズあるでしょ?
 股関節をやわらかくしとくと、お産が早く終わりやすいから。
 ヨガ、やっておいてね。

 ――いい? ぜんぶ赤ちゃんのためよ!
 だから、がんばってちょうだい!

 最初は運転中のため通話ができないのだと思っていた。しかし、メールを打てるのはおかしい。
 台風の影響で、交通網が麻痺しているのかもしれない。
 だがそれでも、病院から姫子のアパートまで、回り道をしても一時間はかからない距離だ。
 先ほど「計算違いだわ」とこぼした安子の言葉も気になる。
 どうして? 何があったの安子さん?
 もどかしいような、疑わしいような……。処理できない感情がこみあげ、姫子は逃げこむようにクッションへ顔をうずめる。
 しかし、そうしていても埒が明かない。お腹の子に危険が及ぶことだけは、どうあっても避けたかった。
 切り替えた姫子は、安子を待つことをやめ、登録していたタクシー会社に電話をしてみる。
 だが、すぐには向かえないという。悪天候のため、すべての車両が送迎に出てしまっているというのだ。
 気がつくとカーペットには、コップを倒したような染みができていた。
 破水による染みだ。
それは不安をあおるようにジワジワ広がりはじめ、カーペットの色を変えていた。
破水したからといって、すぐに赤ちゃんが降りてくるわけではない。それは姫子もわかっていた。が、そのときが迫っていることは間違いなく、予想したくない未来に、目が虚ろになってくる。
 しかし、ここで落胆している場合ではない。
 自分の判断に、我が子の命がかかっているかもしれないのだ。
「……っ」
 くっ、と痛みをこらえ、チェストの取っ手を頼りに、よろよろ立ちあがった。
 そのまま上に置いてあった母子手帳に保険証、そして安産祈願の御守りなどを、バッグに詰め、勢いのまま肩に担ぐ。そして、
「歩いて行けないことはないわ……」
 と、玄関まで小刻みに進んでいった。
 通勤していた頃は、雨でも雪でも最寄りの駅まで自力で向かっていた。
 それに身重の身といえど、毎日買い物に出かけ、普通に家事もこなしているのだ。
「そうよ……。動けないわけじゃないんだもの……」
ドアを開けると幸いなことに、先ほどより雨風がゆるやかになっている。
 いましかない、と姫子はすぐレインコートを羽織る。そして雨粒が跳ねる廊下を、確かめるように、ゆっくり進んでいった。

       ◇◇◇

 針のような雨が絶え間なく顔に差し込んでいた。
 水しぶきが煙り、数メートル先は真っ白だ。
 道路は浅い川のようになっており、排水溝は流れきらない雨水で溢れかえっている。
 先ほどの静穏はおそらく台風の中心部が、たまたま上空を過ぎていったときなのだろう。
 姫子の脳裏にわずかな後悔がよぎる。
 しかし思考を振り払うよう、すぐさま首を振った。心が折れてしまっては、進めるものも進めなくなるというものだ。
 せめてもの雨避けにと、レインコートに入りきらないお腹をバッグで守りながら、水路のような道をじゃぶじゃぶ進んでいく。 
 すると後ろから来た車が、猛スピードで姫子たちを追い越していった。
 バシャン! と背中を打ち叩くような水が押し寄せ、そのまま倒れ込みそうになる。だが運良く標識のポールをつかめたため、転倒はなんとか免れた。
「……うっ、ぐ」
 しかし泥水が口に入ってしまった。姫子はポールを支えに腰を折り、しばらくの間、ケホケホと噎せ返る。
 同時にぬかるみに足を取られ、重い泥が足枷のようにまとわりついていた。
 睫毛からは雨がしたたり、皮肉にもきれいな夢の世界のように、視界をぼやけてさせている。
 こんな暴風域の中を進むのは、この身でなくても厳しく、ある意味、愚かなことだった。
 しかしどのような道だろうと、もう歩き続けるしかない。自然の流れであるお産を止めることは出来ないのだ。
 だが、強風にあおられようとも、姫子は押し返すように歩き続ける。
 下腹部の痛みは我が子への想いが勝っているのか、いつしか感じなくなっていた。
 赤ちゃんへの強い想い。もはや執念にも似た何か。
 それらが、立ちはだかる邪魔を無いものとし、憑りつかれたように姫子の足を、前へ前へと進ませていた。

