『ゴーストリコン ブレイクポイント』ファミ通.com特設サイト

連携がカギとなるマルチプレイ!

本作のマルチプレイとPvP“ゴーストウォー”を紹介。

公開日時:2019-09-20 12:00:00

01

 巨大兵器と戦うレイドバトルを含め、ゲーム全編を通して、ひとりで遊ぶソロプレイと、最大4人の協力マルチプレイがシームレスでつながり、自由に遊ぶことができる本作。偵察ドローンの使用、スモークで敵の視界の遮断、そして倒れた仲間を担いで救出するなど、いっしょに戦う仲間や兵器との連携要素が強化されている。また、島にキャンプを設営して、チームメイトと備品やクラス、武器を管理することも可能だ。

02

戦闘で負傷して身動きできなくなってしまったほかのプレイヤーを担いで、安全地帯にまで運べるように。より絆を感じられるぞ

03

センサーグレネードを使用すると、一定時間、敵の姿が仲間に共有される。そのあいだに狙撃を行うといった連携プレイが可能になる。

4つのクラス

 ゲーム発売時には4つのクラスがプレイ可能。クラスごとに特性や得意な武器が異なり、クラス専用のスキルがある。また、各キャラクターには多彩な能力やPERK、パッシブスキルを伸ばせる成長ツリーが存在。これらはPvEだけでなく、PvPでの戦術を広げる要素のひとつでもあるのだ。

■アサルト
 ダメージを軽減したり、継続的な範囲ダメージを与えて前線を押し上げるのに向くクラス。

■パンサー
 ステルスが得意なクラスで、ドローンから一時的に姿を隠せるほか、スモークを使用可能。

■シャープシューター
 広範囲の敵を検知するグレネードを使用可能。また、射程と威力にすぐれる特別な弾薬で敵を仕留める。

■フィールドメディック
 味方を回復するほか、倒れた仲間や自身を蘇生する特殊なドローンを使えるサポート役。

04

白熱の対人戦“ゴーストウォー”

 本作のPvPモードは“ゴーストウォー”と呼ばれ、ゲーム発売と同時にまずはふたつのゲームモードと6種類のPvP専用マップが用意される。PvPでは専用サーバーが設置され、安定性や安全性が向上。PvPマイルストーンに応じて、ゲーム内通貨やスキンなどの報酬が得られる。発売後も新たなマップや武器、クラスなどを追加するアップデートが実施される予定だ。

■エリミネーション
 4対4のチームデスマッチとなり、敵チームを追い詰めて全滅させることが目的。ライフはひとつで、リスポーンできない。

05
06

エリミネーションでは、時間経過にともなって戦場が縮小し、エリア外にいるとダメージを受ける。これによりマッチ終盤における膠着状態がなくなり、つねに熱いバトルが展開する!

■サボタージュ
 爆弾を設置するチームと爆弾を解体するチームに分かれて戦う4対4のマッチ。設置中は無防備になるため、仲間のカバーリングが重要なポイントになる。

07

 本作では使用キャラクターと進捗状況をキープしたまま、PvE・PvP間を簡単に切り換え可能。ストーリーミッションで解放した武器やカスタマイズアイテムを、PvPに引き継ぐことができる。ただしPvPでは、一部のスキルはバランス調整のために効果が変化したり、無効になるものもある。一方で、全クラスが使用可能なPvP専用アイテムが用意されている。

08

この記事の個別URL

『ゴーストリコン ブレイクポイント』ファミ通.com特設サイト

タイトル
ゴーストリコン ブレイクポイント
メーカー
ユービーアイソフト
対応機種
プレイステーション4、Xbox One、PC
ジャンル
アクション・TPS
価格
8400円[税抜](9240円[税込])
ダウンロード版は各8400円[税抜](各9240円[税込])、Xbox OneとPCはダウンロード版専売
CERO
18歳以上のみ対象