チェイサーゲーム

実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にくり広げられる、若きゲームクリエイターたちの青春群像劇。3週に1度、月曜更新予定。漫画掲載の翌月曜には、原作者であるサイバーコネクトツー松山洋社長のコラム「デバッグルーム」を掲載。

  1. ファミ通.com>
  2. 企画・連載>
  3. チェイサーゲーム>
  4. 【マンガの裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム デバッグルーム第11回

【マンガの裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム デバッグルーム第11回

2019-08-05 11:00:00

181218_CG_column


第11回 “ゲームデザイナーの正体(2)”

制作プロデューサー


【制作プロデューサー】

ゲーム開発会社に必ずいるというポジションではありませんが、サイバーコネクトツーには存在します。ゲーム開発における現場監督としてのディレクターを支えたり、スケジュールや予算・工数管理などを行うのが制作プロデューサーの役目です。なので現場では、割とイヤなキャラクターとして見られることが多いです。予算やスケジュールを厳しく切り詰めるのが仕事なので仕方がありません。

プロジェクトリーダー


【プロジェクトリーダー】

ディレクターとはまた役目が違うのが、プロジェクトリーダーです。簡単に言うとチーム全体のまとめ役ですね。ディレクターはあくまで、そのゲームソフトを面白くて売れるものにするために死力を尽くしますが、プロジェクトリーダーはその開発が円滑に進むために行動する立場です。なので制作プロデューサーとは衝突することが多いですね。もちろん衝突の大半がスケジュールと予算に関する話です。

小刀のシーン


【”小刀”の自粛】

これも実際にあった出来事です。夕日紅の幻術でまさに背後から刃物で刺すというシーンが規制対象となりました(手刀に変更しました)。

もえるTシャツ


【もえるTシャツ】

東京スタジオの総務スタッフによるホワイトボードのラクガキを松島幸太朗が撮影していて、それをこっそりと久井田に着せたようです。原稿を見た総務スタッフが驚愕して喜んでました。イラストのタッチがルキアっぽい感じで、私も好きです。

レッドブル


【みんな大好きレッドブル】

開発室にある自動販売機には必ずレッドブルが入っていて、いつもすぐに売り切れてしまうほど大人気です。開発者の多くが“よし、気合入れるか”という気分で飲むみたいですが、総務スタッフからは自販機に「飲みすぎ注意」という札が貼られ、だいぶ心配されています。

CG12話原稿納品用_20190729_001


【第12話を1ページだけ先行公開】

更なる絶望を突きつけられた龍也達。果たしてどうやって"追加自粛"を乗り越えていくのか? 必見の第12話は、8月19日(月)公開予定です。


第11話 「ゲームデザイナーの正体(2)」