 そのおかげもあって、姫子は思ったよりも早く病院の入り口に立っていた。
 診察時間は過ぎているため、いつもは開いているガラスの戸は施錠されている。
 ゼェゼェ……、と水から這い上がった直後のような息で、べちゃりと入り口に貼りつき、出せるだけの力でガラス戸を叩いた。
「開けて! お願い!」
 ガン! ガン! と嵐の音にかき消されないように、両手で何度も叩き続ける。
「早く! 誰か、誰かっ‼ 赤ちゃんが危ないんです‼」
 やがて非常口の灯りのみだった夜間の病棟に、一筋の光が射しこんだ。
 廊下のいちばん奥にあたるドアが開き、天井の蛍光灯がバチバチと点いていく。
「あ……。あぁ……」
 ようやく気がついてくれた、とホッとした姫子は、両手をガラスに滑らせ、床にへたりこむ。そして再度、助けを乞うような視線を、廊下の奥へ投げた。
 すると、そこにナースウェアと思しきシルエットの人物がいた。
 顔はまだ見えない。だが、体型と小走りのような歩調から、すぐに誰だかわかった。
 安子だ。
 両肩で風を切るようにしながら、ズンズンこちらに向かってくる。その表情は目を尖らせ、歯ぎしりをしているように見える。
 鬼のような形相。
 もしくは怒りに満ちた般若。
 瞬間的にそう思ってしまった姫子は、尻餅をつくようにガラス戸から離れる。
 しかし近くまで来た安子は、いつものスマイルだった。すぐに鍵を開け、ずぶ濡れの姫子を中に引っ張りこむ。
「ああ、こんなになって。家で待ってて言ったのに」
「……、安子さん」
 なぜ迎えに来てくれなかったのか?
 電話は取れない状況だったのか? どうしてメールだけ頻繁に送ってきたのか?
 いましがたの険しい表情。
 そして、目の前にある全開の笑顔。
混乱してきた姫子は、それらすべてを口に出したくなった。だが。
「お腹の子が心配だったのはわかるけど、あなたに何かあったらどうするの? 台風の中、歩いてくるなんて、無茶もいいとこよ」
 と両手をぎゅっと握られ、姫子は言葉をのみ込む。
 いつもの姉のような安子だ。
「ごめんなさいね」
「――……」
「今日も駆け込み妊婦が来ちゃってねえ」
 休む間もなくバタバタしていたことを、安子は身振り手振りをつけ説明している。
 しかし、姫子はその奥を見ていた。
 上着のポケットから、携帯のストラップがはみ出しているのだ。
 また、上唇には生クリームがついており、つい先ほどまで甘いものを食べていたことがわかる。
 業務が一段落した後に、休憩していたとも考えられる。
 だがやはりその間に、着信履歴は確認できたはずだし、何らかの連絡も入れられたのではないか。
 わざとなのか? 意図的に放置していたのか? 
 もしかしたら、ビタミン剤と言って渡されたあのカプセルは……。
 考えたくもない疑惑が、もくもく湧きあがってくる。
 同時に和らいでいた痛みが、ぶり返すように差しこみ、くうっと姫子は身を屈めた。
「……っ、う」
「ああ、子宮口が開いてきてるのね。動かなくていいわ」
 そのまま座ってて、と安子は大急ぎで廊下を走っていく。
 慌てさせてしまって申し訳ない。
 以前の姫子なら、素直にそう思っただろう。
 だが今は激しく形相を変え、ストレッチャーを押してくる安子を見ながら「演技かもしれない」との悲しい疑惑が先行していた。

