『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第87回)  バージョン3.3前期の世界は!?

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第87回(通算187回)。

●超楽しみました!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 『ドラゴンクエスト』誕生30周年の前日となる2016年5月26日の夜に、ニコニコ生放送で“ドラゴンクエスト30周年お誕生日カウントダウンスペシャル”が放送されました!

 もちろん俺も放送は観たのですが、『DQ』シリーズの生みの親・堀井雄二さんをはじめ、当時ナンバリングタイトルの開発に関わった皆さんたちの思い出話や暴露話などなど、終始楽しませていただきました!

 そして27日を迎える午前0時前には、『DQX』のジュレットの町でカウントダウンに参加!

 画面に表示しきれないくらいの冒険者(※画面には映っていませんが、実際にはもっとたくさんの人たちがいます)が集まり、記念すべき30周年を祝っていました!

 また、『冒険者のおでかけ超便利ツール』でも、30周年記念として500ジェムがプレゼントされました! 『ドラゴンクエスト』誕生30周年、おめでとうございます!

●バージョン3.3前期の世界は!?

 さて、『DQ』誕生30周年とほぼ時を同じくして、バージョン3.3前期を迎えたアストルティアのお話。

 今回の大型アップデートで俺がイチバン気になっていたのは、やはりなんと言ってもスキル上限解放による新特技の追加です!

 武器種ごとの新たなスキルをひととおりチェックしてみましたが、新特技をスキル160にセットするのと180にセットするのとでは、チャージ時間にかなりの違いがありました。

 各武器と盾の新特技のチャージ時間をまとめると……

(※記載されている時間は、左から順にスキル160、170、180にセットしたときのもの。また、開戦時は半分のチャージ時間になります)

■片手剣
不死鳥天舞……150秒、110秒、75秒

■両手剣
プラズマブレード……120秒、80秒、60秒

■短剣
オネロスハント……120秒、80秒、60秒

■スティック
ホップスティック……140秒、110秒、90秒

■両手杖
活命の杖……140秒、110秒、90秒

■ヤリ
武神の護法……180秒、130秒、90秒

■オノ
降魔紅蓮斬……220秒、180秒、90秒

■棍
断空なぎはらい……150秒、110秒、70秒

■ツメ
牙神昇誕……220秒、170秒、130秒

■ムチ
バイキルショット……150秒、110秒、70秒

■扇
風斬りの舞……210秒、170秒、140秒

■ハンマー
デビルクラッシュ……150秒、110秒、75秒

■ブーメラン
レボルスライサー……140秒、110秒、90秒

■弓
ロストスナイプ……140秒、110秒、90秒

■格闘
しんくうは……120秒、80秒、60秒

■盾
アイギスの守り……220秒、180秒、110秒

 初めて見たときの率直な感想は「チャージ時間ながっ!」でした(笑)。スキル160にセットした場合は約2分~3分半、180にセットしてもかなり長いものもあります。これは個人的な意見ですが、チャージ時間の長さは90秒くらいまでが実用的かなぁと。それ以上のチャージ時間になると、いわゆる“日課系”の戦闘コンテンツでは最初に1回使って終わりか、状況によっては使うタイミングが訪れないまま終わってしまう、ということもあると思います。今後、“チャージ時間短縮”系の宝珠とか実装されないかな……?

 とは言いつつも、新特技がどんな強さなのか、使うことで戦闘がどのように変化するのかは、やっぱり楽しみなのです(笑)。

 個人的に気になっていたヤリとブーメランですが、ヤリはチャージ時間が最速でも90秒、開戦時も45秒なので、戦士の真・やいばくだきに比べると使い勝手は少し悪そう。というわけで、まずはブーメランのレボルスライサーを修得して、強ボスで使ってみました!

 レボルスライサーはチャージ時間が最速で90秒(開戦時は45秒)なので、個人的には使いやすい部類に入ります。ちなみに、レボルスライサーがチャージされる前に、デュアルブレイカーとあんこくのきりがチャージされます。

 つまり、デュアルブレイカーで“悪い効果にかかりやすく”して、そこからあんこくのきりで敵を弱体化。さらに追い打ちでレボルスライサーを決められるので、なかなかいい感じ!

 巨大化したブーメランを、思い切り振りかぶって敵に投げつけます。モーションがかっこいい! “うけるダメージが大きくなった!”というメッセージが出れば、効果が発動したということです。特技の威力自体も、通常攻撃の5倍ほどのダメージを与えたので、火力目的としてもかなりの性能のようです!

 レボルスライサーの効果中は、フェンリルアタックやフローズンバードのダメージが約1.5倍に! 仲間の攻撃ダメージも1.5倍になるので、まさにヒャッホイ状態! これは楽しい!

 フォースブレイクは属性を気にする必要がありますが、こちらはいわゆる“属性を気にしなくていいフォースブレイク”のようなイメージ。気軽に狙っていけますし、パーティ全体の火力底上げにもなるので、役に立ってる感じが半端ない!

 さきほど「チャージ時間が長すぎると……」みたいなことを書いてしまいましたが、やっぱり新特技がひとつ加わるだけで、戦闘が俄然楽しくなります!

 強ボス相手ではすぐに戦闘が終わってしまうので、さらなる強敵に試すべく、邪神の宮殿にも突入! タイミングよく“災いの神話”と“暴虐の悪夢”だったので、レンジャーの“まもりのきり”も活かせて相性バッチリ!

 ……と思ったら、戦闘条件にまさかの“アクセサリーを装備してはいけない”という項目が……。ステータスはかなり低くなりますが、まぁ新特技の使い勝手を知りたいだけだからよし!

 やはりアクセサリーを装備しないだけで、全体的な戦力が大幅にダウンするようで、これまでと違ってかなり苦戦を強いられます……。

 戦闘時間は10分を超えたので、レボルスライサーも6回ほど使えましたが、そのうち効果が発動したのは3回。デュアルブレイカーが入っている状態でこの結果なので、それほど成功率は高くなさそうです。レボルスライサーの成功率は“きようさ”にも依存しているので、腕の錬金も“きようさ”重視にしたほうがいいかもしれませんね。

 それでも、フォースブレイクのように属性を合わせて……みたいな前準備がいらないぶん、チャージが溜まったらどんどん狙っていけるので楽しい! パーティの仲間も、効果が発動したのを確認すれば、大ダメージを与えようと大技を狙ってくれますしね。しばらくは、レンジャーでストーリーを進めたりして楽しみたいと思います!

 そして、今回の大型アップデートのもうひとつのお楽しみ……ピラミッドの家! さっそく旅人バザーで購入して、建て替えてみました!

 これがS土地に建てたピラミッドの家。想像よりはるかに小さかった! ちっちゃすぎる!(笑)

 でも建物の中が広ぇー! 「ドラ○もんか!」と言いたくなりますが(笑)、俺が求めていたものはコレなんです! これで思う存分ハウジングを満喫できる!

 まずは必要最低限の家具を置いて……。あとは……。

あとは……。

また今度、じっくりいじろうかな……。

それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第86回第85回第84回第83回第82回第81回第80回第79回第78回第77回第76回第75回第74回第73回第72回第71回第70回第69回第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2016年5月30日時点のものです。