『サドン ストライク 4』司令官のスキルや地形がユニットへ及ぼす影響、ソ連軍、連合軍のミッションの一部を紹介

公開日時:2017-11-02 12:00:00

SuS4_Logo

 いよいよ一週間後(2017年11月9日発売)に発売が迫ったプレイステーション4向けミリタリー系リアルタイムストラテジー『サドン ストライク 4』。本作には、第二次世界大戦を舞台に、広大な戦場、多彩なユニット、美しいグラフィック、壮大なシナリオ、個性あふれる伝説的な司令官たちが登場。戦略的でリアルな戦場が体験できるのが魅力だ。

 今回は、ミッション開始時に選んだ司令官に応じて付与されるスキルや地形がユニットへ及ぼす影響、さらには、ソ連軍、連合軍キャンペーンで収録しているミッションの一部を紹介。

本作の特徴

・奥深い戦略性と史実に基づくステージを舞台にした、臨場感あふれるリアルタイムストラテジー
・史実に基づいた3つのキャンペーンと20種類以上のミッションが用意
・各司令官が持つ独自のスキルで機甲ユニットを強化したり歩兵に追加装備を与えることが可能
''・戦車のケーニヒスティーガー、ロケットランチャーのカチューシャ、戦闘機のホーカータイフーンなど、100種類以上の実在する
多様なユニットが登場''

SS4_201709_PUB001 SS4_201709_PUB002
SS4_201709_PUB003
SS4_201709_PUB004
SS4_201709_PUB005
SS4_201709_PUB006

司令官の持つスキル

 本作ではミッション開始時に選ぶことのできる司令官によって、得られるスキルの方針が異なる。各司令官が持つドクトリン(方針)はそれぞれ“歩兵”、“機甲”、“支援”と異なり、その中から1名を選択する。

 各ドクトリンには、常時効果が発生するスキルのほか、ドクトリンに応じたスキルを任意で選択することもできる。新たなスキルはミッションをクリアーした際に得られる“★”でアンロックできる。

 歩兵戦術に秀でた司令官を選び、グレネードや地雷などで敵を攪乱する部隊を編成する、機甲戦術に秀でた司令官を選んでより強靭な機甲ユニットを編成する、支援に秀でた司令官を選んで安定性を向上させるなど、司令官の選択は戦術に大きな影響を与える。

SS4_201711_PUB001

修理キットスキル / 救急キットスキル
 機甲ユニットに修理キットを積んだり、歩兵ユニットに救急キットを持たせることができる。修理キットや救急キットは各ユニットが一回だけ使うことができ、本来修理トラックでしか直せない故障や、衛生兵でしか治せない重傷を回復させることが可能になる。即時発動することが出来るので使うタイミングを見極められれば戦力が格段に安定するだろう。

SS4_201711_PUB002 SS4_201711_PUB003

土嚢シェルタースキル / 高速突撃!スキル

<土嚢シェルタースキル>
機甲ユニットは、土嚢シェルタースキルを追加することで要塞化することができる。要塞化をすると受けるダメージを減少させることができ、とくに戦線の死守などの防衛戦では大きな効果を発揮する。ただし、要塞化をするとそのユニットは動くことができなくなる
ため、陣形には気を配る必要がある。

SS4_201711_PUB004


<高速突撃!スキル>
スキルを追加することで軽・中戦車はターゲットの車両に突撃することができる。突撃すると双方にダメージが与えられ、HPが高いほうが生き残る。相手車両への特攻となるので、リスクを考えつつ、くり出すようにしよう。

SS4_201711_PUB005

地形がユニットへ及ぼす影響

 全20種以上のミッションは多種多様なシチュエーションで展開され、市街地、森、湖上、沿岸部などシチュエーションに応じて数々の地形が登場する。地形はユニットに様々な影響を及ぼすので、敵の戦力だけでなく、地形も考慮に入れた戦略を立てることが必要。

<森>
浅い森
浅い森木の地形で、全てのユニットが通過することができる。車両が通過した場合、木がなぎ倒され、視界を遮る効果が無効になる。歩兵を潜ませておきたい場合は、車両の通過を控えるのが賢明だ。

SS4_201711_PUB006


深い森
木々の生い茂った深い森。車両は通れず、歩兵のみが通過することができる。敵歩兵が潜んでいることも多く、グレネードなどで奇襲されないように注意が必要だ。また、歩兵が敵車両に襲撃された時の逃げ場所として活用することもできる。

SS4_201711_PUB007


<沼>
 深く、ぬかるんだ地形。沼を通るユニットは徐々に沈んでいき、一定時間が経過すると完全に身動きが取れなくなる。沈んでしまったユニットを回復させる方法はないため、沼のあるミッションで戦車部隊を率いるときは、陣形と戦いかたに細心の注意を払おう。

SS4_201711_PUB008


<水地形>

全種類のユニットが通行することができる。基本的に破壊することはできない。戦術的要衝になることが多いので、地雷原を設けて追手を牽制するなどの戦略がある一方で、逆に敵が地雷原を設けていないか注意する必要がある。

SS4_201711_PUB009


舟橋
修理車両によって建造できる橋。爆発物によって破壊したり再利用することもできるので、状況によっては追撃を防ぐために破壊したりすることも必要。また、舟橋を架けなければクリアーできないミッションでは、修理車両を破壊されないよう注意しよう。