       ◇◇◇

 心臓が爆発するのではないか。
 そう思うってしまうほどの動悸と、信じがたい激痛の後、分娩室に元気な産声が響いた。
「おめでとう。ああ。しっかりした男の子だ」
「ハァ、ハァ……ハァ」
 赤ちゃんを取り上げた医師は、顔中に玉汗を浮かべた姫子に微笑みかける。
「予定日より早いし、どうなることかと思ったけど。坊や、問題ないからね。いやホント、急な陣痛だったのに。頑張ったね、お母さん」
 医師はすぐに手袋を外し、パーテーションの裏にある処置台で、赤ちゃんを拭いている安子に声をかける。
「それじゃ倉本さん。あとはよろしく頼んだよ」
「ええ、先生。帰宅が大変なときに、引き止めちゃってすみません」
「構わないよ。ちゃんと帰れさえすれば問題ないから」
「先生、絶対に夜勤はされませんもんね」
「そうそう。老体にはきついからね。じゃ、お母さん。あとは助産婦さんのいうこと、よく聞いてね」
 医師はふわっと手を振ると、そそくさと白衣を脱ぎ、分娩室を出ていってしまった。
 あまりの素早い退室に、姫子は少し不安になる。
 だが、赤ちゃんの元気な声は止まることなく聞こえており、今はとにかく無事出産できたことに胸を撫でおろしていた。
 安子への疑念も、壮絶な痛みと微量の麻酔により、ぼんやりと頭の隅に追いやられている。
 ちらりと顔を動かすと、パーテーションの向こうで元気に動く可愛い足が見えた。
「動いて……る……」
「あはは。そりゃあそうよ」
 安子はガーゼを動かし、腕を蹴りあげてくる小さな足を、懸命に拭いてくれているようだった。
「ああ、それにしても本当に可愛いわねえ。こんなに可愛い子、いままで見たことないってくらいだわ」
「――……」
 やはり思い違いかもしれない。いや、そうであってほしい。そのほうがこの大事な瞬間を、もっと幸せな記憶にできる。
 そう願いながら、我が子が隣りに寝かされる瞬間を、姫子はひらすらじっと待っていた。
 だが、赤ちゃんはなかなか横に来てくれない。
 泣き声もだんだん小さくなってきているように感じた。
「あ、あの……」
 心配になった姫子は痛みをこらえ、ギシリと上半身を起こす。だが。
「静かにしてちょうだい!」
 との一喝に動きを止めた。
「心拍数を確認してるの! 後ろでギシギシいわれたら、聴診器の音、聞こえなくなるでしょ‼」
 ハッと姫子は思いとどまり、ごめんなさい……と再び天井を見つめる。

 しかし安子の手にあったのは聴診器ではない。

 不穏な液体が注入された禍々しい注射器だった。

“うらしま女 誕生編”

『NG』前日譚小説 “うらしま女 誕生編” 【プロローグ】

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。

『NG』前日譚小説 “うらしま女 誕生編”【第1話】胎芽 ~妊娠二ヶ月め~

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。

『NG』前日譚小説 “うらしま女 誕生編”【第2話】計画のはじまり ~妊娠四ヶ月め~

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。

『NG』前日譚小説 “うらしま女 誕生編”【第4話】分娩室 ~命と死~

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。

『NG』前日譚小説 “うらしま女 誕生編” 【第5話】オシエテ……

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。

“殺人桃”

『NG』前日譚小説 “殺人桃” 【第1話】

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。今回より新たなる恐怖“殺人桃(さつじんとう)”を全5話で紹介する。

『NG』前日譚小説 “殺人桃” 【第2話】

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。その“殺人桃(さつじんとう)”を全5話で紹介する。

『NG』前日譚小説 “殺人桃” 【第3話】

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。その“殺人桃(さつじんとう)”を全5話で紹介する。

『NG』前日譚小説 “殺人桃” 【第4話】

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。その“殺人桃(さつじんとう)”を全5話で紹介する。

『NG』前日譚小説 “殺人桃” 【第5話】

エクスペリエンスによる“心霊ホラー”シリーズ第2弾『NG』の前日譚小説。その“殺人桃(さつじんとう)”を全5話で紹介する。



(C)EXPERIENCE