チェイサーゲーム

現代のゲーム業界を舞台にくり広げられるお仕事マンガ。月曜日配信予定。漫画掲載の翌月曜日には、原作者であるサイバーコネクトツー松山洋(まつやまひろし)社長のエッセイ「デバッグルーム」を配信。単行本第5巻が好評発売中!

  1. ファミ通.com>
  2. 企画・連載>
  3. チェイサーゲーム>
  4. 【マンガの裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム デバッグルーム 外伝第2回

【マンガの裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム デバッグルーム 外伝第2回

2021-04-05 11:00:00

181218_CG_column


 破邪の封印 萌魂編

01


【アニソン&カラオケバー『萌魂』は実在する】

お察しのとおり『萌魂』は福岡の中州に実在するお店です。

そして、原作の松山やサイバーコネクトツーに所属する一部のスタッフはかなりの常連で、福岡のアニメ&ゲーム好きな人たちが毎夜集う大人のたまり場のようなお店です。

非常に居心地がよくて、じつにリーズナブルなお店になっています。店内には松山がお連れした数々の有名マンガ家さんのイラスト色紙が展示されていたりしますので、もし福岡に行く機会があれば寄ってみてください。ひょっとしたらサイバーコネクトツーのスタッフや私に遭えるかもしれません。そのときはいっしょに飲みましょう(久井田はいませんよ、念のため)!

02


【90分飲み放題3000円】

中州にあるガールズバーはだいたいこれくらいの値段ですが、その中でも極めて安い部類のお店です。

作中で説明があったように、コスプレした女子店員は接客行為はできませんが、カウンター越しにお酒を作って出してくれたり、多少のおしゃべりはしてくれます。みなさん明るくてキュートな店員さんです。

03


【あきお店長】

実在する店長です。女子店員は接客できませんが、店長はいくらでも接客してくれますのでご安心(?)ください。

あと『萌魂』はアニソン&カラオケバーと謳っているとおり 、カラオケは歌い放題です。ただしEXLIE だけは禁止されています。禁止理由はあきお店長の経営方針です(アニソン&カラオケバーだからね)。

04


【ほらやっぱり無理があるよね】

中州にある『萌魂』の情報だけで3つのトピックを紹介するだけでも凄くないですか? これがなんで『ゲーム業界お仕事マンガ』の解説ページに掲載されているのか意味が分かりませんが。

つか、ファミ通.comでガールズバーの紹介って前代未聞じゃない? 

前回に引き続き7ページしかない『外伝』で原作コラムを書けっていうファミ通がおかしいからね? 

もうね、ここからは完全に担当に投げるから。そっちで残りのふたつのトピックは埋めるように、いいな、担当! あー、そうね、なんのお題もないと書きにくいよね、そうだね、それくらいはオレが考えるわ、じゃあ、【ファミ通とホステス嬢の三密とは】と【ファミ通とキャバクラと私】の二本ね。

あとよろしく!



ということで、ここから先は担当の私が書いていきます。覚悟はしていましたが、本当に書くことになるとは……。 しかも、まさかの『部屋とYシャツと私』みたいな語呂のテーマまで決められているだなんて、聞いてないですよ!

ということで、“原作者”コラム『デバッグルーム』を引き続きお楽しみください。

05


【ファミ通とホステス嬢の三密とは】

三密を防ぐため、現在ファミ通編集部の編集者は、在宅勤務でほとんどの仕事を遂行しています。編集部に出勤するのは1か月に数回程度です。

“朝起きて、ゲームをして、記事を書き、そして食って寝る。”

一部のゲーマーにとっては夢のような生活を送っているわけですが、実際やってみると誰とも合わず個室に閉じこもり毎日同じことのくり返し、案外辛いんです……。 それに、5キロ太りました。

そんななか、他人と顔を合わせて話せる唯一の楽しみな時間。そう、それはオンライン会議。 

「ああ、人と話せる喜びをもっと噛みしめたい。オンライン会議のコミュニケーションを円滑に進め最大限、有意義な時間にしたい」と、常日頃から切望する私は、ホステス嬢の方から何か学べることがあるのではないかと、そう思いつきました。

マンガにも描かれているように、ホステス嬢の方は接客すると際、お客様の横に座るのが一般的だと思います。じつは、これはスティンザー効果と呼ばれ、座る位置関係と相手の受け取る印象の関連を研究した心理学によると、横に座ることは相手との心の距離を縮める方法として有効だと証明されています。好きな人の隣に座ることで、いい印象を与えられるという話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ほかにも、対面して座ると相手に“敵対する意見を持つライバル関係”という印象を与えてしまう研究結果もあるそうです。

あれあれ皆さん、オンライン会議をよ~く思い出してみてください。

たいてい、PCのカメラの前に座って相手と対面する形になっていませんか? 

そうです! これでは、いまは楽しく会話できていても、着実に相手に“ヘイト”を貯めていき、言葉と言葉で殴り合う血みどろの大ゲンカになる未来しか見えません!

はいはいはい。皆さんもオンライン会議をする際は、金輪際カメラの正面に座るなんて敵対行動をとることはやめ、常に相手に横向きの姿が見えるように座るようにしましょうね。

そう、これで素敵なオンライン会議ライフが確約されたも同然です!

06


【ファミ通とキャバクラと私】

私はファミ通編集部の先輩にキャバクラに連れて行ってもらったことがありません。

以上!

07


【次回の予告カットを公開!】

松山社長のたいへんさがよくわかりました。7ページのマンガに6トピックスも書いてくださいなんて、無茶振りでした。2トピックス書くだけでももう疲労困憊です(ひとつしか書いてないというハナシも……)。そして、“以上!”という言葉。なんて素敵な締めの言葉なのでしょうか……。

マンガ本編のほうは、次回から第四部が始まります。第四部では、龍也視点で、龍也や仲間たちの過去が描かれていくということで、次回予告カットでは、どんどん若返っていく龍也の姿が描かれています。果たしてどこから話が始まるのか、気になりますね!


次回、第44話『ヴェインドリーム(1)』は、4月12日(月)に配信予定です!

でも本音をいうと、コラムを書くのちょっと楽しかったです。以上!