SS4_201711_PUB010


氷上
凍った川や湖は全種類のユニットが通行可能だが、対地攻撃などで地表にダメージが及ぶと氷が割れてユニットが沈んでしまう。ユニットが集中した場所を爆撃機などで狙われると、まとめて沈められてしまう危険性もあるが、逆にこちらが敵ユニットの足元を攻撃して部隊を沈没・分断させることも可能。

SS4_201711_PUB011

モスクワの戦い:カリーニン戦線(ソ連軍キャンペーン)

 ドイツ軍によるモスクワへの攻略作戦“タイフーン作戦”によって行われた戦闘で、“バルバロッサ作戦”の第二段階とされている。

 ソ連軍側は反撃すべくドイツ軍の各防衛ラインを突破し、空港を取り戻すことが本ミッションの目的。防衛ラインには塹壕に潜む歩兵や、土嚢で強化されたドイツ軍の火砲が配備されているので、有効な角度から制圧すると共に、略奪して戦力に追加することも重要になる。

SS4_201711_PUB012

▲敵の火砲が土嚢などで要塞化されている場合、方向転換や移動ができない。正面から挑まず、横や後方に回り込んで攻めるなど、被害を最小限に抑える工夫が必要になる。

SS4_201711_PUB013

クルスクの戦い:ポニリ(ソ連軍キャンペーン)

 クルスク周辺を巡ってドイツ軍とソ連軍との間で行われ、“史上最大の戦車戦”と呼ばれた“クルスクの戦い”のうち、北部戦線ではドイツ軍の執拗な攻撃が行われた。
 ポニリ方面に変更された攻撃目標に対して、ソ連軍は防衛ラインを死守。場合によっては防衛ラインを柔軟に調整することも求められる。

SS4_201711_PUB014

▲防衛だけではなく、こちら側から防衛ラインを押し上げることも必要になる。土嚢で機甲ユニットを要塞化し防衛するだけでなく、
逆に要塞化した大規模戦車部隊に対して攻め込むこともあるので、航空支援もうまく使って先制することを意識しよう。

SS4_201711_PUB015

第四次ハリコフ攻防戦(ソ連軍キャンペーン)

 ウクライナではキエフに次ぐ大都市であるハリコフの制圧を巡って始まった“ハリコフ攻防戦”の終局に当たる。

 橋頭保を確保した後、ドイツ軍が占領しているハリコフ南東の鉄道駅を奪還・死守することが目的となります。ドイツ軍の増援による挟撃にも注意しなければならないため、時によっては敵の増援が通る橋を破壊し、迂回させて直接の援護を断つことも考える必要がある。

SS4_201711_PUB016

▲敵の増援により部隊の背後を突かれると、多連装ロケットランチャーが簡単に破壊されてしまうため、敵の重戦車に対して火力が不足しがちになる。つねに挟撃を警戒し、即座に部隊を方向転換して対処することが求められる。

SS4_201711_PUB017

ファレーズ包囲戦:サンランベール(連合軍キャンペーン)

 ノルマンディー上陸作戦後、連合軍の先遣部隊がファレーズの街で撤退中のドイツ軍を包囲し始まった戦い。
 サンランベールに活路を開いたドイツ軍は、そこから脱出すべく必死の抵抗を試みる。連合軍は複数の部隊と連携して包囲を徐々に狭めたり、増援部隊と足並みを合わせるべく、一時ラインを下げた後で大きな反撃に出るなどの緩急が重要になる。

SS4_201711_PUB018

▲敵部隊は強力な重戦車に加え、大きな火力と長い射程を持った多連装ロケットランチャーも配備。奇襲により先に破壊するのが最良だが、先行され視界外からロケットが飛んできた場合は、すぐに歩兵ユニットを前進させこちらも視界範囲に捉えて反撃するようにしよう。

SS4_201711_PUB019

マーケットガーデン作戦:アルンヘムの橋(連合軍キャンペーン)

 1944年9月、ノルマンディー戦以降負け無しの進軍を続けていた連合軍は、オランダを抜けてドイツの工業地帯への道を開くことを目標とし、ライン川に架かる橋を大規模空挺部隊で制圧すべく本作戦が行われた。
 高く大きな建造物が多いので、歩兵により制圧し拠点にするとスムーズに進軍することが出来ます。また基本的には歩兵ユニットが中心になる作戦なので、歩兵ドクトリンにより歩兵に有効なスキルを与えるのがオススメ。

SS4_201711_PUB020

▲各歩兵のスキルを最大限に活用しよう。ライン川に架かる最後の橋、アルンヘムの橋は敵機甲ユニットが通る道としてうってつけなので、それを逆手に対戦車地雷で地雷原を作ると歩兵ユニットでも十分撃退することができる。

SS4_201711_PUB021

バラトン防衛作戦:バラトン湖(ソ連軍キャンペーン)

 アルデンヌの反撃作戦が失敗したことで石油調達が死活問題となったドイツ軍は、バラトン湖近郊の油田の確保を目指し、別名“春の目覚め作戦”が開始された。
 ドイツ軍が東部戦線で仕掛けた最後の戦いとなったこの作戦において、ソ連軍は戦線の死守、および増援と共に敵軍を一掃しなければならない。雪解けと洪水によってバラトン湖とドナウ川の間は沼地となっており、戦車が沈没しないよう陣形に注意が必要となる。

SS4_201711_PUB022

▲本ミッションの特徴である沼地地形に注意。沼地に留まっていると、一定時間でユニットが沈んでしまい、部隊への復帰が不可能になる。進軍や交戦の際は細心の注意を払おう。

SS4_201711_PUB023

この記事の個別URL

その他 - ファミ通エクストリームエッジ